2018年5月22日

洋室リフォームの費用相場とポイント

洋室リフォームの金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、内装その他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で洋室リフォームしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

洋室リフォームの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 洋室リフォーム を行う場合の概算費用です。

寝室または子供部屋のリフォーム
10〜150万円
ダイニング・リビングのリフォーム
40〜300万円
畳の和室をフローリングの洋室にリフォーム
10〜50万円
天井・壁の壁紙(クロス)の張替え
4〜10万円
ふすまを洋風建具にする
8〜10万円
カーペットからフローリングに張替え
7〜50万円

洋室リフォームのポイント

洋室リフォーム

費用が大きく変わるポイント
壁や床、天井に使用される素材は、消臭・抗菌といった空気清浄機能のある素材、吸放湿性・保温性・耐熱性が高い素材、珪藻土といった天然素材など、機能面を重視した商品も豊富にあります。また、部屋が広くなればその分必要な材料も多くなるので、選ぶ素材のグレードや機能、さらに部屋の広さによっても費用は大きく異なってきます。

ダイニングやリビングのリフォームは、別々だった部屋をひとつにして広い空間を作りたいと思われる方が増えているようです。その際には、壁材や床材などの交換だけでなく、間仕切り壁の撤去工事なども加わるのでその分費用も上がります。また、リビングとキッチンの間取りを変えると給排水管や排気用ダクト、電気配線等の工事も必要となることがあり、さらに費用が上がります。

和室から洋室にリフォームする場合、和室では柱が見える真壁構造なのに対し、一般的な洋室は柱の上から石膏ボードを張る大壁構造なので、これを変更する工事が必要になります。また、床組の高さを揃える工事も必要となることが多いため、工事費用が高くなるケースがほとんどです。

洋室リフォームの費用データ

一般的な洋室リフォームの費用は、40万円~300万円程度、部分的な洋室リフォームでは4万円~150万円が相場と言えるでしょう。

それでは、洋室リフォームのよくある施工事例と、費用の概算を見ていきましょう。
※下記の費用は様々な施工費用、機器類の撤去処分費用なども含んだ洋室リフォームの概算費用であり、実際の洋室リフォームの状況や必要諸経費等で変わっていきます。

実際にかかった費用の割合

実際にかかった費用の割合

施工場所と価格相場

寝室または子供部屋のリフォーム
10~150万円
ダイニング・リビングのリフォーム
40~300万円
畳の和室をフローリングの洋室にリフォーム
10~50万円
天井・壁の壁紙(クロス)の張替え
4~10万円
ふすまを洋風建具にする 
8~10万円
カーペットからフローリングに張替え
7~50万円

 

洋室リフォームで費用を抑えるポイント

洋室リフォームでもっとも費用がかかるのが、和室を洋室にするリフォームです。この和室を洋室に変えるリフォームで費用を抑える場合は、畳をクッションフロアにするだけという方法があります。古いアパートなどでよく使われているリフォームで、床材をフローリング風のクッションフロアにするだけで、費用を抑えて洋室風の仕上がりにすることができます。

畳をクッションフロアにするのはひとつの例ですが、洋室リフォームをするときに費用を上げてしまうのは「こだわり」です。床材をフローリングにしたい。壁紙も洋風にしたい。天井も張り替えて、部屋の柱も目立たなくしたい。希望を出せばだすほど業者は応じてくれますが、費用はどんどん膨れ上がっていきます。「これくらいでいいかな」という着地点を決めておかなければ、洋室リフォームの費用を抑えることは難しくなります。

また、洋室リフォームを行うにあたって、費用を左右するのが業者選びです。こだわりの資材を使ってリフォームをする業者の仕上がりはきれいですが、費用も高くなります。反対に安すぎる業者は資材も安物で、仕上がりも雑になる傾向にあります。そのような業者に依頼しないためにも、洋室リフォーム時には3,4社に見積り依頼をすることをおすすめします。

