2018年5月18日

駐車場アスファルト補修の費用相場とポイント

駐車場アスファルト補修の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、外装・外構工事のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で駐車場アスファルト補修しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

駐車場アスファルト補修の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 駐車場アスファルト補修 を行う場合の概算費用です。

5台
30〜40万円
10台
70〜100万円
20台
100〜150万円
50台
150〜200万円

駐車場アスファルト 補修のポイント

駐車場アスファルト 補修

駐車場は車の出入りがしやすい様に、コンクリートを打設したりアスファルト舗装するケースが多いです。そんな駐車場アスファルトの補修はどの様にしたら良いでしょうか。小さな欠けや割れのある場合は、その部分を現場でバーナーなどで暖めて、補修用のアスフアルトを詰めてその部分を再度バーナーで暖めてやると良いです。アスファルトが柔らかいうちに平らになるように押えてやりましょう。

補修箇所が大きい時は、補修面を掃除して接着用の溶剤を散布して、工場より溶解されたアスファルトを運んでローラーで抑えて平滑に仕上がるようにしましょう。気温の低い時はアスファルトの付きが悪く、剥離したり付く前に硬化したりして綺麗に仕上がらないので気温には注意しましょう。

 

駐車場アスファルト補修で費用をおさえるポイント

駐車場アスファルト補修の費用は、使用する部材や施工方法や補修内容、および現状の設備状況によって違いが出てきます。そして補修する面積によっても必要になる費用が異なります。アスファルトの劣化症状にはひび割れや、陥没による穴あき、水たまりなどありますが、劣化状態によっては部分的な補修や広範囲の補修をすることになります。

小さな穴や割れの場合はローラーなどの重機を使用せずに補修を行うことができるので、あまり費用もかかりません。小さな穴がある程度であれば、ホームセンターで購入できる補修材を使用して補修することが可能なので、費用をおさえることができます。しかし補修箇所が大きい場合や劣化症状がひどい場合、また何度もひび割れが発生する場合は、一度舗装をはがし地盤を補強して舗装をし直す必要があります。

このような場合は重機を使用しての補修となるため一般的な補修に比べると費用もかかってしまいます。また補修箇所が大きくなると剥ぎ取ったアスファルトの処分費も必要になります。業者にアスファルト補修を依頼する際には、複数の業者から見積もりを取って、比較検討すると良いでしょう。そしてなるべく費用をおさえたいという旨を伝えて、適切な施工内容の提案をしてもらって下さい。

駐車場アスファルト補修とは?

アスファルト舗装は、骨材(砕石・砂)とアスファルトを加熱したものを敷きならして転圧施工したものです。コンクリート舗装などに比べ、アスファルト舗装は耐用年数が低いため定期的にメンテナンスが必要になります。

劣化症状にはひび割れや、陥没による穴あき、水たまりなどの症状があります。このような破損や劣化を放置して補修を怠ると、車のタイヤに悪影響を与えるので早めに補修を行いましょう。

駐車場アスファルト補修の種類とメリット

店舗やオフィスなどで駐車場スペースを持っている場合には、駐車場の管理や補修をする必要が出てきます。アスファルトは材料単価が安いというメリットがありますが、劣化しやすい材質でもあります。経年劣化で現れてくる症状には、アスファルトのひび割れや剥がれ、くぼみなどですが、劣化状態によって部分的な補修か広範囲の補修かを選択することになります。

また区画線も剥がれて劣化してきたら区画線の引き直しも一緒に行ってもらうと良いでしょう。小さなかけや割れのある場合は、バーナーなどで温めて補修用のアスファルトを詰めて転圧をする方法があります。部分的なひび割れがある場合は、加熱注入型のひび割れシールを使用する方法があります。この工法は舗装内に雨水が浸入することを防ぎ耐候性にも優れ、舗装寿命を延命させることができます。そして、ひび割れの充填作業も簡単に行うことができます。

その他の部分的な補修方法には、劣化したアスファルトの上に新たに舗装をかぶせるオーバーレイ補修という方法がありますが、何度もひび割れなどが発生するという場合には地盤を補強して舗装をし直すという方法を取る場合があります。またアスファルト補修は小さな穴程度のものであれば、ホームセンターで購入できる補修材を使用して補修することも可能です。

このようにアスファルト補修には様々な方法がありますが、補修が必要となる場合には業者に依頼をして、適切な補修方法を提案してもらうと良いでしょう。

駐車場アスファルト補修を選ぶポイントと注意点

アスファルトは温度管理が重要で、高温になると軟化し低温になると硬化しやすいという性質を持っています。そのため夏の暑い時期や冬の寒い時期は、温度について注意する必要があります。

夏の時期はアスファルトの表面温度が50度以下になるまで開放することができません。また冬の時期はすぐに表面が固まってしまうので段取りよく作業を行わないと十分な締固めができなくなってしまいます。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

駐車場アスファルト 補修のお役立ちコラム

Q.駐車場アスファルトの補修時期の見極め方

店舗やオフィスの場合では、駐車場を完備していることが多い傾向にありますが、駐車場アスファルトの補修を行うことが必要になるケースがあります。

そのタイミングの見極め方としては、雨降りなどの日に雨水が多く溜まってしまう場所が出てくる場合があります。この状態の場合では、凹みがかなり進んでいることになるために、補修を行って平らに仕上げることが良い方法になります。

また、アスファルトの地面に亀裂が生じてしまっている状態のものも目にすることができます。亀裂の大きさによっては自転車や自動車のタイヤに悪影響を与えてしまう可能性を持っているために、早期に補修することが望ましいことになります。

補修に関しては、簡易的に施工できるアイテムが用意されているために、即日で完了させることも可能です。