2018年5月22日

フロアコーティングの費用相場とポイント

フロアコーティングの金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、フロアコーティングのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でフロアコーティングしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

フロアコーティングの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした フロアコーティング を行う場合の概算費用です。

ガラスコーティング(30平米)
10〜25万円
UVコーティング(30平米)
10〜20万円
シリコンコーティング(30平米)
8〜15万円
ウレタンコーティング(30平米)
5〜15万円

フロアコーティングのポイント

床 コーティング

住宅のフローリング床は、足ざわりは良いのですが傷が入りやすいのが特徴です。そこで床にコーティングをするのですが、どのような種類がありどの様な事に注意すべきでしょうか。 アクリル樹脂系とウレタン樹脂系がありますが、最近はウレタン樹脂系が主流になっております。光沢があり高級感のあることが需要の多い理由です。

ウレタン樹脂系でも最も良いものが、UVフロアコーティングです。紫外線を当てる事で瞬間的に硬化させ、耐久性や耐磨耗性また耐熱性に優れています。ペットのいる家庭の使用が多いのが特徴です。コーティングで注意すべき事は、下地である床の状態です。綺麗に掃除をすることはもちろんの事、傷や割れなどに注意しましょう。目立つようなら事前に補修をして、コーティングをしましょう。

フロアコーティングで費用を抑えるポイント

フロアコーティングの費用を抑えるには安い液剤を使うのが最も効果的ですが、安いには当然理由がありますので、単純に値段が安いからといって低価格のコーティング剤で施工しないようにしましょう。なんでもいいからしておこうという場合や、目先の費用を抑えたい場合でなければ、自分の目的にあった、質のいいコーティング剤を利用してフロアコーティングをおこなうようにしてください。

フロアコーティングでもっとも重要なのは業者選びです。安さをアピールしている業者がインターネット上にたくさんありますが、悪質な業者の場合はコーティング剤のランクを勝手に下げたり、溶剤を薄めたりして施工する業者もあります。工賃の安い、未熟な作業者に施工させるケースもありますので、フロアコーティングを依頼するときは業者選びに徹底してこだわるようにしてください。

どの業者に依頼していいかわからないようなケースでは、複数の業者に相見積もりをするようにしましょう。極端に価格の高い業者と、極端に価格の低い業者は省いて、適正な価格の業者の中から、信頼できると判断した業者に依頼するようにすると、満足度の高いフロアコーティングをしてもらえます。業者との会話を理解できるようにフロアコーティングの基礎知識を身に着けておくことも忘れずにしておきましょう。

フロアコーティングとは

フロアコーティングは床材を守り寿命を延ばすためのコーティングになります。フローリングの床はとても傷がつきやすく、そのままにしておくとあっという間にボロボロになってしまいます。
間違った手入れをして床材をダメにしてしまうケースも少なくありません。フロアコーティングはそんなフローリングなどの床材を保護して、長くいい状態を保つことを目的としたリフォームになります。

フロアコーティングの種類とメリット

それではフロアコーティングにはどのような種類のコーティング材があるのかを見ていきましょう。それぞれの特徴とメリットを頭に入れておいてください。

ウレタンコーティング
最も安価なコーティングで、耐久年数は3~10年になります。最近は新しいコーティング剤に押されていますが、これまでのノウハウも多くあるため、どの施工業者でも施工可能で、しかも腕の良い業者が施工すると10年近く維持することができます。

シリコンコーティング
シリコン樹脂を利用したコーティングで、10~20年の耐久年数があります。撥水性が高いことと滑りにくいため、室内でペットを飼っている人にオススメのコーティングになります。ウレタンコーティングより高い技術が求められる、コストも高いコーティングです。

UVコーティング
耐久年数が20年以上もあるコーティングです。専用の樹脂を床材に焼付け塗装することで、耐摩耗性の高い膜を床面に形成します。補修も簡単であるためUVコーティングでフロアコーティングを行う家が増えています。

ガラスコーティング
フロアコーティングの中でも最先端の技術を用いて行うコーティングで、クッションフロアにも使用することができる非常に高価なコーティングになります。耐久年数はUVコーティングと同じく20年以上ですが、ほとんどの家庭ではオーバースペックになり、コーティングよりも先に床材が寿命を向かえることになります。

フロアコーティングを選ぶポイントと注意点

フロアコーティングを選ぶときに、重要になるのが床材の寿命です。一般的にフローリングの寿命は10~20年と言われています。フロアコーティングをすることで寿命を伸ばすことができますが、すでに5年以上使っているフローリングにガラスコーティングやUVコーティングを行なってもコーティングよりも床材が先にダメになります。

フロアコーティングはタイミングを考えて施工してください。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

フロアコーティングのお役立ちコラム

Q.フロアコーティングをする利点って?

フロアコーティングをする利点は何と言ってもお掃除が簡単になることです。サッと拭くだけできれいになりますので、今までよりお掃除にかけていた時間が少なくなります。

コーティングすれば見栄えもピカピカになり明るいイメージになります。床がきれいだとお客様がいらっしゃった時でも恥ずかしくありません。ワックスとは違い床を傷から保護できますので床を長持ちすることにもつながります。

その代わりにワックスより費用が掛かりますが、長持ちさせることが出来る分だけ、トータル的に見ればお得です。コーティングする最適なタイミングは新築された時です。とくに小さなお子さんやペットを飼っているご家庭は汚れやすいので、コーティングされてはいかがでしょう。