2018年5月22日

屋根葺替え・修理の費用相場とポイント

屋根葺替え・修理の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、屋根葺替えのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で屋根葺替え・修理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

屋根葺替え・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 屋根葺替え・修理 を行う場合の概算費用です。

重ね葺き(100平米)
100〜150万円
瓦屋根(100平米)
120〜250万円
耐震屋根工事(100平米)
300〜400万円
部分補修
30〜50万円

屋根葺替え、修理の費用は、使用する材料や施工方法など、ご希望される屋根葺替え、修理の内容、及び現状の設備状況などの諸条件によって変わります。

屋根葺替え、修理のポイント

屋根葺替え、修理

屋根が傷んできたら、葺替えをしたり修理をしなくてはなりません。大切な建物の構造体を守っているので、十分注意して施工する必要があります。

それでは、屋根の葺替えや修理をお願いする時のポイントはなんでしょうか。
葺替えをするときの材料が、現在の勾配に適合しているかです。現在の勾配に適合しない屋根材で葺くと、雨漏れを起す場合もあるので注意しましょう。

次に屋根材の下に敷いている、ルーフィングまで張り替えるようにしましょう。最近のルーフィングは強度も強く防水性に優れているので、ルーフィングだけで雨水の浸入を止める様な施工をしてもらいましょう。

下地材や垂木にカビや腐食が無いかも調べてもらいましょう。小さな雨漏れは天井に達しないので、気付かないのです。この際過去の小さな雨漏れで傷んだ部分も修理しましょう。

  

屋根葺替え・修理で費用を抑えるポイント

屋根葺替えは既存の屋根材の撤去費用だけでなく、アスベストを含んでいる屋根の場合はさらに追加費用もかかります。そんな屋根の葺替えできるだけ安く抑えたいところですよね。そんなときはできるだけコストパフォーマンスの良い屋根材を選ぶことをおすすめします。特に葺替えの場合は、これまでの屋根材と違うものを選ぶことも可能ですので、わざわざ値段の高い屋根材を選ぶ必要はありません。

価格だけで考えると、ストレートを使用するのが最安値なのですが、寿命が短いという問題があります。費用が少しアップしますが、最もコストパフォーマンスの高い屋根材としてガルバリウムが注目されています。メンテナンス不要で50年以上の寿命を期待できるガルバリウムを屋根材に使用することで、ランニングコストも抑えることが可能です。ただしガルバリウムでの葺替えの経験のある業者が少ないため、業者選びは慎重に行う必要があります。

また屋根葺替えは足場を組む必要がありますので、同じく足場の必要な外壁工事も同時に行えば、トータルの修理費用も抑えることができます。外壁も屋根と同じく定期メンテナンスが必要な箇所ですので、屋根と外壁の修理時期を揃えることで数十万円単位の修理費用をカットすることも可能です。

屋根葺替え・修理とは

屋根葺替えは屋根材の一部を補修するのではなく、既存の屋根材を取り除き、新しい屋根材に交換するリフォーム方法になります。屋根材はどんなものでも30~50年も使用すると寿命を迎えます。見た目はきれいでもいつ壊れるか分からない状態ですので、そのまま使い続けると雨漏りの原因になることもあります。とても高額な修理になりますが、家の寿命を伸ばすためには必須のリフォームの1つになります。

屋根葺替え・修理の種類とメリット

屋根葺替えは屋根材の種類によってその費用が大きく変わってきます。ここでは屋根材で分類した屋根葺替えの種類とそのメリットを紹介します。

ストレート葺き
ストレート葺きには天然ストレートと呼ばれるものと、化粧ストレートと呼ばれるものがあります。天然ストレートはほとんど使われていないため、ストレートと言えば化粧ストレートのことを言います。薄くて軽量で、品質が安定しているため施工しやすいというメリットがあります。

瓦葺き
日本瓦は耐久性に優れ30年近く使用できます。初期費用が高いというデメリットはあるものの長い目で見たときはコストダウンになるため、見た目の美しさや遮音性などのメリットも考慮して日本瓦で屋根の葺き替えを行う人が少なくありません。

金属葺き
金属葺きの屋根は一般的にトタン屋根と呼ばれる屋根になります。屋根材のなかでは最も値段が安く、軽量で取り扱いが容易というメリットがありますが、錆びやすく耐久性も低いため、最近ではトタン屋根を選ぶ人はほとんどいなくなり、トタン屋根の多くは葺替えのタイミングでガルバリウム葺きに置き換えられています。

ガルバリウム葺き
アルミと亜鉛を主材料にした屋根で、金属葺きの一種になります。ただし従来の金属葺きと比べて、サビが発生せず、瓦葺きと比べて重量が1/6と軽量であること、30~50年のメーカー保証を受けられることなど、メリットが多い屋根材として注目されています。

屋根葺替え・修理を選ぶポイントと注意点

屋根材は設置するために必要な勾配が決まっています。瓦葺きの屋根は大きな勾配が必要になるため、金属葺きやストレート葺きの屋根を、瓦葺きに変えられないことがあります。瓦葺きの屋根は屋根の強度が必要になりますので、強度面からもストレート葺きや金属葺きから瓦葺きへの変更はおすすめできません。反対に瓦葺きを金属葺きやストレート葺きに変えることは特に問題なく変更可能です。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

屋根葺替え、修理のお役立ちコラム

Q.屋根の葺替え修理のタイミングって?

国内の住宅では瓦を使用した屋根を持っている住宅が多数存在しているために、場合によっては葺替えすることが必要になるシーンがあります。

国内で流通している瓦屋根の多くは非常に耐久性に優れた素材が使用されているものですが、屋根の構造上として下には防水シートが張られていることが一般的です。

葺替えや修理などを行うタイミングとしては、やはり室内の天井付近などにシミなどが発生してしまい、雨漏り可能性がある場面になります。通常では雨漏りの箇所を探してその部分だけを修復することで修理を行うこともできますが、あまりに古い瓦の場合は最新式の軽量タイプの瓦に変えることによって、住宅の耐久性も飛躍的に向上することになります。