2017年11月15日

ユニットバス(お風呂)の間取りは変更できるの? 費用やポイントを解説

ユニットバスの間取りの変更を検討する場合、どれくらいの間取りが適正なのかイメージの湧きづらいもの。ユニットバスのおすすめの間取りは、戸建てかマンションかで大きく異なります。希望の間取りによってはユニットバスを移動させなくてはいけないこともあるかもしれませんが、ユニットバスは移動できるのでしょうか?そんなユニットバスの間取り変更に関する疑問を、費用も含めてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

【建物別】ユニットバスの間取り変更の注意点

戸建て

浴室の内寸が幅1.2m奥行1.6mの1216サイズ、幅1.6m奥行1.6mの1616サイズ、幅1.6m奥行2.0mの1620サイズの3タイプのユニットバスが多いです。

1818サイズのようなもっと広いタイプもあり、マイホームの戸建てにお住まいの方の中には広々したバスルームに憧れる方も多いでしょう。
広い浴室はラグジュアリー感が高くなりますが、その分場所を取りますので他の部屋が狭くなります。
広いということは、掃除の面でも大変です。掃除箇所が増え、手間がかかるため、広くても快適とは限らないという声が多いのは事実でもあります。

一方狭すぎると、洗い場も狭く窮屈感が出ます。
お子さんと一緒に入る可能性があるのであれば、さらに不便さを感じやすくなるでしょう。

狭すぎず、程よい広さの間取りは1616サイズか1620サイズと言われています。
1620サイズの方が洗い場が広くなるため、お子さんや介護の必要なご家族のいらっしゃる方は、1620サイズがおすすめです。

マンション

幅1.4m、奥行1.8mの1418サイズが多いです。
マンションは戸建てと比べると平米数も部屋数も限られることが多いです。
浴室を広げるということは、限られた空間をより狭めることになりますので、平米数にゆとりがなければ1418サイズで十分だと言われています。

一方、80㎡以上の平米数があるマンションであれば、1620サイズまで広げても他の部屋を狭く感じることは少ないです。

ユニットバスって間取りを移動できるの?

結論から申し上げますと、ユニットバスの移動は可能です。
ただし、どれくらい移動させるのか、どれくらいのグレードのユニットバスを設置するのかなどで費用は大きく変動します。

ユニットバスを移動させるためには、給排水管とガス管の移動が伴います。
マンションによってはこれらの設備の移動ができなかったり、管理規約で認められない場合、移動はできません。

戸建ての場合は、マンションと比較すると融通がききやすく、浴室を1階から2階に移動させるといった大掛かりな移動も可能です。
しかし浴室が2階にある場合、万が一水漏れが発生すると1階まで被害が及ぶことがあります。
在来工法のものと比較すると、ユニットバスの方が水漏れがしにくいため、2階などに浴室を設ける場合はユニットバスにすることがおすすめされています。

それでは、ユニットバスの移動の注意点を戸建てとマンションに分けて見てみましょう。

戸建て

浴室など水回り周辺の床は、排水管を通すために二重床となっています。
二重床とは床下に空間を設けたスタイルのことで、この空間を利用して傾斜をつけた排水管が通っています。

ユニットバスの移動距離が長くなると、排水管を延長させなくてはならない場合があります。
排水管が長くなる程傾斜が緩くなるため、排水機能が落ちてしまう可能性があります。
ユニットバスを移動させる上で設備に変更は伴うのか変更後に排水にトラブルは起きないのかなどを事前に業者に確認しましょう。

マンション

直床といってコンクリートに直接フローリングなどの仕上げ材を貼ったタイプの床が採用されている場合があります。
直床はコンクリートに直接排水管を埋め込んでいるため、二重床以上に傾斜をつけにくい構造になっています。

ユニットバスの移動距離が長く、排水管を延長させることで傾斜がなくなるようであれば、二重床に工事する必要があります。
工事が大掛かりになる分、費用が高額になります。

少しでもお得で快適な浴室にするために、いくつかの業者に見積もり依頼し、施工内容を確認し、費用も施工内容も納得できる業者に依頼しましょう。
また、二重床にしなくても排水可能な移動距離に収めた間取り変更を確認することもおすすめです。

間取り変更や移動の費用目安

ユニットバスの間取り変更をする際、移動距離によって違いはありますが排水管などの移設を伴うことが多いです。
先に説明した通り、ユニットバスの移動には給排水管やガス管の延長や移設が伴います。
この移設工事は約30~50万円程かかります。

その他に既存の浴槽の解体や撤去ユニットバスの設置や電気配線壁の塗り替えや扉の変更壁紙・床材の貼り替え運搬費などがかかります。
これらと合わせて約100~160万円程になります。
ちなみに浴室の間取り変更や移動でユニットバスを新設する場合、ユニットバス本体の価格は割引されることが多いです。

考えられる事例

家族の介護が必要になる可能性があったり、解放感のある浴室にしたいという場合、ある程度広さを確保する必要があります。天井の高さのとれる所に浴室を移動し、浴室の間取りを広くとることで、今までより大きな浴槽の設置が可能になることがあります。

また、現在の浴室が開き戸であれば、引き戸に変更することをおすすめします。
引き戸は開き戸と比較すると開閉に力がいらず、お子さんや高齢者のような力のない方でも開閉しやすいです。
浴室の間取り変更と移動、扉の変更で100万円という見積もりが挙げられます。

まとめ

ユニットバスのおすすめの間取りや移動する上での注意点、間取り変更や移動の費用目安をご紹介しました。
せっかく間取り変更するのであれば広々した浴室にしたいと考えてしまうものですが、広すぎると掃除に時間をとられたり、浴室以外の部屋が狭くなり、思いの外不便だと感じる方は多いでう。狭すぎず広すぎない間取りにすることが大切です。

ユニットバスの移動は、戸建てでもマンションでも費用がかさみます。
また、移動によって不便になってしまっては元も子もありませんので、移動後の排水も適切に行われるか確認することが大切です。
費用と使い勝手のバランスを見極め、快適なユニットバスの間取りを考えましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

リフォームが複数社への見積りで安心できる
その1

厳選された業者を
簡単比較

リフォマ独自の審査に合格した全国1,000以上の工務店の中から、お近くの厳選された実績のある業者を最大3社までご要望に合わせてご紹介するので、じっくりご検討いただけます。

その2

相見積もりで
適正価格がわかる

相見積もりをして比較・検討をすることで、施工内容・金額が適正かどうか判断することができます。また、リフォマは依頼者と施工店を直接つなぐため、中間マージンなどの余計なコストがかかりません。

その3

修理保証が
1年間無料!

リフォマからご依頼いただいた20万円を超えるリフォーム・修理は、「リフォマあんしん保証」が無料でカバーされます。工事中・引き渡し後1年間の修理保証が無料で付くため、あんしんして工事依頼ができます。