2018年7月20日

店内で音楽を流したい方必見!音響設備工事にかかる費用相場とポイントとは

店内で音楽を流すことで、自店の魅力的をよりお客様にアピールできます。ここでは、音響設備工事の費用相場だけでなく、音響設備における注意点についても説明していますので、参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

店内で音楽を流したい方必見!音響設備工事にかかる費用相場とポイントとはの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 店内で音楽を流したい方必見!音響設備工事にかかる費用相場とポイントとは を行う場合の概算費用です。

基本配線工事
1.5〜3万円
天井埋め込みスピーカー
10〜20万円
壁・天井吊り下げスピーカー
3〜10万円
アンプ設置費
3〜5万円

音響設備工事での重要なポイント

音響設備工事

音響設備を整える為には遮音性を高める事が大切です。
壁に特殊なボードを導入してもらったり、スピーカーを導入する為の配線工事なども挙げられますが、工事を依頼する際の注意点があります。

まずは、音響設備工事の費用を比較することです。
業者さんによって工事費用には差がありますので、複数の業者から見積もりをとって、比較検討することが重要になります。

さらに、費用だけでなく業者の実績の比較も欠かせません。
安心の工事にするためにも経験が豊富なところか、音響に対応できる施行内容が多い業者さんに依頼します。

良い音を流すことで心地よい空間を演出する

良い音響設備を導入しても、音の反響やお客様との距離を考えなければ、的確な音量で音楽が店内に届き渡りません。従業員の動線や店内レイアウト次第では、音が響きづらいケースもあります。

他にも、店内では音楽が聞こえていたけれど、化粧室や試着室に移動した途端に聞こえなくなったとなると、折角の良い雰囲気が途切れてしまいます。
心地よい空間を維持するためにも、店舗のどこにいても音楽が流れている状態にしましょう。

店舗に合わせて音を考える

店内で流す音楽が雰囲気に合っていなかったり、鋭く尖った音楽が流れていると落ち着いて過ごすことができませんよね。

そうはいってもヒーリング系の音楽を流していればいい、というわけではありません。リラクゼーション施設ならばよいですが、飲食店やアパレル関係ではコンセプトに合わないところもあるため、音楽の内容にも気を遣いましょう。

また、音楽は店内の騒音を消す効果があります。機器が出す機械音を目立たなくさせることで、お客様に気持ちよく過ごしてもらえます。
一方で、音量が大きすぎて会話の邪魔になっている店舗が見受けられます。音楽はあくまで雰囲気を演出する添え物ですので、悪目立ちしないように注意が必要です。

音漏れがないか確認する

近隣が店舗であれば、多少音漏れをしても大きなトラブルになることはほとんどありませんが、住宅の場合は苦情が入るケースがあります。
トラブルを起こすとお店の評判にも響きますし、モラル的な意味でも音漏れがないようにしましょう。防音費用は10坪で200~550万円以上といわれています。

店舗で使用できるスピーカーの種類

スピーカーは様々な種類がありますが、店舗向きのスピーカは以下の3つです。

  • ペンダント型
  • 天井埋め込み型
  • 据え置き型

ペンダント型はスピーカーを天井から吊るため、高さがないと圧迫感が出てしまいます。
しかし、吹き抜けなど天井の高さがある店舗では、照明と一体型のスピーカーを使用することで、違和感がなく店内に映える方法です。

天井埋め込み型では、天井が高すぎると音の伝わりが悪くなるため注意しましょう。 程よい距離感を保つことで店内全体に音が響き渡ります。スピーカーがお客様から見えないため、雰囲気を損なうことがありません。

据え置き型は文字通り、スピーカーをそのまま店内の床や棚の上に置きます。
種類が豊富のため一見スピーカーに見えないものなど、デザイン性の高いものを置くことでインテリアとして利用できます。その場合は店内の内装に合ったものを選ぶのがおすすめです。

まとめ

店舗は外装や内装だけでなく、音楽も雰囲気を出すための重要なアイテムといえます。
飲食店や美容院、アパレル関係など、店内で音楽を流したい方は多いと思いますが、場所によっては音響設備工事をすることになります。その際には建物に防音加工に施さなくてはいけません。

天井や壁、床材などに防音機能が備わっていると、近隣の店舗や住宅に住む方とトラブルを起こさずに済みます。防音はドアなどの細かい部分にも施すのが一般的です。

また、アンプやミキサー、スピーカーなどを設置するためには、コードを多く用いることになりますが、アンペア数などをしっかりと把握した上で設置を行いましょう。配線などがショートしてしまうことがないよう、電気の容量にも配慮することが大切です。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

利用規約およびプライバシーポリシーについては各リンク先をご覧ください。