2018年5月18日

通路の舗装・修理の費用相場とポイント

通路の舗装・修理の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、外装その他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で通路の舗装・修理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

通路の舗装・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 通路の舗装・修理 を行う場合の概算費用です。

段差解消バリアフリー舗装
5〜8万円
敷地入口の舗装打換え工事
2〜5万円
駐輪場通路の舗装打換え工事
7〜10万円

通路舗装、修理のポイント

通路舗装、修理

住宅の通路部分は土のままだと雨の日に雨水が溜まったり、ぬかるんだりして困る場合があります。そこで通路をコンクリートなどで舗装したり修理する時の注意点を考えて見ましょう。まずコンクリート舗装をする場合は、地盤を鋤き取った後は砂利を入れて転圧しましょう。不等沈下などを起さないように、十分に締め固める事です。

コンクリートの中には鉄筋を入れるようにしましょう。狭い場合でもワイヤメッシュなどの鉄筋を入れないと、後から割れが出てくる恐れがあります。最後に雨水排水用の側溝などを設けて水はけを良くするようにしましょう。水はけが悪くて雨の後にいつまでも水が溜まっていると、苔などが生える場合があります。滑り易くなって危険でもあり、建物にもよくありません。

 

通路の舗装・修理で費用をおさえるポイント

通路の舗装や修理の費用は、使用する材料や施工方法、修理の内容などによって違いが出てきます。また現状の設備状況や舗装面積によっても費用が異なってきます。通路の舗装では「アスファルト舗装」や「コンクリート舗装」「インターロッキング」などの施工方法がありますが、これらの工法の中で一番費用をおさえることができるのはアスファルト舗装です。

アスファルト舗装は材料単価が安いという点で費用も安く済ませることができます。インターロッキングは、色々なデザインがあるので他の舗装と比べるとやや材料単価が高くなる傾向にあるようです。修理については工法によって修理に必要な工事が異なる他、修理の頻度も大きく違ってきます。アスファルト舗装はコンクリート舗装に比べると耐久性が劣るため頻繁に補修が必要になり、補修費用も多くかかってしまいます。

通路の舗装で費用をおさえたい場合には、業者に適切な施工方法について相談してみると良いでしょう。その他に費用をおさえるポイントとしては、特にメーカーにこだわりが無ければ、希望する機能を業者に伝えて、機能的に要件を満たす商品の提案をしてもらうと良いでしょう。また型遅れの商品や業者の過剰在庫を使用するとさらに費用をおさえることができるので、業者に相談してみて下さい。

通路の舗装・修理とは?

通路の舗装では住宅の横や玄関から道路までの通路などを舗装するケースが多いでしょう。舗装はアスファルトやコンクリート、インターロッキングなどが一般的な施工方法となります。施工は素人では手間もかかり難しい作業なので、業者に依頼をするようにしましょう。

また修理はそれぞれの工法で異なりますが、舗装表面にひび割れや凹みが発生した場合には部分補修、または全体的な補修をすることになります。

通路の舗装・修理の種類とメリット

住宅の通路を舗装することで、見た目が美しくなるというのはもちろんですが、雨の日に雨水が溜まってぬかるんだりすることもなくなる他、ほこりが立たないので洗濯物なども安心して干すことができるようなります。また雑草の処理が不要になり、その手間も省くことができます。舗装の工法には「アスファルト舗装」や「コンクリート舗装」、「インターロッキング」などの工法がありますが、それぞれの工法でメリットも異なります。

アスファルト舗装は材料単価が安く、費用がかからないというメリットがあります。またコンクリート舗装は耐久性に優れているので、補修頻度が少ないというメリットがあります。そしてインターロッキングは舗装用のブロックで、デザインや色、形状が豊富です。ブロックを組み合わせて様々なデザインを作ることができる他、耐久性にも優れているというメリットがあります。舗装の主な劣化症状にはひび割れや凹みがありますが、どの工法にも共通するのが舗装前の地盤処理が影響してくるということです。

アスファルト舗装の補修は合材を使用して地盤に問題がある場合にはアスファルトをはがし、補強後にもう一度アスファルトを敷き直します。またコンクリート舗装は、ひび割れ部分に補修材を注入して地盤に問題がある場合には、アスファルト舗装同様の補修を行います。そしてインターロッキングはブロック自体が劣化することは少なく、凹みが発生した場合は地盤処理後に再度ブロックを敷き直すことが可能です。

通路の舗装・修理を選ぶポイントと注意点

通路の舗装では、コンクリートやアスファルト、インターロッキングなどを選択することができますが、いずれも地盤をしっかりと締め固めることが重要になってきます。コンクリート舗装の場合は、ひび割れ防止のワイヤメッシュ等の鉄筋を必ず入れることが必要です。

そして雨水排水用の側溝などを設けて水はけをよくしておきましょう。水はけが悪いと水がたまった状態が続き苔なども生えやすくなります。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

通路舗装、修理のお役立ちコラム

Q.通路舗装の修理に必要なことって?

住宅の横や玄関から道路までの通路などを舗装工事を行っている住宅がありますが、多くのケースでアスファルトなどを使用しているものを目にすることができます。

アスファルトなどの場合では経年劣化によって、歪みや凹みなどが発生してしまうことが多いために、後に修理する必要が出てくる可能性を持っています。実際に舗装の修理を行う場面として、必要になる部分では地盤をしっかりとしたものに仕上げることが必要になり、例えばランマーなどを利用するような場面も見られます。

その上に砂利などを敷き詰めることも必要とされていて、最終的に新しいアスファルト、またはコンクリートやインターロッキングなどで施工して完成させる方法が一般的になります。