2018年5月18日

面格子の取付・修理の費用相場とポイント

面格子の取付・修理の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、外装その他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で面格子の取付・修理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

面格子の取付・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 面格子の取付・修理 を行う場合の概算費用です。

お風呂窓への面格子取付
3〜5万円
トイレ窓への面格子取付
2〜4万円
目隠しセキュリティフィルター付面格子取付
4〜8万円
面格子建付け調整
1〜2万円

面格子取付、修理のポイント

面格子取付、修理

住宅で面格子を付ける場合は、意匠的のものは除き、その目的のほとんどが防犯上のものと考えられます。それでは面格子を取付したり修理したりする時のポイントは何でしょう。まず材質でしょう。外部に取付けるので錆びたり腐食しない材料でなくてはなりません。その様な事からほとんどがアルミ製のものが多いようです。

次に強度です。格子自体が小さな物では、強度が取れずバールなどで簡単に壊せる物があります。強度もある程度確保できるもので、場合によっては縦格子だけでなく、縦横のクロスのものや菱形のものもあるので、形状も検討すると良いでしょう。次に施工方法です。取付け部分のビス頭が露で、簡単にドライバーなどで外せるようでは良くないです。外部から取付け部分がはずせない様な施工にしましょう。

 

面格子の取付・修理で費用をおさえるポイント

面格子の取付けや修理の費用は、使用する材料や施工方、面格子の種類及び、現状の設備状況などによって違いが出てきます。修理についても面格子の状態により修理の内容が異なるため、おのずと費用も異なってきます。面格子には様々な材質や格子の形状があり、それぞれ商品の価格も異なります。その他にも通風や目隠しなどの機能を併せ持つものもありますが、価格はやや高めになっています。

面格子の主な材質はアルミやステンレス製で、ステンレス製が一番価格が高くなってしまいますが、丈夫なので確実に防犯したいという場合にはお勧めの材質です。また格子の形状には「縦面格子」や「ヒシクロス面格子」など様々なタイプがありますが、費用をおさえたい場合には縦面格子タイプを取付けると良いでしょう。しかし縦面格子は防犯効果が他のタイプのものに比べると低くなってしまうようです。

その他の費用を安くするポイントとしては、特にメーカーにこだわりが無ければ、希望する機能を業者に伝えて機能的に要件を満たす商品の提案をしてもらうと良いでしょう。また型遅れの商品や業者の過剰在庫を使うとさらに費用をおさえることができるので、業者に相談してみて下さい。業者に取付けや修理を依頼する際には、複数の業者から見積もりを取って比較検討をしてみると良いでしょう。

面格子の取付・修理とは?

面格子は、防犯対策を目的として窓の外側に取付けるもので、一戸建てやマンションにも取付けることができます。一戸建ての場合は、1階の窓に取付けられることが多く、マンションの場合は共用廊下に面している窓などに取付けられていますが、特に防犯を強化したいという窓に取付けると良いでしょう。

そして面格子のネジがサビてきたりと劣化している場合には、業者に早めに修理を依頼しましょう。

面格子の取付・修理の種類とメリット

面格子の取付けは、主に防犯対策を目的としますが、様々なデザインや色なども揃っているので建物の外観に合うタイプを取付けることもできます。面格子の材質にはアルミ製やステンレス製のものがありますが、防犯対策として有効なのは丈夫なステンレス製のものです。また格子の形状には「縦面格子」や「ヒシクロス面格子」、「横面格子」、「井桁面格子」といったものがあります。

それぞれ防犯効果はあるのですが、これらの中で防犯対策として一番有効なのは「ヒシクロス面格子」です。ヒシクロス面格子は強度もあり防犯効果も期待できる他、デザイン性もあるので見栄えも良いというメリットがあります。そして面格子の取付け方法には、外壁に穴をあけて取り付ける「後付け面格子」とサッシ枠に取付ける「枠付け面格子」の二種類があります。外壁に穴をあけて取り付けると外壁のひび割れなどの原因になることがありますが、枠付け面格子は外壁に穴を開けずに取付けることができるのでそのような心配もありません。

その他にもすべり出し窓やシャッター付きの窓には、ロングブラケットを使用することで取付けが可能になります。また面格子としての機能もあり、外からの視線を遮りながら通風や採光もすることもできる「エコ面格子」というタイプもあります。面格子にサビが発生したり、ネジが外れているなどの不具合が出てきた場合は、防犯機能が低下してしまうので、早めに業者に修理を依頼しましょう。

面格子の取付・修理を選ぶポイントと注意点

面格子を取付ける際には、防犯基準をクリアしているという「CPマーク」表示がある面格子を取付けると良いでしょう。そして取付ける方法なども防犯に影響してくるので注意が必要になります。

また面格子が劣化したりネジが外れたりしていると防犯対策としての機能がなくなってしまうので、定期的に不具合等のチェックを行うことが大切です。劣化や不具合がある場合は早めに修理をしておきましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

面格子取付、修理のお役立ちコラム

Q.面格子の取付修理の注意点って?

面格子の取付もしくは修理の注意点はさまざまなものがあります。

面格子の種類には様々なものがあり、アルミ製のものは金ノコで切ることが出来るため防犯性に劣りますが値段は安く、ステンレス製のものは防犯性がありますが値段は高いので、しっかりと選ぶことが大切です。また、ネジも外付けのものと内側から付けるものがあり、内側のものの方が取り外しが難しいです。

その他、ネジ自体がなく、サッシと一体型のものであるので、こちらを選べばかなり防犯性はとても高いです。後から面格子をつける場合は、その窓が外開きのものでないか確認するようにしましょう。外開きの窓に面格子をつけてしまうと、窓が開けられなくしまう 可能性があるためです。修理はネジがさびてきていないか、しっかりとチェックしましょう。

ネジがさびてきている場合は交換しないと、防犯性が低くなってしまいます。