2018年5月18日

電動シャッター取付・修理の費用相場とポイント

電動シャッター取付・修理の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、外装・外構工事のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で電動シャッター取付・修理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

電動シャッター取付・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 電動シャッター取付・修理 を行う場合の概算費用です。

小型シャッター
9〜12万円
スタンダード
22〜26万円
ワイドタイプ
40〜45万円
アルミ
70〜80万円

電動シャッター 取付、修理のポイント

手動シャッターは上げ下げするたびに、大きな音がしたり手間が面倒です。電動シャッターにすると開閉の際に音が静かで、リモコンひとつの操作で便利です。電動シャッターを取付する方法と、もともとある手動シャッターの取り巻きシャフトを電動に交換するだけで快適な電動シャッターに出来る方法があります。使っていくうちに不具合が出てくることもありますが、開閉時に変な音がする、動きがスムーズじゃなくなったなど簡単なものなら自分で修理が出来ます。

シリコンスプレーをレールに沿って吹き付ければスムーズになり音もなくなります。 ただし、シリコンスプレーでも音がなくならない場合は故障のサインで注意が必要です。動かなくなった場合、パーツが潰れていたりすることがあるので、修理専門業者さんに相談して取り換えてもらいましょう。

 

電動シャッター取付・修理で費用を抑えるポイント

電動シャッターの取付・修理の費用を抑えるための方法のひとつが、従来の手動シャッターを電動化するという方法があります。すべての手動シャッターで対応できるわけではありませんが、手動シャッターを電動化することができると、費用を大幅に下げることができます。ただし、最新のシャッターのような静音性は期待できませんので、どうしても費用を抑えたいとき以外は、新規で取付するようにしましょう。

窓の電動シャッターの場合は、いまある窓にそのまま取付できるシャッターがおすすめです。外壁を取り壊す必要もなく、窓もそのまま使用することができます。工事期間も短いため、窓ごと交換するよりも安く電動シャッターを導入することができます。工事費用が安い業者に依頼することも費用を安くするポイントになります。3,4社から見積もりを取って、高値の業者に依頼するようなことがないようにしてください。

費用を抑えることは大事ですが、あまり費用を抑えすぎると、せっかく電動シャッターを取付たのに、満足度が低くなってしまうことがあります。シャッター音がうるさいものや、使い勝手が悪い安物のシャッターで工事をしてしまわないように気をつけましょう。電動シャッターのある快適な暮らしを手に入れるには、ある程度の出費は必要なものと考えましょう。

電動シャッター取付・修理とは

電動シャッターはガレージだけでなく、防犯のために部屋の窓にも施工されるケースが増えているリフォームになります。一般的には家を建てるときに導入するのが理想ですが、既存の窓に後付することも可能で、既存の手動シャッターを電動化することもできます。
電動シャッターを導入することで、セキュリティを強化することができます。100%の防犯ではありませんが、空き巣に入られる確率を下げることができます。

電動シャッター取付・修理の種類とメリット

電動シャッターは取付する場所や方法によって種類を分けることができます。ここでは一般的な電動シャッターの特徴とメリットについて紹介します。

電動ガレージシャッター
ガレージのシャッターを電動シャッターにすることで、車からの乗り降りなしにガレージに駐車することができます。アルミ製や木製など、さまざまな種類やデザインがあり、防犯性も高いためガレージの手動シャッターをリフォームして電動シャッターに換えるケースが増えています。

電動窓シャッター
手動の窓シャッターの場合は、シャッターを閉めるのに窓を開ける必要があり、夏などは虫が室内に入ってくる原因になっていました。電動シャッターにすることで、窓を閉めたままシャッターの開閉が可能になり、虫の侵入を防ぐことができるようになります。また、タイマー機能のある電動シャッターにすると、自動でシャッターの開け閉めをしてくれるため、シャッターの閉め忘れがなくなり、防犯面からもとても効果的なリフォームになります。

シャッター電動化キット
既存のシャッターを電動化するキットを用いて、リフォームすることができます。シャッターを購入する必要がないため、費用を抑えて電動シャッターを導入することができます。すべての手動シャッターに対応しているわけではありませんが、手軽に電動シャッターのある生活を始めることが出来るため、人気の高い電動シャッターリフォームのひとつになります。

電動シャッター取付・修理を選ぶポイントと注意点

電動シャッターを導入するにあたって、気をつけたいのが停電時の対応です。大手メーカーの電動シャッターは停電時に内側から手動で開けることができるようになっていますが、電動シャッターによっては、完全に動かなくなってしまうものもあります。
電動シャッターを選ぶときは、多少値段が高くても停電時に動かすことができるシャッターを選ぶようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

電動シャッター 取付、修理のお役立ちコラム

Q.電動シャッターの取付(修理)の注意点って?

電源が100Vで良いのか200Vが必要かを確認しましょう。そして修理や故障のときなどのために、シャッター専用回路を取り、ブレーカーを必ず設けるようにしましょう。

風雨に晒されたり土間に接するシャッターレールや框は、錆びにくいステンレス製にすると良いです。また出入口はシャッター部分だけでなく、他に一箇所小さくても良いので出入口を設けましょう。万が一の停電などの時に、出入りの出来るように出入口を確保しておきましょう。

修理の時はブレーカーを落として、修理をするように注意しましょう。