2018年10月2日

砂壁に壁紙って貼れるの? 特徴やリフォーム費用を分かりやすく解説

砂壁は調湿性や防火性に優れていますが、衝撃や経年劣化で砂や粉が落ちてしまい見た目が損なわれやすいというデメリットがあります。見た目が悪くなったら補修が推奨されますが、リフォーム方法がいくつかあります。砂壁をリフォームしたときの費用、壁紙を貼る方法など、様々な視点から砂壁のメリットやデメリットを詳しく解説しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

砂壁に壁紙を貼ることはできるのか

砂壁

砂壁はざらざらした感触で、触ると砂が落ちるように感じられるため、上から壁紙を貼れないと考える方は多いでしょう。しかし、傷みがほとんどない砂壁であれば上から貼ることは可能です。ただし、老朽化した砂壁には直接壁紙を貼ることはできないため、DIYで貼り替えする場合は直接貼る場合と手順が異なります。

老朽化した砂壁の上に壁紙を貼るためには、まず砂壁にベニヤ板を重ねて下地に釘を打って固定します。釘の本数を少なくすると、砂壁のキズを最小限にできます。ベニヤ版を貼り付けたら上からお好みの壁紙を貼ってください。

砂壁の劣化がほとんどなく、直接壁紙を貼る場合は、初めに砂壁のキワをマスキングテープで養生してください。次に、砂壁の全面に下地シーラーを塗り、完全に乾かします。乾ききるのに1日はかかるため、貼り替えのスケジュールには気をつけましょう。

シーラーが乾いたら砂壁にシールパテを塗り、砂壁を平らにします。シールパテが乾いたらやすりで表面を整え、再度シールパテを塗ってください。この作業を何度か繰り返して砂壁の表面が滑らかになったら壁紙を貼りましょう。

砂壁とは何か

砂壁

出典:Photo Material 館

そもそも砂壁にはどのような特徴があるのでしょうか。
砂壁は日本生まれで、床の間などで古くから使われてきたという伝統ある壁です。色砂を壁に塗りこむことで様々な色を楽しむことができる、和の雰囲気が特徴です。

砂壁と似ている壁で土壁というものがあります。土壁は和風建築で行われる伝統的な壁の総称で、土を使用した左官仕上げの施された壁のことです。砂壁は土で仕上げをする前の状態と言えます。

砂壁のメリット

砂壁の特徴をご紹介しましたが、砂壁は和室と相性が良く、使用する色砂によって様々な表情を楽しむことができます。ここでは、砂壁にするとお部屋にどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

調湿効果がある

砂壁は高温多湿な日本の気候に合う高い調湿性があるため、長年使用されてきました。壁に調湿性があると湿度が高い時には湿気を吸い取り、低い時には湿気を放つため、部屋の湿度を一定に保つことが可能です。

湿度の高い夏や低い冬でも快適に過ごせることに加え、適度な湿度のおかげでカビやダニの発生も抑えられます。

有害物質対策になる

住宅の高断熱化や高気密化、化学物質の多用などでシックハウス症候群が問題となっています。砂壁はアンモニアやホルムアルデヒドといったシックハウス症候群の原因物質を吸収するため、アレルギー対策に有効といわれています。

防火性が高い

砂壁の素材は砂や土といった無機質の燃えない物質です。燃えにくい物質から作られているおかげで防火性や耐火性に優れています。

砂壁のデメリット

砂壁は高い防火性や耐火性、調湿効果や有害物質の吸収してくれるなど、お部屋を快適で安全な環境にしてくれます。しかし、施工に技術や手間がかかったり、取り扱いが難しいためにデメリットも存在します。砂壁のリフォームを行う前にしっかりと把握しておきましょう。

工事期間が長い傾向にある

砂壁を塗ったり解体するには技術や手間がかかります。一般的な壁紙の貼り替えであれば1日で完成することがほとんどですが、砂壁の場合は完成までに2~4日程かかります。

リフォーム費用が高い

砂壁の工事は高い技術力が求められるため、砂壁補修の得意な左官屋に施工を依頼することになります。一般的な壁紙の工事と比較すると手間がかかることはもちろん、人件費もかかるため必然的にリフォーム費用が高くなります。

清掃の手間がかかる

硬い物や人がぶつかったり経年劣化で壁面が削れると、砂や粉が落ちてくるため清掃の手間がかかります。砂壁の近くにカーテンを取り付けているとカーテンに砂が付着しやすく、カーテンの掃除や洗濯も必要になります。清掃の手間がかかるだけではなく、砂の剝がれた壁は見た目が悪くなりお部屋の美観が損なわれます。

砂壁をリフォームすべき時とは

砂壁はお部屋の快適性や安全性を確保してくれますが、リフォームには期間も費用もかかります。また、メンテナンスの手間がかかるというデメリットもあります。

劣化した砂壁の補修を行わないと見た目が悪いことに加え、新たな壁紙を貼りたいと思った時に手間がかかるため、劣化が見られたら補修する必要があります。それでは、補修が必要な砂壁の状態はどのような時なのでしょうか。

砂壁は経年劣化で壁材の密着力が弱まり、砂や粉が落ちてくることが多くなります。壁に衝撃を与えていないのに砂や粉が落ちてきたり、軽く触っただけでも落ちてくるのであればリフォームが必要です。

砂や粉は壁の調湿性が低下している証拠ですので、カビやダニの増殖が懸念されます。砂壁の砂は誤って口の中に入ってしまっても有害なものではありませんが、お部屋の環境を守るためにも、業者に補修を依頼しましょう。

既にご紹介していますが、砂壁の補修やリフォームは工事期間が長くなりがちですので、劣化が見られたらできる限り早く施工依頼することをおすすめします。

砂壁のリフォーム費用はいくら?

