Thumb pixta 14997634 s
2017年12月5日

タンクの水が止まらない修理方法と料金相場

タンクの水が止まらない修理方法と料金相場を解説しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、トイレ水漏れ・つまりのトラブルに緊急駆けつけ・修理対応ができる、施工事例豊富な地域施工店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でタンクの水が止まらないしましょう。

3分で簡単入力! /

無料で見積もる

タンクの水が止まらない場合の解消法 - 自分で出来る対処法と修理費用

水洗トイレの場合、洗浄レバーを操作することにより、 タンクから水が流れ出てきて便器内の便などを洗い流すという仕組みになっています。

しかし、何らかの不具合が生じてしまうと、流れ出ている水が止まらなくなってしまうといったトラブルを引き起こしてしまうことがあるのです。

トイレタンクはシンプルな構造なので、その分少ないパーツのうちのひとつが劣化するだけでも、本来の機能を果たせなくなってしまうことが多いです。 そうなってしまうと、本来、タンクに溜まるはずの水が便器の方に漏れ出てしまったり、水洗レバーを元の位置に戻しても水が流れて止まらないといった、水漏れのトラブルを引き起こしてしまうことになるのです。

また、こうしたパーツの劣化によるもの以外でも、タンク内に異物が入ってなんらかの不具合を起こしてしまうと、通常の水の流れとは違う流れを引き起こすことにもつながってしまい、排水機能を邪魔してしまうことになります。

ここでは、そいったトラブルの原因を解説すると同時に、どうすれば不具合を解消できるのかについてくわしく紹介していきたいと思います。

プロに依頼した場合の費用相場の目安

トイレの水が止まらないときに、業者に対応を依頼した際の費用の目安をご紹介します。

各種トイレまわりの修理・交換対応と費用目安

タンク内部品交換(タンク脱着なし)

8,000〜12,000円

タンク内部品交換(タンク脱着あり)

12,000〜16,000円

フラッシュバルブ交換

8,000〜11,000円

トイレタンク交換(内部金具含む)

15,000〜18,000円

止水栓交換

8,000〜11,000円

ボールタップ交換

8,000〜11,000円

ロータンク密結パッキン交換

10,000〜11,000円

ロータンク給水管パッキン交換

8,000〜11,000円

ロータンク給水管交換

10,000〜13,000円

ゴムフロート交換

8,000〜11,000円

ロータンクサイフォン交換

10,000〜13,000円

水が止まらなくなってしまう原因とは?

トイレの水が止まらなくなってしまった時に、一番に考えられる原因としては、 何らかの要因により、止水栓とよばれる部分が開きすぎてしまい、過剰に水を送りこんでしまっている場合です。

考えられるのは、タンク内にある浮き球やポールタップなどの部品が劣化して、 本来の機能を果たせていないことが原因となっている場合や、異物が入り込んでいたりすることが原因で、 本来の水の流れとは違った流れを引き起こしてしまい、過剰に水が出てしまっている場合があります。

劣化したパーツを交換するための新しいパーツなどはメーカーやホームセンターなどで手に入れられますので、 問い合わせてみるといいでしょう。

改善方法を施しても水が流れ出る状況が続くようであれば、 速やかに専門業者に依頼して修理を行ってもらいましょう

トイレの水が止まらない場合の直し方

「水が止まらない」というトラブルには、上記で紹介したような解消法をとることが可能です。 ここでは、そのチェック方法、改善策についてくわしく紹介していきましょう。

用意しておくもの

  • ゴム手袋
  • マイナスドライバー

止水栓をチェックする方法

止水栓の位置を確認】
一般的に壁とタンクをつなぐ管の根元付近についています。 ねじにマイナスドライバーを合致させて右向きに回すと栓を閉じることができます。

止水栓が固くて回らない場合には、配管自体に損傷を与えてしまう恐れがあるので無理に回そうとはせずに、 専門業者に依頼してください。

浮き球をチェックする方法

【トイレタンクのふたを開けます】
浮き球が壁に引っかかっている、異物に引っかかっている場合にはそれらの障害を改善します。 正常な状態に戻して、レバーを操作して水が適度な量で流れることを確認すれば修理完了です。

ボールタップをチェックする方法

【トイレタンクのふたを開けます】
浮き球と給水管をつないでいる間にある部品がボールタップ。水垢やゴミなどが付着している場合には、 ボールタップ弁の開閉に異常が起きて給水が止まらなくなってしまいます。

汚れが付着している場合にはブラシやサンドペーパーなどを使用して取り除いていきましょう。 また、経年劣化などによる損傷がある場合には、交換をする必要があります。ホームセンターなどに売られているので、新しいものを購入して交換しましょう

予防方法と注意点

定期的なメンテナンスを行うことにより、原因をいち早く見つけて水が過剰に出過ぎてしまう要因を取り除くことが出来ます。 また、トイレタンク内の細かいパーツを事前に買い置きしておくと、迅速に対応することができるでしょう。

しかし、こういった細かいパーツの取り扱いは一つ手順を間違えるだけで大きなトラブルへと発展してしまう場合があります。 自身で取り扱う場合は、種類や方法をきちんと確認した上で行うようにしてください。

また、タンクの中を定期的に掃除しておくこともタンク内の環境を保つうえで欠かすことができないもののひとつです。 よくタンクを掃除するときに固形や液体タイプの洗浄剤を入れたりする方も多いと思いますが、 これらの方法はあくまでこれからの汚れの予防に効果を発揮するのであって、これまでに蓄積された汚れを取りきるということはできません。 そのため、3か月に一度くらいの頻度でもいいので、トイレタンクの中をキレイに掃除することをお勧めします。

掃除する際に用意するものは、中性洗剤と、細かい汚れをとるためにある程度の細さと長さをもったブラシ。 使い古した歯ブラシなどで代用することもできますが、タンクの奥の方にある汚れを取るためには、柄が長いブラシを準備しておくと便利です。 また、タンクにこびりついてしまっている頑固な汚れをとるには、耐水性のあるサンドペーパーを使ってみるのも非常に効果的です。

具体的な掃除方法は、まずはじめに、タンクの中にある細かいプラスチック製の部品を、ゆっくりと丁寧にブラシなどで掃除していきます。 「どの部分に取り付けられているかわからなくなる」という不安がある方は、掃除に入る前に写真を撮っておくといいでしょう。

次に、タンクのふた、本体の陶器部分も傷をつけないようにひとつひとつ丁寧に掃除。 中性洗剤とブラシだけでは落ちない頑固な汚れがあったら、耐水サンドペーパーを使ってみましょう。 水分を少々つけて、ゆっくりと擦ってあげると大抵の汚れはきれいになります。

しっかり汚れが落ちたら、洗剤と剥がれ落ちた汚れをきれいに流していきましょう。 上部の水がたまらない箇所も、水をかけて洗い流すようにするといいでしょう。

最後にタンクの中に洗浄剤などを入れておけば、ある程度の期間は、洗ったままの状態を保つことができます。 また、自分でメンテナンスを行うのが困難である場合には、専門業者に代行してもらうことも可能です。

\ 詳しいことはまず相談 /

安 心

リフォマ独自の審査で業者を厳選

厳しい施工店審査を実施!各ジャンル施工事例、施行したユーザーの口コミを確認して、安心・信頼できる施工店が見つかります。
簡 単

会員登録不要!依頼内容を送信するだけ

地域の郵便番号を入力するだけで、近くの施工店を簡単に探して問い合わせできます。
最 安

手数料なしの直接取り引き

施工店との直接取り引きで、中間マージンをカット!商品・工事費コミコミの価格で、各施工店の価格・情報をじっくり比較できます。