2018年5月22日

壁紙工事の費用相場とポイント

壁紙工事の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、内装工事のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で壁紙工事しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

壁紙工事の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 壁紙工事 を行う場合の概算費用です。

スタンダード(100平米)
8〜12万円
ハイグレード(100平米)
30〜40万円
スタンダード(200平米)
16〜24万円
ハイグレード(200平米)
60〜80万円

壁紙工事のポイント

壁紙工事

憧れのマイホームを購入してから5年、10年経つとどうしてもいろんなところにガタが来て、購入当初の面影が見るも無残な形へと変貌を遂げることがあります。それが子供がいる家ならなおさらです。マンションにしても一軒家にしてもフローリングや壁紙はその対象になるかと思います。光沢のあったフローリングは傷だらけ、お気に入りの壁紙はところどころが剥がれ落ちたり。特に壁紙については一番目立つ部分なので何とかしたいものです。

壁紙工事を専門の業者さんへ依頼する場合は、特に劣化が目立っている一つの部屋のみの施工をお願いするのではなく、家全体の壁紙工事を一度に施工してもらった方が良いでしょう。 場所により経年劣化具合は違うでしょうが、他の部屋の壁紙も同年数経っているので劣化していることは間違いありません。時期をずらしてバラバラに施工するよりも、一度の施工個所が多い方が費用を安くしてもらえる場合が多いです。また、各業者さんによっても費用が異なるので、依頼する際は複数社に相談して見積もりとり、比較検討することをお勧めします。

 

壁紙工事で費用を抑えるポイント

壁紙工事の費用は「工事費」と「壁紙の値段」で決まります。また工事のサイクルも長期的な視野に立ったときにトータルの費用に影響を与えます。費用を抑えるために最初にすべきことは業者選びです。どこの業者に依頼していいのか分からないような場合は、複数の業者に見積り依頼をして費用の相場を把握するようにしましょう。ただし、安さだけで選ぶことなく、しっかりとした応対をしてもらえるかどうかも重要になります。

業者が決まれば次は壁紙選びです。ここで壁紙にこだわりすぎると、壁紙工事の費用が高くなります。できるだけ普及品の量産型壁紙を選ぶようにしましょう。個性的な壁紙も魅力的かもしれませんが、個性的な壁紙が嬉しいのは最初の数ヶ月だけです。1年もすれば飽きてしまって、張り替えたくなることもあります。そうならないためにも、柄のないシンプルなものを選ぶことをおすすめします。

最後に重要なのが、壁紙の寿命を少しでも伸ばすことです。壁紙の寿命は一般的に10年前後と言われています。これを15年くらいまで伸ばすことが出来れば、壁紙工事の費用は5年分だけ得をすることになります。汚れがついたらすぐに拭き取るのはもちろんのこと、ニコチンが付着しますので、部屋での喫煙はできるだけ避けるようにしましょう。

壁紙工事とは

壁紙工事はリフォームの中でもあまりお金をかけることなく、部屋の雰囲気をガラッと変えることができるリフォームになります。
明るい部屋をシックにしたり、シックな部屋を明るくしたりと、壁紙ひとつで暮らしのスタイルを大きく変えることができます。壁紙の寿命は10年前後で、汚れていなくても10年経過する毎に張替えをすることで、部屋をいつもきれいな状態に保つことができます。

壁紙工事の種類とメリット

壁紙にはいくつかの種類があり、それぞれの特性を活かした使い方をすることで、壁紙の寿命を伸ばすことができます。ここではそれぞれの壁紙の特徴とメリットについて紹介します。

ビニールクロス
壁紙の中でも標準的な壁紙がビニールクロスになります。耐久性が高く、しかも手入れがしやすいため、マンションやアパートの壁紙などでも広く利用されている壁紙です。デザインが豊富で、「白」だけでもいくつもの種類の白色があり、自分のイメージに近い仕上がりを期待することができる壁紙です。

紙クロス
紙をベースにプリントやエンボス加工をした壁紙です。欧米では一般的な壁紙で、ビニールクロスと比べて、鮮やかな色を取り入れることができるなど、欧米風の建物によく似合う壁紙になります。最近では和紙ベースのクロスもあり、和風な仕上がりにすることも可能です。成長の早いケナフを材料にした紙クロスは、地球環境にも優しい素材ということで、エコな素材として注目されています。

織物クロス
高級感があり、壁紙に温かみを感じることができるのが織物クロスの特徴です。レーヨンや合成繊維の壁紙が多いのですが、麺屋朝などの自然素材で作られた織物を壁紙に使うこともあります。高級マンションや、広いリビングなどの最適な壁紙ですが、少し値段が高いという問題点もありますので、ワンポイントで利用するなどすると壁にメリハリが出て魅力的な仕上がりを期待できます。

壁紙工事を選ぶポイントと注意点

壁紙工事でよくある失敗は、仕上がってみると思っていたのとイメージが違うということです。サンプルはとても小さな紙ですのでインパクトが薄いのですが、実際に壁一面に張ったときに、強烈な印象を残してしまうためにこのようなことが起こります。
壁紙を選ぶときはできるだけ大きいサイズのサンプルを、実際に壁に当ててチェックするようにしてください。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

壁紙工事のお役立ちコラム

Q.壁紙工事で予防できる事って?

壁紙工事を行うことによって予防することのできる項目もあるので、事前にしっかりと知った上で対応することが大切です。

例えば破れなどが発生してしまっている場合では、湿気によるものが影響している場合もあり、このタイプの損傷の場合ではカビなどが発生している可能性を持っています。 そのため、早期に壁紙工事を行うことによって、カビの繁殖を抑制することができますし、湿気に強い素材の壁紙に変えることもできます。

その他、様々な機能性をもつ壁紙があるので、専門の業者さんに問題点などを相談しながら決めていくといいでしょう。