2018年10月16日

トリミングサロン(ペットサロン)における内装のポイントと費用相場

動物が大好きでトリマーの勉強をしてきたあなた。しかし、いざ開業となるとどんな内装にすればいいのか、また開業費用にかかる詳しい金額までは分からないと思います。ここでは、トリミングサロンを開業する際のスタイルや設備の考え方、内装工事の費用についてご紹介しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

トリミングサロン(ペットサロン)の内装工事と費用相場の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした トリミングサロン(ペットサロン)の内装工事と費用相場 を行う場合の概算費用です。

レイアウト設計
25〜45万円
設計管理
25〜50万円
空調換気・給排水工事
100〜180万円
外装工事
250〜450万円

ペットの需要は近年高まっており、我が子のように可愛がる方も少なくありません。 毛並みを切り整えて可愛く、もしくは格好よく仕上げるトリミングサロンの需要は決して低くないのです。

そうはいっても、近くに他のトリミングサロンがあればお客様の取り合いになります。改装でしたら既に固定客を獲得していると思いますが、新規開業では固定客がいない状態でのスタートになるため、安易な気持ちで開業してしまうと競合店に負けてしまうかもしれません。

ここでは、トリミングサロンにおける開業スタイルとそのメリットとデメリット、内装のポイント、開業費用など新規開業に必要な情報をご紹介しています。トリミングサロンの開業を考えている方は参考にしてみてください。

トリミングサロンの開業費用はいくらなのか

トリミングサロン

それではまず最初に、トリミングサロン(ペットサロン)を開業する際、必要になる初期費用についてみていきましょう。
今回は賃貸物件の家賃を20万円として計算しています。

項目金額
敷金20万
家賃(6ヶ月分)120万
礼金(1ヶ月分)20万
仲介手数料20万
内装工事費400万
設備費用30万
広告宣伝費5万
消耗品費15万
運転資金120万
総額750万

あくまで金額は目安ですが、大体これくらいの費用がかかるということだけ覚えておきましょう。

家賃が20万円以上の場合は、当然費用もさらに高額になります。
内装を豪華にしたり家具にこだわるなど、理想を追求すると1000万円以上かかるケースもあります。

さらに、開業後の営業費用となる運転資金とは別に、利益が出るようになるまではあなたの生活費も考えておかなくてはいけません。固定客がつくまで3ヶ月~半年くらいはかかるといわれていますので、それまで無収入でも生活できるだけの貯金も必要になります。

トリミングサロンの開業のスタイルを紹介

トリミングサロン

トリミングサロンの開業にはいくつかのスタイルがあります。
ここでは、開業スタイルとそれぞれのメリットとデメリットについて詳しく説明します。スタイルによっては初期費用を安く抑えられるものもありますので、あなたに合った開業方法を見つけてみてください。

店舗スタイル

最も一般的なのが物件を借りての開業です。
トリミングをメインの業務としながらも、ペットホテルを併設して営業することができるなど、多角的な営業が可能になります。

ここでは、店舗で開業するときのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

  • 自分の理想の店が作れる
  • 開業後に様々なサービス展開ができる
  • 店舗の存在がそのまま広告になる

店舗での開業の場合は、その後にペットホテルを開いたり、ペットフードやおもちゃなどのアイテムを販売しているところが増えていきます。

店舗スタイルは、理想通りのトリミングサロンがつくれるというのが最大のメリットです。床の材質や壁や天井の色、間取りなどを自由に変更することができます。 立地によっては大々的に宣伝してなくも、お店の前を通るだけで店舗の存在を知ってもらえるのもメリットのひとつといえます。

デメリット

  • 多額の初期費用が必要になる
  • ある程度の利益をあげないと経営が苦しくなる

店舗を借りるにはそれなりの金額を用意する必要があります。トリマーとしての技術が高くても、きちんと事業計画などを作成しなければ融資をしてもらえません。資金を集めるには、あなたの考えている以上に時間と手間がかかります。

また、店舗での営業はランニングコストとして家賃が発生するため、自宅などで開業するよりも利益が必要になります。固定客がつくまでは精神的に辛いと思いますが、それに耐えれるだけの資金を用意して開業しなければ、早期撤退ということにもなりかねません。

自宅スタイル

自宅の一角をトリミングサロンに改装して営業するスタイルです。
物件を借りなくてもいいので、初期費用を安く抑えることができることが1番のメリットです。

ただし、内装を凝ったものに仕上げてしまうと、自宅開業でも店舗スタイルと変わらない費用がかかることがあります。 では、自宅開業するときのメリットとデメリットについても見ていきましょう。

メリット

  • 初期費用を抑えられる
  • 地域密着型での営業ができる

物件を借りなくてもいいというのは、とても大きなメリットです。
物件探しや契約に時間を割く必要がないですし、開業するタイミングもあなたの自由に決められます。工事内容によっては借金することなく開業することも可能です。

さらに、近隣でペットを飼っている方たちにしてみれば、店舗のために遠くまで移動する手間が省けますので、近所付き合いが良ければ最初から固定客が見込めます。

デメリット

  • 常に家を清潔にしていないといけない
  • 家族や近隣住民の理解が必要
  • トリミング以外のサービス展開が難しい

自宅でトリミングサロンを営業すると、当然お客様が家に出入りすることになります。施術室だけでなく、人の目につくところは常に綺麗しておかないと信用性に欠けてしまいます。また、自宅に動物が出入りすることを家族に反対されるかもしれません。

近隣でペットを飼っている方の理解は得られやすいのですが、ペットを飼っていない方、動物嫌いの方からの理解を得るのが難しいという問題もあります。さらに、周囲に住む方たちから臭いや鳴き声で苦情がくる可能性がある、ということは大きなデメリットといえるでしょう。

他にも、ある程度広さがある家でないと、トリミング以外の事業展開が難しくなります。 あなたが将来多角的に事業を広げていきたいのであれば、自宅での開業はあまり向いていません。

訪問スタイル

訪問スタイルは2つのタイプに分けることができます。

  • 移動車での訪問
  • お客様の自宅への訪問

移動車での訪問は、ペットサロンとして営業できるように改造した車で、お客様の家の近くやイベントスペースなどに向かい、その場でトリミングを行う方法です。施術できるだけの広さがある車を用意しなくてはいけませんが、店舗の内装工事に比べると安価で済みます。

もうひとつは、お客様の自宅で直接トリミングを行う方法です。この方法は道具だけ運べれば問題ないので、車を改装する費用がかかりません。

併設スタイル

併設スタイルとは、動物病院やペットショップに併設して営業するスタイルです。 初めてトリミングサロンを開業する場合、動物病院やペットショップを営業している知り合いでもいない限り、併設での開業は非常に難しいでしょう。

他にも、併設する施設のため営業時間や内装などを自由に決められない、ということもデメリットといえます。

メリットとしては、既に営業している店舗に併設されるので広告宣伝費がほとんどかからない点です。併設する店舗からお客様を紹介してもらえれば、開業してすぐに安定した集客が期待できます。

トリミングサロンにおける内装デザインのポイントとは?

トリミングサロン

トリミングサロンを開くためには、毛の清掃、防音対策、お預かりしたペットに怪我をさせないなど、様々なことに気を配らなくてはいけません。
内装のデザインで重要になるのは「清潔感」「騒音」「安全性」の3点です。

清潔感を意識する

清潔感に関しては、トリミングしたときに出る毛以外にも、ペットは季節によって抜け毛の量が多くなります。設備はできる限り最小限にとどめて、あまり物を置かないようにすると日々の掃除時間が短縮できます。

排水は大量の毛を流すと詰まるため、排水溝にはヘアキャッチャーを装着するとよいでしょう。また、床は耐水性があり、掃除しやすい床材を選んでください。床材によって特徴が異なるため、水に弱く放置しているとシミになってしまうものもあります。

シャンプーの際に水や薬品が飛び散ることがあるため、クッションフロアのようなできるだけ耐水性が高く、薬品をこぼしてしまっても染みにならないものがおすすめです。また、フロアタイル長尺シートですと、床の表面に凸凹がないので掃除が楽に行えます。

床材に関しては、業種別におすすめの床材をご紹介! 店舗の床工事の特徴に詳しく記載されていますので、参考までにご覧ください。

防音対策をする

例えば、1匹の犬が何かの拍子に吠え出してしまうと、それにつられて今までおとなしくしていた犬まで連鎖的に吠え出ることがあります。

頻繁に吠えられてしまうと騒音になるだけでなく、トリミング自体がやりにくくなります。ゲージを置くスペースとトリミングスペースを離す、トリミングスペースの出入り口を防音扉にするなど、店舗内に他の犬の声が聞こえないようにするとよいでしょう。

犬の鳴き声は響きますので、自宅の営業でなくても近隣の店舗から苦情が入るケースがあります。窓や扉に防音効果があるものを設置する、なるべく騒音が出ないような間取りを考えることが大切です。

さらに、騒音だけでなく悪臭でクレームかくることがあります。臭いがこもらないように店舗内の換気対策をするのはもちろんのこと、脱臭装置を設置したりこまめに掃除を行うなど、悪臭を発生させない努力も重要になります。

換気設備は、動物がいる場所には最低でも1か所はつけるという基準があります。空調設備は追加工事が難しいため、デザインをする段階で専門業者に相談しておくとよいでしょう。

安全性を考える

ペットサロンへ預けられたペットは、ただでさえ飼い主から引き離されて不安を感じているため、ストレスから逃げ出してしまったりペット同士でケンカすることがあります。

店舗から簡単に逃げ出せる造りでは、お客様が困るだけでなく設備が不十分だと指摘を受けるかもしれません。絶対に逃げないとは言い切れませんが、入り口のドアを二重ドアにすることでだいぶ防ぐことができます。

また、ペット同士のケンカを防ぐだけでなく感染症を蔓延させないためにも、必ずゲージを用意してください。ゲージごとにカーテンを付けて個室状態にしたり、ドッグランとまではいかなくても自由に遊べる環境を作ってあげるとストレス解消によいでしょう。

