2018年5月22日

防火ガラスへの交換・修理の価格相場はいくら? 防火ガラスの特徴も解説

防火ガラスへの交換・修理の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、ガラス交換のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で防火ガラスへの交換・修理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る
リフォマなら最適なリフォーム会社が見つかります
  • 審査に通った安心のリフォーム会社を紹介
  • お困りごとに適したプロが多数在籍

防火ガラスへの交換・修理の価格相場はいくら? 防火ガラスの特徴も解説の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 防火ガラスへの交換・修理の価格相場はいくら? 防火ガラスの特徴も解説 を行う場合の概算費用です。

防耐火ガラス・標準
2〜3万円
防耐火ガラス・高機能
2.5〜3.5万円
網入りガラス・標準
3.5〜5万円
網入りガラス・高機能
4.5〜6万円

 

防火ガラスへの交換・修理で費用をおさえるポイント

防火ガラスへの交換、修理

防火ガラスの交換や修理は取付ける防火ガラスの種類や現状の状態、取付けるガラスの枚数により必要になる費用が異なります。そしてガラスの厚さや寸法によってもガラス自体の価格も異なってきます。ガラスの交換や修理にかかる基本的な費用は、ガラス代と工事費ですが、取付けや修理に足場を組んだり特殊な機器を使用する場合は別途費用が必要になる他、出張費などが加算される場合もあります。

また新しいガラスを交換した後、古いガラスを処分する為の引取処分費も発生することがあります。防火ガラスの種類には「網入り(ワイヤー)ガラス」と「耐熱強化ガラス」がありますが、網入りガラスよりも耐熱強化ガラスの方が価格はやや高めになります。しかし、ひび割れや熱割れを起こしやすい環境の場合では耐熱強化ガラスが適しているので、長い目で見るとトータルコストはおさえることができるでしょう。

また網入りガラスにも透明タイプや型ガラスタイプのものがあり、透明タイプの方が価格が高くなる傾向にあります。業者に取付けや修理を依頼する際には、複数の業者から見積を取って比較検討をするようにしましょう。取り付けや修理にかかる基本料金や出張料金は業者によって様々です。そして追加料金が発生するケースについても、事前に業者に確認をしておくと安心です。

防火ガラスへの交換・修理とは?

一般家庭で防火ガラスを取付ける場所としては火を使うキッチンやリビングその他の部屋に取付けるケースがあります。防火ガラスへの交換は火災が起きた際に、ガラスの飛散や脱落を防止し延焼を防ぐことを目的とします。

防火ガラスには網が入った「網入りガラス」と網が入っていない「耐熱強化ガラス」がありますが、耐熱強化ガラスは網が入っていないので、美観などインテリアにこだわりたい場所の取付けにも適しています。

防火ガラスへの交換・修理の種類とメリット

防火ガラスには「網入り(ワイヤー)ガラス」と「耐熱強化ガラス」の2種類があり、火災が起きた際には延焼を防ぐ効果があります。網入りガラスはガラスの中に金属の網が入っているので、火災の時に起こるガラスの脱落を防いだりガラスの飛散を防ぐことができます。また耐熱強化ガラスは、ガラス自体に特殊な耐熱加工を施したもので、万が一ガラスが割れてしまっても破片は丸い粒状になります。このように防火ガラスは火災による二次災害も防ぐこともできるので、安全の面でも優れた機能を発揮します。

さらに耐熱強化ガラスは、耐衝撃強度が一般的なガラスの6倍、強化ガラスと比べても2倍以上の耐衝撃強度があり、防災対策としても有効です。そして耐熱強化ガラスは網入りガラスのようにひび割れや熱割れも起こらず、網も入っていないので視界がクリアになり、インテリアにこだわりたいという場所の取付けにも適しています。

その他には網入りガラスは金属入りという構造上どうしても厚みや重量が重くなってしまいますが、耐熱強化ガラスの場合は一般的なガラスと同じ厚さになるので軽量です。防火ガラスを取付けておくことで火災などが起きた際には火災が広がることを防いでくれる他、建物が燃えにくくなるので避難もしやすくなるというメリットがあります。また燃えにくいということで場合によっては初期消火で対応ができる可能性もあります。

防火ガラスへの交換・修理を選ぶポイントと注意点

法律上防火が指定された窓には必ず、防火ガラスの取付けが義務付けられています。ガラスだけでなくサッシやゴムパッキンも防火性能を満たす必要があります。

網入りガラスは結露や寒暖の差が大きくなると錆割れや熱割れを起こすことがありますが、ガラスとサッシの間をシーリング材で埋めることで錆割れの発生を抑えることができます。耐熱強化ガラスであればこのようなことはほとんど起こりません。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい方へお知らせです。リフォマは中間業者を介さずに、ご要望に合う専門業者を直接ご紹介します。中間マージンが上乗せされないため、管理会社や営業会社などより安く費用を抑えることができます。下記のボタンからお気軽にご相談ください!

リフォマは中間業者を介さずに、ご要望に合う専門業者を直接ご紹介します。中間マージンが上乗せされないため、管理会社や営業会社などより安く費用を抑えることができます。
リフォマなら中間マージンカットで専門業者をすぐ紹介

防火ガラスへの交換、修理のお役立ちコラム

Q.防火ガラスへの交換(修理)の重要性って?

通常の窓ガラスなどから防火ガラスへの交換は、万が一の家事などの際に燃えにくくすることで大火が起きた際には避難しやすくするというメリットがあります。

また、燃えにくいということで場合によっては初期消火で対応ができる可能性もある点がメリットになります。

同じ発想としては耐火用カーテンが挙げられます。カーテンなども火が燃え移りやすいものであるので、そもそも燃えにくい材質のものに変えておくことも火事の際の避難や初期消火などの対応をする時間が稼げることにつながります。

こうした修理や取り替えは、専門の業者などでないと対応が出来なかったり、あるいは販売していなかったりしますが、カーテンに関しては最近では市販されているものも増えてきています。