2018年5月22日

瓦修理の費用相場とポイント

瓦修理の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、屋根葺替えのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で瓦修理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

瓦修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 瓦修理 を行う場合の概算費用です。

部分補修
5〜15万円
谷樋交換
8〜15万円
既存の瓦撤去
20〜30万円
雨漏り修理・補修(1箇所)
3〜5万円

瓦修理のポイント

瓦修理

屋根の状態の悪い場合は早めに修理をしましょう。雨漏れでもあったら本体にまで影響が出るので要注意です。瓦の修理をお願いする時の注意点はなんでしょうか。材質や形状は、既存の瓦と同じでなくてはなりません。形状が似ていても僅かの違いで、噛み合わせが悪く雨漏りの原因になる場合があります。材質が違っても劣化の速度が違うので後になって支障が出できてしまう場合があります。

次に棟部分の瓦や取付け材が劣化していないかです。棟部分は特に風雨の当たりが強いので、傷みが早く雨漏れの原因になりやすいのです。次に屋根の一部分がへこんだり、瓦がずれていないかです。屋根が波打つような状態の場合は、下地が腐ったり白蟻がついている場合があるのです。下地や屋根裏も調べてもらいましょう。

 

瓦修理で費用を抑えるポイント

瓦修理は簡単な補修であれば3万円程度で可能ですが、既存の瓦をすべて撤去して新しい瓦に交換するような場合は50~100万円近い費用が発生することがあります。一番もったいないケースが、瓦は1枚割れただけなのに、そこから浸水してしまった結果、屋根が腐食して屋根の修理まで行わなくてはいけなくなることです。

瓦修理の基本は、瓦のヒビや漆喰の崩れなどを見つけたら、すぐに直すということです。これを怠ると瓦1枚の交換で済んだはずの修理が、瓦をすべて取り外して、屋根の修理から始めなくてはいけないようなことになってしまいます。そうなると修理費用は100万円よりも遥かに高い金額になってしまいます。瓦の種類にもよって期間は変わりますが、定期的に瓦の点検やメンテナンスをし、必要に応じて修理や補修を行うようにしましょう。

また防水テープで割れをふさいだり、パテで割れた瓦を接着したりするような修理方法もありますが、これらの修理はあくまでも一時しのぎに過ぎません。簡易的な補修をしてそのまま放置していると、補修部分から水が染み込んで、やはり屋根を傷めてしまう可能性があります。部分補修をしても結局瓦を交換することになりますので、無駄な出費を避けるためにも最初から瓦交換をするようにしましょう。

瓦修理とは

瓦修理は屋根修理のひとつで、簡単な修理では瓦そのものを交換や補修したり、瓦をつなぎとめている漆喰の補修を行ったりします。
瓦のヒビから水が入り込み雨漏りが発生するようなケースでは、瓦の下の防水紙や野地板にまで被害が出ているような場合は、瓦を取り除き、屋根の葺き直しを行い、瓦が寿命になっているときは瓦の葺き替えなども行います。

瓦修理の種類とメリット

瓦には大きく分けて2種類の瓦があります。部分的な交換の場合は、現在使用している瓦と種類も形状も同じものを使う必要があります。瓦の修理する前には、必ず瓦の種類と形状を確認するようにしましょう。

粘土瓦(焼き瓦)
粘土瓦は成形した粘土を1100℃以上で焼き上げて作られます。瓦によっては耐久年数が50年近くあり、そのうえメンテナンスも基本的には不要となります。ただし、瓦と瓦をつなぐ漆喰の寿命が短いため、瓦はそのまま使うにしても、漆喰のメンテナンスが必要になります。

粘土瓦のうち、陶器瓦や和瓦と呼ばれるものが、屋根瓦として主流になります。日本家屋によく使われている瓦はJ型(和型)と呼ばれ、釉薬を塗って焼成することで瓦の表面に様々な色を作り出しています。美しい陶器瓦ですが、地震発生時には被害を受けやすいということで、瓦屋根の家は年々減少する傾向にあります。

セメント瓦
セメント瓦はセメントを成形して作られる瓦です。価格が安くカラーも豊富にあるため、多く流通した瓦になります。ただし、美しさを維持するには、定期的な塗装が必要になるなど、手がかかる瓦であるため、最近では新規にセメント瓦を使用するケースはほとんどありません。このため、古いセメント瓦は在庫がないために部分交換などに対応できずに、葺き替えを行う際には、陶器瓦や他の屋根材を選ぶことになります。

瓦修理を選ぶポイントと注意点

瓦修理は同じ瓦があれば差し替えるだけで素人でもできそうなものですが、足場も組まずに屋根に上るのは非常に危険です。1枚の瓦を交換するだけでも専門の業者に依頼するようにしましょう。
瓦交換の場合は、割れた瓦とまったく同じものを探し出してくる必要もあります。ホームセンターなどで簡単に買えるものではありませんので、瓦の入手という点でも必ず業者に依頼しましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

瓦修理のお役立ちコラム

Q.瓦の種類と修理のタイミングって?

屋根は通常あまり見ることのできない場所のため、痛んでいても気づきにくいものです。定期的に専門業者と相談を行うと、痛んでいる箇所へのアドバイスを受けることができるため、ぜひ相談してみましょう。

瓦には多くの種類があり、地域によっては特別な材質や形状をしていることが多くなっています。手に入りにくい時期もあるので、修理のタイミングを計ることも大切なので、しっかりと業者に対応を依頼することをおすすめします。

早めに対処することで費用も安く抑えられるので、定期的に点検をお願いするのも良いと思います。