トリミングサロンの設計デザインはその他の業種と比べて特殊なので、できるだけ内装工事の経験が豊富な業者を最初に選びましょう。
店舗の内装工事については、以下の記事で詳しく解説しています。興味のある方は一度ご覧ください。
店舗リフォームの注意点とは

ペットサロンの内装工事費用を安くおさえるポイント

内装工事の費用を安く抑えたいのであれば、居抜き物件で設備をそのまま利用できるものを探しましょう。設備を新規で購入しなくていいので、初期費用を安く済ますことにつながります。

スケルトン物件でも費用を安く抑える方法があります。それは、内装工事で使用する建材のランクを落とすことです。例えば、床をフローリングで仕上げると1㎡で8,000~15,000円前後かかりますが、フローリング柄のクッションフロアであれば1㎡で2,000円から商品があります。

そうはいっても、安価の建材はやはり値段相応ですので、お客様の目につかないところだけにしましょう。入り口や受付付近は見栄えがよいものにすることをおすすめします。 施術室はお手入れが楽な素材にしたほうが、日々の業務を行う上で時間短縮になりますので、用途にあったものを使用してください。

トリミングサロン開業までの簡単な流れ

トリミングサロン

実際に開業をするときの流れについて簡単に説明していきます。 どのスタイルで開業するのかによって、全体の流れが多少違ってくるのですが、ここでは店舗を出す前提でみていきましょう。

  1. 資金の調達
  2. 物件選び
  3. 賃貸契約
  4. 内装工事依頼
  5. 動物取扱業の申請
  6. 広告宣伝
  7. 内装工事完了
  8. オープン

5の動物取扱業の申請についてはこの後で詳しく説明します。 自宅で開業する場合は、物件選びや賃貸契約が必要ないので2、3が不要です。併設の場合は2、3、6が不要になります。

どのスタイルで開業するかで費用や工事期間が変わってきますが、資金の調達、営業のコンセプトについては必ず考えておきましょう。あなたのトリミングサロンとしての強みやこだわりを明確にし、他の競合店と差別化を図ることが大切です。

トリミングサロンを開業するには資格が必要

「動物取扱業の申請」が必要だと上の章で紹介しましたが、資格についてより詳しくご説明します。
トリミングサロンを開業するには、次の2つの資格が必要になります。

  • 動物取扱責任者
  • 動物取扱業登録証

まずは都道府県の主催する講習会を受講して、動物取扱責任者の資格を取得します。 受講するには、3つある条件のうち最低1つは満たしていなくてはいけません。

  1. 実務経験がある
  2. 動物取扱に関する教育機関を卒業している
  3. 資格を持っている

動物取扱責任者は誰でも申込みができるわけではなく、一定の知識や経験がある方だけが受講できます。上記の条件に1つも該当しなかった方は、開業よりも先に受講資格を得るようにしましょう。

動物取扱責任者の資格を取得したら、次は営業店舗の登録を行います。
これは都道府県に対して書類を提出するだけですので、特に難しいことはありません。

ただし、施設調査が実施されますので、ここで改善指示などが受ける可能性があります。この2つの資格を取得できれば、トリミングサロンを開業できます。時間がかかってしまいますが、無資格もしくは無登録での開業は絶対にしないでください。

まとめ

トリミングサロンには様々な開業スタイルがあり、どれくらいの費用が必要になるのか見えてきたでしょうか?

あまり予算に余裕がない場合は、自宅での開業という方法もありますが、将来的にお店を広げていきたいというのであれば、最初から店舗を借りることをおすすめします。 事業計画書を作成すると、金融機関や国から支援を受けることもできます。

借金することなく開業したい方も多いと思いますが、最初はお金を借りてでもきちんと内装を仕上げたり、必要な設備を揃えることが重要になります。どのようなトリミングサロンを開業したいのかよく考えた上で、あなただけのお店づくりを行いましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

利用規約およびプライバシーポリシーについては各リンク先をご覧ください。

ペットサロン デザイン・設計のお役立ちコラム

Q.ペットサロンの開業に必要な設備って?

最低限必要な機材は、ドッグバス、ドライヤー、テーブルの3点です。ドッグバスやドライヤーは大型犬と小型犬ともに一つの設備で兼用できますが、テーブルは大型犬用と小型犬用がそれぞれ必要になります。大きなテーブルに小型犬を乗せると、動き回ってトリミングしづらくなるためです。

ドライヤーはハンドドライヤーのほかに、スタンドタイプや壁掛けタイプ、天吊りタイプなどがあります。どのタイプのドライヤーが適正かは、部屋の広さによって異なります。例えば狭い空間ですとスタンドタイプは場所をとってしまうため邪魔になりますが、壁掛けタイプや天吊りタイプは場所を取らず有効に使用することができます。

ペットサロンの設計を行う専門業者は、同時に必要な設備の販売も行っていることが多いため、空間に合わせてどのような設備が適切か、相談するとよいでしょう。