洋室リフォームとは

洋室リフォームは床材や壁紙の張替えを行なったり、内窓をつけたりするリフォームですが、ひとつの部屋を2つに区切ったり、反対に複数の部屋をひとつにしたりするリフォームなども行います。
人気の高い洋室リフォームは和室を洋室にするリフォームで、その他に子供部屋を書斎にするリフォームなど、ライフスタイルの変化に合わせて部屋をリフォームするケースが増えています。

洋室リフォームの種類とメリット

洋室リフォームはリフォームしたい場所に合わせていくつかに分類することができます。ここでは、それぞれの特徴やメリットについて紹介します。

内窓リフォーム
窓に内窓をつけることで断熱性や防音性を高めることができます。費用を抑える場合は2重窓にせずに、既存の窓のガラスだけを交換するというリフォーム方法もあります。内窓をつけることで防犯性も高くなるため、1階の洋室におすすめのリフォームです。

フローリング・クロス張替え
床材や壁材には寿命があります。古くなった床材をそのまま使っていると、床材の下地まで傷んでしまうことがあるため、定期的に張替えを行う必要があります。壁紙も長年使っていると古くなりますので、部屋のイメージよくするためにも張替えが必要になります。

部屋の間仕切りリフォーム
子供部屋に間仕切りを入れることで、共同にしていた子供部屋を一人ひとりの専用に部屋にすることができます。子どもの成長に合わせて個室を作ることができますので、子供部屋が足りないという理由で引越しをする必要がなくなります。

和室を洋室にリフォーム
最も人気のあるリフォームです。和室はバリアフリーの面から見ても出入りしにくい部屋になるため、フリーリングの洋室に変えるケースが増えています。ただし、何年後かに「やっぱり和室がいい」と、和室に戻すというような人も少なくありませんので、和室を洋室に変えるときはよく考えてから行いましょう。

洋室リフォームを選ぶポイントと注意点

洋室リフォームをするときに注意したいのが、その期間部屋を使うことができないということです。床材やクロスの張り替えだけであれば1,2日で終りますが、和室を洋室にするような場合はさらに時間がかかります。
リフォームをする部屋が生活空間であれ場合は、その期間部屋を使うことができなくなるため、工事期間中の暮らしについて事前にきちんと決めておくようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

洋室リフォームのお役立ちコラム

Q.洋室リフォームの間取り変更で注意するべきことって?

間取り変更は、キッチンの配置を変えてダイニングスペースを広く取ったり、使わなくなった子ども部屋と隣の部屋とを合わせてひとつの広い部屋にしたりするなど、主にライフスタイルやの家族構成の変化によって行なう場合が多いようです。

間取りの変更を検討する際には、どんな構造・工法で建てられた住宅でも、柱・梁・耐力壁といった構造体は、移動も撤去も基本的にはできないということを理解しておく必要があります。

住宅の主な構造体が、柱、梁と、筋交いのある壁である軸組工法では、筋交いのない壁は比較的簡単に移動、撤去することができます。基本的に柱は撤去できないと上述しましたが、どうしても撤去したい柱がある場合は、きちんと構造計算をし、梁を鉄骨等で補強することで、移動・撤去が可能になる場合もあります。ただし、強度だけではなく、建物全体のバランスも考える必要があるので、必ず、構造がきちんと分かっている業者さんと相談しながら検討しなければなりません。

壁と床がパネルで構成され、そのパネル自体が構造体である2×4工法では、壁の多くが構造体であるため、変更できる間取りの選択肢が少ないです。窓や扉などにも制限があり、開口部を単純に広げることができません。ただし、2×4工法には明確なルールがあるので、それをきちんと理解している業者さんに相談すれば、複雑な構造計算をすることもなく、かえって問題なく変更できることもあるようです。

また、キッチンを含む間取り変更についても、注意が必要です。元の水周りから遠い場所に配置すると、給排水管や排気用ダクト等の工事が別途必要となり、大変になるケースが多いです。

このように間取り変更は、かなり専門的な知識が必要であり、費用もかかるリフォームなので、複数の専門の業者さんに相談して検討することをお勧めします。