2018年5月22日

塗装工事の費用相場とポイント

塗装工事の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、外装・外構工事のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で塗装工事しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

塗装工事の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 塗装工事 を行う場合の概算費用です。

店内
15〜25万円
キッチン
20〜30万円
外装塗装
10〜30万円
オフィス
15〜30万円

塗装工事のポイント

塗装工事

塗装工事は建築物を長く健全な形で保つためには重要な工事です。

ひび割れを補修することで内部にしみこむ水分をなくすことが出来、内部の劣化を最小限にとどめることができますし、塗装工事によって屋内の温度変化を緩やかにすることも出来ます。様々なメリットがある塗装方式を選択するのがポイントです。また、塗装工事をする場合にはどのような塗料で工事を行うのかを知っておくとよいでしょう。塗料ごとに大体の耐用年数があるので、業者比較をする場合には耐用年数と価格見積もりを平等に検討しなければなりません。耐用年数が短くて安い場合もあるので注意が必要です。

最後にその特徴を把握しておく必要があります。塗装工事は見た目もそうですが、建物の耐久性を高めるためにも必要なのです。あまりに見た目重視の塗装では本来の意味を見失うことにもありますので注意しましょう。

 

塗装工事で費用を抑えるポイント

塗装工事の費用を抑えるときに考えなくてはいけないのは、目先の工事での費用を抑えたいのか、それとも長い目で見た費用を抑えたいのかということです。塗装工事の費用は基本的に塗料の価格で決まります。安い塗料を使えばその場の費用を抑えることができますが、高価な塗料と比べて寿命が短いため、短期間で塗り直しが必要になります。目先の費用を抑えることが出来ても、長期的な視野で考えたときは割高になってしまうこともあります。

高価な塗料の中には光熱費を抑えることができる、遮熱塗料のようなものもあります。単純に工事費用だけでなく、光熱費まで関係してくるとどの塗料が自分にとって本当の意味で費用を抑えることができるのかがわかりにくくなりますよね。光熱費が安くなるからと遮熱塗料を使ったものの、塗料の費用が高すぎて元を取れないなんてこともあります。

それでもある程度のランニングコストの計算はしておくようにしましょう。難しいようであれば業者に依頼するのもひとつの方法です。このような計算も含めて面倒を見てくれる業者を選ぶことも費用を抑える上では重要です。きちんとした業者に作業をしてもらうためにも、費用を抑えるためにも、複数業者への相見積もりは必須になります。

塗装工事とは

屋根や外壁などは太陽の紫外線を受けたり、雨風の影響を受けたりして、そのまま放置していると劣化してしまいます。その劣化を防ぐのが塗料の役割です。
塗料には寿命があり、ある程度の年数が経過すると塗料を塗り直す必要があります。この塗り直しの作業が塗装工事になります。その他に防水のための塗装工事や、室内の塗装工事など家の様々な場所で塗装工事が必要になります。

塗装工事の種類とメリット

塗装工事というと屋根や外壁というイメージを持っている人が多いかと思いますが、塗装工事はそれ以外にも様々な場所で行われています。ここではそんな塗装工事の種類とその特徴やメリットを紹介します。

屋根・外壁塗装
常に太陽や風雨にさらされている屋根や外壁の塗料は他の場所よりも寿命が短いため、最も頻繁に行われる塗装工事になります。屋根も外装も塗装をするのに足場が必要になるため、個別に塗装工事をするのではなく、同時に塗装をするのが一般的です。外装塗装は7~10日程度かかり、屋根塗装は6日程度になります。両方を一度に行うとそれぞれ個別に行うよりも工期も短くなり、費用も安くなります。

防水塗装
屋上やベランダなどに防水塗装をすることで、建物を雨水から守ることが出来ます。コンクリートの打ちっぱなしのような床面は一見するときれいに見えるのですが、実は小さな亀裂がいくつも入っています。そのような小さな亀裂から雨水が染みてこないように防水塗装することで、建物の寿命を伸ばすことが出来ます。

室内塗装
室内はクロスを張るものだと思いこんでいる人もいますが、部屋の質感を高めるためにはクロスではなく塗装を行います。おしゃれなカフェやレストランなどをチェックしてみましょう。壁紙ではなく塗装仕上げを行っていることに気づくはずです。最近は賃貸物件などでも見た目の良さから、クロスではなく塗装を選ぶケースが増えています。

塗装工事を選ぶポイントと注意点

どこを塗装工事するにしても、塗装工事を行うときに必ずあるのが、仕上がりに対して「イメージと違う」ということです。色見本はA4サイズ程度ですが、実際の塗装面は壁一面ですので、インパクトがまったく違います。
塗料の色選びはできるだけ大きな色見本で行うようにしてください。塗装のプロである業者の意見も取り入れると「失敗した」となる確率が下がります。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

塗装工事のお役立ちコラム

Q.塗装工事で予防できる事って?

住宅などに塗装工事を行う際、施工する場所によって、予防することのできる内容を持っています。

例えば屋根を塗装することを行う場合では、屋根の隙間部分などをある程度は塗料で埋めることができ、シーリング工事なども併用することによって、雨漏り被害やサビなどから予防することが可能とされています。

外壁に塗装を行う場合でも同じように、外壁の下地処理を事前に行うことが一般的なので、腐食してしまうことを防ぐ効果や、防水性を高めることを可能としています。

カーポートや外柵などを設置している住宅の場合では、金属製の素材を用いている傾向が多いために、サビの発生を未然に防いで、耐久性を高めることが十分に可能になります。