2018年5月22日

シャッター取付・修理の費用相場とポイント

シャッターの取付や修理にどれくらいの費用がかかるかご存知ですか?取付るシャッターの材質や操作方法で、価格が倍以上変わることも珍しくありません。シャッターの取付・修理費用の目安や、価格に違いが生まれるポイントをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

シャッター取付・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした シャッター取付・修理 を行う場合の概算費用です。

窓用シャッターの取付
8〜15万円
ガレージの手動シャッターの取付
10〜25万円
ガレージの電動シャッターの取付
30〜50万円
シャッターの鍵の交換
0.3〜2万円

無料一括見積りであなたの場合の費用感を把握しませんか?

シャッターの取付設置は、既存シャッター撤去の必要性の有無や、どのようなシャッターを取り付けるかによって費用が変わって来ます。

優良業者に依頼して適性価格でリフォームをしたい。でも業者を探して依頼するのが初めてという方。 無料一括見積もりであなたの場合の費用感を把握しませんか?

施工業者1000社以上、全国47都道府県対応、90万人以上が利用する「リフォマ」の一括見積りなら、気になるリフォームの適正費用はもちろん、厳しい審査基準を通った安心の施工業者を探すことができます。

まずは気軽な一括見積りで、あなたの場合の費用感を把握しませんか?

シャッター改修とは

主に家の外部に設置され、頻繁に開閉が行われるシャッターは、経年と共に雨風の影響などから劣化が見られるようになります。 その際はシャッターの改修が必要ですが、シャッター改修の場合、既存のシャッターを撤去する必要があるので、厳密には交換ということになります
交換には費用もかかるので、取付の時点で適切な判断が必要です。

シャッターは、中古品で商品販売されている場合もありますが、価格の安さだけで購入してしまうと、取付けた後で欠陥が見つかる場合があります。
また、設置の際は価格を抑えることを重視し手動シャッターで取付けたものの、後から不便さから電動シャッターにしておけば良かったと後悔されるケースも多く見られます。最近では電動機能を後付けできる商品も増えてきていますが、型の古いものであれば変更ができず、交換になる場合があります。

シャッター交換が必要な場合

シャッター交換が必要になる状況は以下の通りです。

  • 手動シャッターから電動シャッターに交換したい
  • 長年使用し続けた経年劣化による寿命
  • 地震や台風による天災、衝突事故による人災によって大きく損傷した場合

劣化が進んでいたり、外部的要因によって大きく損傷した時、つまり修理という小さい範囲の中では対処しきれなくなると、交換に至る場合が多くなります。
手動シャッターから電動シャッターに変更したい場合は、まずはメーカーに後付けとしての改修が可能かどうか問い合わせてみましょう。
後付けが可能であれば、撤去の必要がなくなるので費用を抑えることができます。

シャッターを交換する際にかかる費用と期間

既存のシャッターを交換しようとした場合、どの程度の費用と期間が必要なのでしょうか。ここからは費用相場と、作業期間を見ていきましょう。

シャッター交換の費用

シャッターの交換は、取付け費用と別に撤去費用が発生します。一般的な撤去費用の相場は2万円~5万円です。

ガレージなどのシャッターを交換する際は、損傷範囲をあらかじめ確認しておく必要があります。例えば地震、台風、事故などによる大きな損傷からシャッターの交換を検討する場合、ガレージ本体にも損傷がないかどうか確認しておきましょう。

ガレージのシャッターの場合、シャッターはガレージに取付けるためガレージの状態も重要となります。 ガレージの状態が悪ければ、シャッターを交換してもすぐに問題が発生するまたは取り付け自体が難しい場合も考えられます。
この場合、ガレージごとの修理を行うかガレージを交換する必要がありますので、ご自身で判断できない場合は業者に状態を確認してもらいましょう。

シャッター交換の期間

シャッター交換にかかる期間は、撤去から新しいシャッターへの交換まで、1日以内で終わることがほとんどです。
ガレージの改修も同時に行う場合は期間はが増えますが、シャッター部分のみであれば期間は要しません。
しかし施工店が現場から遠い場所にある場合などは、移動や廃材の撤去に時間を要する場合があります。それでも全体で3日以内には完了します。

シャッター取付・修理とは


シャッターと聞くと、ガレージや店先のシャッターをイメージする方は多いでしょう。
しかし、最近は雨戸の代わりに防犯性の高いシャッターを導入する方が増えています。

手動のシャッターだけでなく、リモコンやスイッチひとつで開閉可能な電動シャッターもあります。
最新の電動シャッターは、タイマーで開閉時間を設定できるものもあり、操作上のストレスはありません。

シャッター取付、修理のポイント

シャッターは、車庫や店舗など開口面積が広い場所の防犯に便利です。
外部に設置されるため、特に外に面したスラットは腐食やサビが発生しやすくなりますので、状態が悪化する前にこまめなメンテナンスが必要です。 錆びにくさから、ステンレス製やアルミ製のシャッターが良く使われます。

錆び付きからキーキーと嫌な音がする場合は、潤滑油で解決できることが多くあります。放置してしまうとシャッターの巻き込みに支障が出ることもありますので、早めに対処しましょう。 また、錆びつきで見た目が悪くなった場合や落書きなどされてしまった場合は、塗装でカバーすることができます。

どうしても錆びやすい状況下におかれるシャッターは、損傷や錆びが起こりやすく、またそこからの劣化も早くなります。 気づいたら早めにメンテナンスをして、劣化を食い止めることが長くきれいに使うための秘訣となります。