砂壁

業者にリフォームを検討する際、特に費用が気になる方は多いのではないでしょうか。砂壁のリフォーム費用は使用する材質や工事内容で異なります。そこで、今回は砂壁リフォームでよくある施工内容と費用相場について解説していきます。

砂壁を壁紙貼りにする

和室から洋室にリフォームする場合や内装の雰囲気を大きく変えたい場合は、砂壁の上から壁紙を貼るリフォームがおすすめです。壁紙はバリエーションが豊富なためお好みのデザインが見つかりやすいだけでなく、防汚性や防音性のあるものなど高機能なものもありますので、より利便性の高いお部屋を実現できます。

普及品の壁紙を使用したリフォームの場合、6畳で10~15万円が相場ですが、壁紙の質によって価格は変動します。

砂壁を塗り直す

砂壁を活かしたリフォームの場合、似た材料で塗り直しを行います。6畳の床の間有りのリフォームは6万4,000~9万3,000円床の間無しのリフォームは5万5,000~7万4,000円が費用の目安です。ただし、お部屋の面積によって費用は異なります。

塗装で仕上げる

砂壁の砂が落ちるのが気になるという方には上からペンキで塗装を行うリフォームもおすすめです。砂壁専用塗料に「ジョリパット」があります。

ジョリパットは耐久性や耐火性が高いことに加え、防カビやシックハウス症候群の予防といった機能も備わっているため、砂壁のメリットはそのままに清掃の手間を省くことが可能です。

ジョリパット仕上げは1㎡あたり4,000円程度ですので、4,000円×壁の総面積がリフォーム費用の目安になりますが、ベニヤ板を貼り付ける必要がある場合などは別途費用がかかります。

漆喰や珪藻土に塗り替える

調湿性をより高めたい場合やお部屋の雰囲気を変えたい場合、費用はかかりますが漆喰や珪藻土に塗り替えるリフォームがおすすめです。漆喰や珪藻土は塗り方で模様をつけられるため、お好みの雰囲気を作りやすいというメリットもあります。

床の間付きの6畳の和室で7~13万円が相場で、床の間がなければ数千円~3万円程度は安くなります。砂壁の状態によって費用が高くなるため、状態が良い方が当然費用は抑えられます。

砂壁の一部に腰板を設置する

砂壁の和風の雰囲気を残したくても、衝撃や経年劣化による砂や粉の剥がれが心配という方もいらっしゃるでしょう。

そのような方には壁の下半分に腰板を設置するリフォームがおすすめです。6畳の和室で15~18万円が費用相場ですが腰板の素材によって異なります。また、砂壁の状態や腰板の設置にどれ程の補修が必要かも費用を変える要因です。

砂壁のリフォームを依頼する業者の選び方

砂壁

砂壁のリフォーム費用をご紹介しましたが、リフォームは砂壁の状態や工法、使用する材料などで費用は大きく異なります。その他にも、費用だけではなく技術力のある業者の選び方を知りたい方も多いと思います。そこで、最後に業者の選び方のポイントを解説いたします。

初めに、インターネットや雑誌などでどのような業者があるのかを調べましょう。業者によって得意な工事は異なりますので、施工実績からご自身の悩みを解決してくれる業者を複数リストアップしてみてください。

依頼業者を決める際は、複数の業者に見積もり依頼をするのがポイントです。複数の見積もりを比較することでリフォームに必要な工事内容と相場を知ることが可能です。ご自身の理想のお部屋作りのために親身になって提案してくれるか、丁寧に説明をしてくれるかなども確認して信頼できる業者を選びましょう。

まとめ

砂壁は調湿効果や防火性が高く、有害な化学物質を吸収してくれるため、お部屋を快適で安全な空間にしてくれます。

しかし、施工に手間や技術がかかるため、リフォーム期間が長く費用もかかります。また、衝撃や経年劣化で砂や粉がこぼれるようになるため、メンテナンスの手間がかかるというデメリットもあります。

砂壁の劣化が見られる時は調湿性が低下し、カビやダニの発生につながりますので、できるだけ早めの補修が必要です。補修は砂壁の塗り直しや壁紙貼りなどがあります。費用だけではなくお部屋の雰囲気も異なりますので、あらかじめ費用の目安を把握した上で予算を立て、予算内で理想の壁の雰囲気を作りましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります