2022年4月15日

屋根修理の費用相場は?業者選びのポイントのご紹介

屋根工事・屋根修理に必要となる金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。また屋根の修理を行う前に知っておきたいことや業者の選び方のポイントについても解説していますので、検討される際の参考にしてもてください。 「リフォマ」は豊富なリフォーム実績と施工事例から、信用できる施工事例の経験豊富なリフォーム業者・工務店を簡単に探し、適切な価格で見積を出すことができます。この記事を参考に「地域最安値」で「信用できる業者」に屋根修理・屋根工事を依頼しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

屋根修理・屋根工事の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 屋根修理・屋根工事 を行う場合の概算費用です。

専用トタン塗装2回塗り
30,000円〜70,000円
カラーベスト屋根塗装
30,000円〜80,000円
塩ビ・トタン板
50,000円〜150,000円
雨樋取替
10,000円〜50,000円

まずは相談から

業者を予約

屋根修理の基礎知識

屋根修理・屋根リフォームの基礎知識

はじめに屋根素材別の耐久年数と、屋根施工方法の種類について見ていきましょう。

お住まいの屋根のことや施工方法について、業者に相談する前に、ご自身でも簡単に理解を深めておきましょう。

屋根の素材の種類とその耐久年数

スレート
工事費用が安いがやや割れやすい。 (耐用年数:~20年)

粘土瓦
耐久性が長く、防音性や耐熱性にも優れているが、修理費用が高め。 (耐用年数:~50年)

セメント瓦
粘土瓦と同様に防音性や耐熱性などに優れており、修理費用も粘土瓦よりも安め。 (耐用年数:~30年)

アスファルトシングル
耐震性が強く、デザイン性が高いが劣化しやすい。 (耐用年数:~20年)

金属(トタン・ガルバリウム)
修理にかかる費用が安くすむが、耐久年数も長め。 (耐用年数:~30年)

屋根修理の費用感

屋根修理・屋根工事は数万円の工事で終わるものから、100万円以上の費用が発生する工事もあります。

雨樋の修理や、雨漏りを一時的に防ぐだけの補修であれば、比較的安い費用で工事できます

しかし、屋根の全面塗装や屋根の上に屋根を敷くカバー工法など、作業が大掛かりになればなるほど費用が上がり、屋根を全面的に作り直す葺き替えになると時間も費用もかかることになります。

このため、屋根工事で費用を抑えるためには、定期メンテナンスを行い、簡単な補修工事で済む間に屋根工事をすることが重要になります。
最初は簡単な補修で済むはずだった小さな雨漏りが、放置することで屋根全体が傷んで葺き替えが必要になるケースも珍しくありません。

漆喰やコーキングは屋根材よりも寿命が短いのですが、遠目では問題があることがわかりにくいため、定期的な現地調査をきちんとしてもらい、屋根の異常をトラブル発生前に防ぐことが屋根工事で費用を抑えるための基本になります。

また、屋根の修理工事を行うときには必ず足場を組みますので、その足場を利用して外壁のリフォームも一緒に行うことで、トータルの工事費用を下げることが可能になります。 外壁も定期的なメンテナンスが必要になりますので、屋根と外壁はセットで工事するようにしましょう。

屋根の修理に火災保険はつかえるか?

現在お住まいのご自宅を購入されたときに、火災保険に加入していれば、火災保険をつかって屋根の修理を行える場合があります。 火災保険が適用できるのは、台風や竜巻、突風、大雨、火災、落雷などの場合となります。 「経年劣化」による屋根の修理には火災保険が適用されないので注意しましょう。

屋根修理・屋根工事の費用内訳がわかる見積事例

屋根修理の見積事例

屋根工事・屋根修理にかかる費用には以下のものがあります。

1. 足場設置

2. 養生

3. 葺き替え工事

基本的に屋根の修理工事は、実施する作業内容によって変わってきます。 また屋根材の葺き替え工事は、どの屋根材にするのかで価格が変わります。 金属屋根など、耐久性が約20年以上あるような屋根材の場合も金額が高くなります。

では、典型的な屋根修理・屋根工事の見積もり事例を見てみましょう。

事例1 : 屋根葺き替え【延建30坪/2階建】

項目 明細 数量 単価 合計
足場設置 架け・払い 1式 ¥ 218,750 ¥ 218,750
養生 メッシュシート 200㎡ ¥ 150 ¥ 30,000
葺き替え工事 和瓦→和瓦(カパラスKJ40) 80㎡ ¥ 19,296 ¥ 1,543,680
ルーフィング張替え
※上記に含む
1式 ¥ 0 ¥ 0
既存屋根材撤去・処分
※上記に含む
1式 ¥ 0 ¥ 0
合計 ¥ 1,792,430

事例2 : 屋根葺き替え【延建40坪/2階建】

項目 明細 数量 単価 合計
足場設置 架け・払い 1式 ¥ 231,250 ¥ 231,250
養生 メッシュシート 230㎡ ¥ 150 ¥ 34,500
葺き替え工事 和瓦→スレート(コロニアルクアッド) 100㎡ ¥ 12,096 ¥ 1,209,600
ルーフィング張替え
※上記に含む
1式 ¥ 0 ¥ 0
既存屋根材撤去・処分
※上記に含む
1式 ¥ 0 ¥ 0
合計 ¥ 1,475,350

事例3 : 屋根葺き替え【延建30坪/2階建】

項目 明細 数量 単価 合計
足場設置 架け・払い 1式 ¥ 218,750 ¥ 218,750
養生 メッシュシート 200㎡ ¥ 150 ¥ 30,000
葺き替え工事 和瓦→金属屋根(横暖ルーフきわみ) 85㎡ ¥ 11,376 ¥ 966,960
ルーフィング張替え
※上記に含む
1式 ¥ 0 ¥ 0
既存屋根材撤去・処分
※上記に含む
1式 ¥ 0 ¥ 0
合計 ¥ 1,215,710

【ご依頼前に】最低限おさえたい屋根修理のこと

最低限おさえたい屋根修理のこと

屋根修理・屋根工事は一般的に屋根塗装葺き替えの2種類の工事のことを指します。 漆喰やコーキングの補修、雨樋の取替などの工事も屋根工事の一種になります。

屋根の健康状態を維持し、時には大掛かりな修復も行うのが「屋根工事」だと考えれば分かりやすいかもしれません。 屋根の種類によって必要な作業が変わり、工事費用や工事期間が大きく変わってくることも屋根工事の特徴になります。

屋根修理・屋根工事の工法の種類

屋根修理は屋根の状態に合わせて、いくつかの工事方法から適切な施工方法を選んで行うことになります。
ここでは一般的な屋根工事の種類とそれぞれのメリットについて紹介します。

葺き替え

屋根に使用されている既存の瓦や板をすべて取り除き、野地板やコンパネの状態から屋根を作り直す作業です。

葺き替え工事は、瓦や板材に割れやヒビが発生している場合に行う作業です。 屋根に問題がない場合も、屋根材の寿命に合わせて葺き替えを行うこともあります。

瓦屋根の場合は、同じ瓦を再利用する締め直しという工法を用いるケースもあります。 屋根の葺き替え工事を行うタイミングとしては、塗装を何回か実施した後がオススメです。 工事費用がやや高額になる場合があるので、費用について業者と話し合いましょう。

カバー工法(重ね張り)

既存の屋根をそのまま残し、既存の屋根の上にもう一つの屋根を設置する工法です。
屋根の撤去を行わないため、低コスト短期間での工事が可能になります。

現在のスタンダードなリフォーム方法で、断熱性や防音性、そして防水性の向上を期待できます。

屋根塗装

屋根の下地はしっかりしているものの、屋根の塗装が剥げることで、そこから水漏れが発生や屋根材の割れに繋がることがあります。
屋根塗装をすることで防錆性を高め、屋根材を保護することができます。

雨漏り対策

屋根のコーキングや漆喰の補修、そして雨樋の取替などの、屋根の修繕工事を行います。 理想は雨漏りが始まる前に、定期メンテナンスで補修することですが、実際に雨漏りが発生したときは原因をつきとめて、最適な修繕を行います。

【事例紹介】屋根の修理工事

ここでリフォマ寄せられた屋根修理工事の工事事例を2つご紹介します。 ご検討中の方は、ぜひ参考にしてください!

屋根修理事例【その1】

屋根修理事例その1

※許可を得て掲載しています。

詳細情報
【費用】約125万円
【リフォマへの依頼内容】屋根と壁の塗装。屋根は大分傷んでいるので、出来るだけ綺麗に見えるようにして欲しい。
【業者コメント】少し予算オーバーでしたが、断熱効果には、お客様も満足していただいたのでホッとしました。代わりに外壁塗装において戸袋等、補修が必要な個所をサービスでやっておきました。自社施工だから出来るポイントです。

屋根修理事例【その2】

屋根修理事例その2

詳細情報
【費用】約41万円
【リフォマへの依頼内容】トタン屋根が傷みが酷く、赤色のガルバリウム鋼板葺き替えのご依頼で、破風も板金巻き、軒天、樋も施工しました。

屋根修理・屋根工事業者を選ぶときのポイント

屋根修理・屋根工事業者を選ぶときのポイント

工事業者から費用のかかる「葺き替え」を提案された場合

屋根工事・屋根修理を行うときに注意すべきことは屋根の強度建物の強度です。 工事を 依頼する側としては、費用を安く抑えるために「葺き替え」ではなく「カバー工法」を選びたくなりますが、屋根の強度や建物の柱の強度が不足していて「葺き替え」するしかないと業者から提案されることがあります。

工事業者から提案されたときは、屋根強度の説明が具体的か納得のいく説明かで判断するようにしましょう。

金属屋根から瓦屋根に変更する場合

軽量な金属屋根から瓦屋根に変えるようなときも、同様に強度の問題が発生しますので、信頼できる業者に強度計算をだしてもらうようにしてください。

また、カバー工法ができるのは1回目の屋根工事だけです。 2回目以降は屋根材の撤去が必要になり「葺き替え」に近い費用が発生しますので気をつけてください。

屋根修理・屋根工事の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 屋根修理・屋根工事 を行う場合の概算費用です。

専用トタン塗装2回塗り
30,000円〜70,000円
カラーベスト屋根塗装
30,000円〜80,000円
塩ビ・トタン板
50,000円〜150,000円
雨樋取替
10,000円〜50,000円

まずは相談から

業者を予約

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい方へお知らせです。リフォマは中間業者を介さずに、ご要望に合う専門業者を直接ご紹介します。中間マージンが上乗せされないため、管理会社や営業会社などより安く費用を抑えることができます。下記のボタンからお気軽にご相談ください!

リフォマは中間業者を介さずに、ご要望に合う専門業者を直接ご紹介します。中間マージンが上乗せされないため、管理会社や営業会社などより安く費用を抑えることができます。
リフォマなら中間マージンカットで専門業者をすぐ紹介

屋根工事のお役立ちコラム

Q.屋根工事で予防できる事って?

屋根というのは住宅の中でも非常に重要な部分ですが、屋根自体はなかなかメンテナンスをしたりよく見るということをしないものです。なので気がついた時には雨漏りなどひどい状態になってしまっているということがあります。その前に屋根工事をして予防しましょう。

まず瓦屋根など屋根の種類にもよりますが、古い住宅の屋根では材料が浮き上がったり曲がってしまったり、ひび割れや漆喰の剥がれなどが起こることがあります。他にも雨どいの破損や屋根裏の雨染みなど、雨水による浸食被害などが起きているかもしれません。 そういったことも屋根工事をすることに寄って直したり予防したりすることができるのです。定期的に点検することが重要です。