シャッター取付、修理、改修の費用データ

高さ2.5m幅3mのシャッターを取り付ける場合、手動タイプなら工事費込みで10万円程、電動タイプなら工事費込みで23万円程かかります。 修理の費用は1~3万円が相場ですが、手動のものは安く、電動のものは高くなる傾向にあります。

シャッター取付・修理で費用を抑えるポイント

シャッターの取付・修理の費用を抑えるためには、デザイン性などを重視せず、錆びにくいなどの機能性を持ったシンプルで価格が抑えられているシャッターを選ぶことがポイントになります。

価格を抑えることばかり重視し、錆びやすい素材や中古品を購入してしまうことがないよう注意しましょう。 劣化が早く結果的に早い段階で交換を検討しなくてはならないことになれば、それだけさらに費用が掛かってしまいます。

また、電動の場合、配線工事なども必要になり、手動の倍以上の価格になることもあるため、価格を重視する場合は手動シャッターを選ぶことになります。
主なシャッターの耐久年数は10~15年程度ですが、10年先も手動で問題ないかどうか、ご家族構成も視野に入れて検討しましょう。

例えばガレージのシャッターを手動にした場合、天気の悪い日でも出かける度にいちいち車を降りてシャッターの開閉作業を行う必要がありますし、小さなお子さんがいる場合は抱いたまま作業をしなくてはならない場合もあるかもしれません。また、年齢と共に重たいシャッターの開閉が困難になる場合もあります。

いくら費用を抑えても満足度が低ければ、リフォームし直す可能性もあり、結果的に費用が高くなる場合もあります。
工事を依頼する前に機能の必要性などもしっかり検討した上でシャッター選びをましょう。

また、施工業者も慎重に選ぶことが大切です。
シャッターの取付・修理・交換の費用は、業者によって違いがあります。
相場よりも明らかに高い見積もりを出してくる業者に当たる場合もありますので、複数の業者に見積もり依頼をしてもらいましょう。

シャッター取付・修理の種類と特徴

シャッターは設置する場所や、シャッターの材質、操作方法などによっていくつかに分類することができます。
ここではよく使われるシャッターの種類と特徴をご紹介します。

設置する場所による分類

シャッターのほとんどは、ガレージか窓に設置することになります。
ガレージシャッターは防犯性を高めることができ、盗難やいたずらから車を守ることができます。

窓シャッターは防犯性を高めるとともに、台風などから窓ガラスを守る役割があります。
台風が多い地域では家を守るためにも、窓シャッターの設置をおすすめします。

操作方法による分類

手動シャッターと電動シャッターに分類することができます。
手動シャッターは、従来のポピュラーなもので取付費用も修理費用も抑えることができますが、開閉は手動で行う必要があります。
電動シャッターは手動シャッターと比較すると高額ですが、リモコンやスイッチのボタン1つで開閉可能という利便性の高さがあります。

材質による分類

シャッターの材質には、ステンレス・鉄・アルミ・木製などが使われています。
木製のシャッターはデザイン性の高いガレージなどに採用され、一般的なシャッターは安価な鉄に塗装したものが使われます。

鉄のシャッターは重たく、錆びやすいというデメリットもあるため、錆びにくいステンレスを採用したシャッターや、同じく錆びにくく軽量のアルミを採用したシャッターも人気があります。

窓シャッターの防犯性と注意点

防犯のために窓シャッターを取り付ける家が増えてきました。
確かに窓シャッターは防犯効果があるのですが、シャッターを付ければ絶対に安心というわけではないことを覚えておきましょう。

防犯ガラスは、1箇所8万円ほど価格が高くなりますが、シャッターだけに防犯を任せるのではなく、防犯ガラスと合わせて使い二重に防犯性を高めるようにする事が大切です。
窓の鍵も必ず閉めたうえで、シャッターを締めるようにします。

また、シャッターを閉めっぱなしにすることは返って危険な場合があります。「この家は長い間留守にしている」と泥棒に教えているようなものになり、目を付けられてしまう可能性がありますので、夜に閉めても朝には開け、締めていても窓の鍵までしっかり閉めておくようにしましょう。

まとめ

シャッターの取付・修理費用や価格の違いのポイントをご紹介しました。
シャッターは電動のものやデザイン性の高さなど、付加価値がつけば価格は高くなります。

手動で妥協したりシンプルなデザインのものを選ぶことで価格は抑えられますが、使い勝手が悪ければまた交換を検討しなくてはいけない可能性もあります。 費用とライフスタイルのバランスを考えながら、取付るべきシャッターを決めていきましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

シャッター取付、修理のお役立ちコラム

Q.シャッター取付(修理)に必要なことって?

住宅にシャッターなどを取付けしたり、修理などを行って、新しいものへと交換するようなシーンがありますが、この場合では使用目的によって事前に調査を行う必要があります。

例えば自動車を収納するガレージと物置を併用して使用することを希望されている方の場合では、自動車の幅や高さなどを十分に計測した上でシャッターを選択することが必要になります。

また、冬期間などに、まとまった積雪のある地域にお住まいの方の場合では、屋根に降り積もる雪の重さなどを十分に考慮することも大切になります。現在では耐雪用のシャッターも販売されていて、耐久性に優れたものも用意されています。

その他の温暖な地域の方の場合では、雨水などの進入経路を予め計算し、ダクトや勾配などを用意することも必要になります。