2018年5月18日

外構工事の費用相場とポイント

外構工事の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、外装・外構工事のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で外構工事しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

外構工事の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 外構工事 を行う場合の概算費用です。

目隠しフェンス取付
4.5〜10万円
コンクリート工事
1〜5万円
カーポート取付
10〜20万円
テラス屋根取付
5〜25万円

外構工事のポイント

外構工事

外構工事には、都市ガスの引き込み工事、隣家との境界線ブロックとフェンス、タイル工事、駐車場、砂利敷、門扉・門柱などがあります。建築を依頼した建築メーカーに外構工事も依頼することが多いのですが、外構工事を専門に請け負っている業者さんに依頼する方法もあります。ブロック工事やタイル工事をバラバラに依頼することもできますが、現実には難しいのでいわゆる外構屋さんに依頼するのが通常です。

隣家との境界はできれば測量をしてはっきりとしておいた方が良いでしょう。フェンスもできるだけ長持ちのする素材の物を選びましょう。後々のトラブルを避けることになります。都市ガスの引き込み工事では、施工費に材料費と人工費を加えたものが標準費用となります。

 

外構工事で費用をおさえるポイント

外構工事の費用は使用する部材や施工方法、希望する外構工事の内容、および現状の設備状況などによって違いが出てきます。外構工事には駐車場工事やカーポートの設置、フェンスや門柱などの設置、玄関アプローチ、ウッドデッキの取付けなど外回りに関する様々な工事がありますが、それぞれの工事で使用する素材によって工事費用が大きく異なってきます。

例えば玄関アプローチでは、デザイン性の高い敷石よりもシンプルなレンガなどを敷くと費用もおさえることができます。そしてDIYも可能なので、自分で施工することができれば材料だけで済み、工事費用もかかりません。その他にはデッキの取付けも同様にDIYが可能なので、DIYが得意という方は挑戦してみると良いかもしれません。

また「オープン外構」、「クローズド外構」また「セミクローズ外構」のどのタイプを選ぶかによっても大きく費用が影響してきます。このタイプの中ではオープン外構が一番費用をおさえることができます。そして外構工事はできるだけシンプルに仕上げたり、必要最低限の工事だけに絞って行うと費用をおさえることができます。外構工事では、複数の業者に見積もりを依頼して比較検討をし、使用する部材などについても業者と相談して、できるだけ安い商品の提案をしてもらうと良いでしょう。

外構工事とは?

外構工事とは家の敷地部分に手を加えて設備や庭を整えることで、都市ガスの引き込み工事や境界ブロック、フェンスの設置、タイル工事等があります。その他にも駐車場や門扉・門柱の設置や砂利敷などがあります。

外構工事を行うにあたっては、建築メーカーや外構工事専門業者に依頼する方法があります。ブロック工事やタイル工事などをそれぞれ違う業者に依頼をすることも可能ですが、難しい場合もあります。

外構工事の種類とメリット

外構工事を行うことで防犯性を高めたり、敷地内を有効に活用して使い勝手の良いスペースにすることができます。そして取り入れる部材によっては、デザイン性の高い外構にすることができます。外構工事には「オープン外構」、「クローズド外構」、「セミクローズド外構」の3つのタイプがありますが、それぞれのタイプでは印象やメリットも異なります。目的やどんな雰囲気にしたいかなどを考慮して選ぶと良いでしょう。

オープン外構は、敷地周りに目隠しフェンスなどを設置しないので、見通しが良いという点で防犯性に優れているというメリットがあります。またクローズド外構は外部からの視線を遮ることができるので、プライバシーを確保することができます。そしてセミクローズド外構はオープン外構とクローズド外構の両方のメリットを併せ持つため、オープンにしたい場所、プライバシーを確保したい場所とそれぞれ使い分けた外構にすることができます。

またフェンスなどを設置する場合は、耐久性の良い材質を選ぶようにすると、メンテナンの手間や費用もかかりません。外構工事では花壇づくりなど簡単な作業であれば自分で施工することも可能ですが、大部分は業者に依頼をすることになります。業者に依頼をすることで、希望するイメージを基に様々なプランを提案してくれるというメリットが得られます。素人では思いつかないようなアイディアも提案してくれるので、プランの選択肢も増えて充実した外構にすることができるでしょう。

外構工事を選ぶポイントと注意点

外構工事を行う際には、地盤をしっかりと形成することが必要になります。地盤が緩いと施工後にアスファルトが歪んでしまうことが多いため、十分に配慮することが求められます。

また傾斜についても考慮することが必要です。雨水が大量に溜まることがないように排水溝などを設置することも大切になってきます。さらに、外構工事では建造物との相性も考慮しながら、デザインを決めていくと良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

外構工事のお役立ちコラム

Q.外構工事を行う際に注意すべき点って?

建造物の周囲として外構工事を利用することがあります。例えば駐車場として整備を行ったり、門塀や外塀などを設置する場面も見られます。

外構工事を行う上での注意点としては、地盤をしっかりと形成することが何より必要なことになります。地盤が緩い場合では、施工後にアスファルトなどが歪んでしまうことが多いために、十分に配慮することが求められている部分になります。

また、傾斜についても考慮することが必要です。雨水などが大量に溜まってしまうことがないように、排水の処理をしっかりと行うことが必要になり、傾斜を付けた後に排水溝などを用意することも大切になる場合があります。

さらに建造物との相性というものも注意することが必要になり、一定のデザイン力が大切になります。