2018年5月18日

階段補修の費用相場とポイント

階段補修の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、外装・外構工事のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で階段補修しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

階段補修の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 階段補修 を行う場合の概算費用です。

鉄筋塗装
14〜30万円
木部塗装
10〜25万円
アクリル塗料
20〜40万円
ウレタン塗料
25〜55万円

階段 補修のポイント

階段 補修

階段はリズムで上がり降りするので、途中で段差の違う場所でもあると、リズムが狂って転びそうになります。そんな木造住宅の階段の補修について考えて見ましょう。階段の足を乗せる面を踏み板、奥の立ち上がった部分を蹴込み板と言います。この踏み板が長く使っているうちに、割れたり欠けたりする場合があります。また蹴込み板は比較的薄いので、大きな力がかかると割れる場合もあります。

踏み板も蹴込み板も一枚ずつ溝を切って嵌め込んでいるので、補修する場合も外した部分は元の溝に嵌め込んでキチッと取り付けしましょう。段の高さが変わるような事があると非常に危険なので、この高さには細心の注意を払って同じ高さになるように補修しましょう。また補修後に音鳴りの無い様に注意しましょう。

 

階段補修で費用をおさえるポイント

階段補修の費用は、使用する部材や施工方法、希望する補修の内容、および現状の設備状況によって違いが出てきます。階段の材質には主に鉄骨などの金属製や木製、コンクリート製のものがありますが、状態によっては素人でも補修をすることが可能です。木製の階段は小さなひびや隙間がある場合、充填剤(パテ)をひびや隙間に埋め込んでいきます。

この充填材はホームセンターなどで購入することができ、素人でも簡単に補修を行うことができます。しかし、大きな欠けがある場合には、同じ材質の木の形を整えて欠けている部分に差込みやはめ込みを行いますが、素人では難しい作業になります。そして鉄骨製の階段にはサビの発生や腐食等の劣化症状がありますが、サビ部分の補修や鋼板をかぶせて補修行う他、塗装が必要になります。

このような作業は素人では難しいので業者に依頼をしますが、業者にできるだけ費用をおさえた補修方法の提案をしてもらうと良いでしょう。またコンクリート製の階段は欠けやひび割れなどが現れてきやすいですが、木製階段と同様に状態によってはホームセンターなどで購入できるモルタルを塗って補修を行うことができます。階段補修では状態がひどい場合には業者に依頼をして、複数の業者から見積もりを取り、比較検討をしてみると良いでしょう。

階段補修とは?

階段の素材は主に木製や金属製、コンクリート製のものがありますが、素材や傷みの状態などによって補修内容も異なります。木製やコンクリート製の階段の場合、軽い傷やひび程度のものはホームセンターなどで購入した補修材を使用して自分で補修することも可能です。

しかし、傷みが激しい場合や金属製のものは素人では修理は難しいので、早めに専門の業者に依頼をして修理を行ってもらいましょう。

階段補修の種類とメリット

階段に使用されている材質は主に金属や木、コンクリートなどですが、補修内容は材質によって異なってきます。例えば鉄骨などの金属製の階段はサビが発生しやすい材質です。補修方法としてはサビを取り除いたり塗装を行います。また腐食している部分には鋼板をかぶせるなどして補修を行います。また木製の階段はひびや欠け、隙間がある場合、その部分に充填剤を埋め込んだり、木材を差し込んだりはめ込んだりする補修を行います。

そしてコンクリート製の階段はコンクリートの性質上、欠けやひびが発生することが多くなります。この場合はモルタルを塗るなどして補修を行います。その他にはウレタン防水や階段用塩ビシートで防水をしておくと劣化防止になります。このように階段補修では、材質により現れてくる劣化少々も様々で、劣化の状態によっては自分で補修できるものとできないものがあります。

階段に少しでも劣化症状や不具合がある場合は、業者に相談をして適切な補修方法の提案をしてもらうと良いでしょう。そして業者に依頼をすれば、補修後の仕上がりもきれいですし、やはり補修後のもちも違ってきます。階段が劣化している状態を放置しておくと、昇り降りの際にけがや事故につながってしまうこともあるので大変危険です。早めに補修を行うことが何より大切です。

階段補修を選ぶポイントと注意点

店舗やオフィスに設置されている階段は、傷んでいる可能性があるので定期的に修理や補修を行うことが必要になります。木製の階段は木材の痛みにより、歪みが発生することがあります。また金属製の階段の場合は、サビや腐食が現れてきます。

そしてコンクリート製の階段では欠けやひびが発生しやすくなります。いずれにしても不具合がある状態ではとても危険なので、早めの修理や補修が必要です。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

階段 補修のお役立ちコラム

Q.外階段の補修時期の見極め方って?

店舗やオフィスなどでは、施設によっては階段が設置されている場合があります。階段は一定期間が経過している場合では、傷みが発生している可能性を持っているために、時には修理や補修を行うことが必要になります。

例えば木製の階段を持っている場合では、木材が傷んでしまうことによって、歪みが発生することがあります。新しい木材に交換することが良い方法になりますが、目安としては一般的な体重を持った方が乗った際にグラつきなどが発生している場合では注意が必要になります。

また、金属製の階段の場合では、サビなどによって腐食が進行してしまうこともあります。見極め方としては、サビによって表面の塗料が剥がれ落ちることがあるために、下地調整を行って、再塗装を行うことが推奨されています。