2017年12月4日

排水管からの水漏れの修理方法と料金相場

排水管からの水漏れの修理方法と料金相場と料金相場を解説しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、トイレ水漏れ・つまりのトラブルに緊急駆けつけ・修理対応ができる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で排水管からの水漏れしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

排水管からの水漏れ自分で出来る対処法と修理費用

日常で利用することが多いトイレ。トイレの排水管は、水を循環させてスムーズに排水などを行うために欠かすことができないもので、人間の体で例えるのであれば血管に相当する重要な場所です。   それでは、この排水管に何らかの不具合が生じて、水漏れなどのトラブルが起きてしまった場合には、どのような対処法をとればいいのでしょうか? このページでは、自分でできるトイレの排水管が原因による水漏れの解消法や注意点などについてくわしく紹介していきたいと思います。

プロに依頼した場合の費用相場の目安

トイレの排水管の水漏れの修理費用の相場

トイレの水漏れ

8,000〜11,000円

タンク内部品交換(タンク脱着なし)

8,000〜12,000円

タンク内部品交換(タンク脱着あり)

12,000〜16,000円

フラッシュバルブ交換

8,000〜11,000円

トイレタンク交換(内部金具含む)

15,000〜18,000円

止水栓交換

8,000〜11,000円

排水管から水が漏れてしまう原因とは?

考えられる原因としては「汚れなどのつまり」「接続部品の緩み」「排水管の老朽化にともなう腐食や破損」などが挙げられます。

トイレットペーパーや便、固形物などで排水管がつまってしまった場合には、これらの障害を取り除くことで解消することができます。トイレ用の吸引ラバーカップなどを使ってみるといいでしょう。また、 接続部分が緩むことで排水管のつなぎめにすき間が生じてしまい、水が漏れ出てしまう場合には、この緩みを解消することで水漏れを止めることができます。

もし接続部品がサビついていたり、破損していたりした場合には、新しいものと交換しましょう。排水管の老朽化によって腐食や破損などの症状がある場合には、排水管自体を交換しなければなりません。

損傷箇所を塞いだりするなどの応急措置をすることは可能ですが、すぐに別の箇所から水が漏れてしまう可能性が高いです。速やかに専門業者に相談してきちんと修理してもらった方がよいでしょう。   ここでは、排水管にトイレットペーパーや便、固形物などがつまってしまった場合の解消法について、その手順などをくわしく紹介していきます。

排水管から水が漏れてしまった場合の直し方

ここでは、排水管にトイレットペーパーや便、固形物などがつまってしまった場合の解消法について、その手順などをくわしく紹介していきます。

用意しておくもの

  • ゴム手袋
  • 吸引ラバーカップ

吸引ラバーカップを使用する場合

吸引ラバーカップを便器のくぼみに押しつけるように固定。固定できたら吸引ラバーカップを上下に動かして、便器の奥にある「トイレットペーパー」「便」などを吸い寄せます。

※完全につまりが解消されていなかった場合、トイレタンクの水で流すと水があふれてしまう可能性があるため、必ずバケツの水を使うようにしましょう。

※お湯を使用するとつまってしまった「トイレットペーパー」や「便」を緩くしたり、溶かしたりして解消できる場合があります。沸騰しすぎない程度の温度(40~60℃)のお湯を300mlほど流し込んで少し放置した後に吸引ラバーカップを使用することで効果が向上しますので試してみるといいでしょう。   ただし、お湯が熱すぎると温度によって便器が割れてしまう場合あります。温度には十分に注意してください。

排水パイプから水漏れしている場合

タンクの直下、給水パイプの途中、便器につながっている部分のナットのゆるみを確認していきます。次に、内部の部品から水漏れが起きている場合には、パッキンの傷みが原因となっていることが考えられるので、この部分の確認も行っておきましょう。

パッキンの交換をする際には、止水栓をしっかりと閉じたあとに、タンクレバーを「大」に合わせてタンクの中にある水をすべて抜いてから行いましょう。

パイプを抜き取るときに手間取るようであれば、ホームセンターで購入することができる「ひもシール」を使って水漏れを直すようにするといいでしょう。スライドレンチなどでパイプのナットを取り外して「ひもテープ」を引っ張りながら巻き付けていき、ナットをしっかりと締めていきます。

トイレの壁や床から水漏れが見つかった場合

トイレの壁や床から水漏れが見つかった場合には、まずトイレの給水と排水のどちらのパイプから水漏れが発生しているかを確認しておく必要があります。

確認の方法としては、家で水を使っていない状態で水道メーターが回っていれば給水、回っていなければ排水パイプが原因でトラブル起こっていると考えられます。

給水・排水パイプが原因による水漏れの場合には、家の壁や床下をめぐっているために、パイプの状況によっては大掛かりな工事となってしまうケースもあります。そうなってしまうと、費用的にも大きくなってしまいますので、事前に見積りをしっかりと確認しておきましょう。

またアパートやマンションなどの集合住宅の場合には、共有部分からの水漏れが原因とも考えられます。その場合には、集合住宅の共有で入っている保険で対応することになるので、管理会社や管理組合にしっかりと連絡をするようにしましょう。

予防方法と注意点

排水パイプの水漏れを予防するには、やはり定期的なメンテナンスは欠かすことができません。

上記に挙げたパッキンなどの部品を交換したりするだけでも、高い確率で水漏れを回避することができますが、専門業者にお願いして、定期的なパイプクリーニングを行うことも大変効果があります。

業者が行うパイプクリーニングは、一般的に高圧洗浄を使用します。これはパイプ内に専用のノズルを入れて高圧で水を送りこみ、逆噴射しながらパイプの中を進んでクリーニングを行う方法。その際の汚れは手前にかき出されていきます。パイプクリーニングを行った後は、再度2~3分ほど高圧水を流しこむことで、細かい汚れを洗い流すことができるのです。こうして洗い流された細かい汚れなどは、基本的に屋外の排水ますに溜まっていきます。排水ますの洗浄も行うことができるので、併せて作業を依頼してみるといいでしょう。

業者によっては、排水管の末端辺りから行うのがいいといわれますが、ハーフ、オール洗浄を選択することができるので、ぜひ問い合わせして相談してみてください。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります