2018年5月18日

クモ駆除の費用相場とポイント

クモ駆除の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、その他害虫予防・駆除のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でクモ駆除しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

クモ駆除の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした クモ駆除 を行う場合の概算費用です。

10㎡
1万円以上

クモ駆除の費用は、駆除方法や駆除範囲(面積)、及びお住まいの状況などの諸条件によって変わります。

クモ駆除のポイント

クモ駆除

クモの駆除をする場合には、現在、目の前にいるクモの駆除だけではなく、将来にわたって駆除することも考慮して作業をする必要があります。目の前のクモを駆除するためには、スプレー式殺虫剤などを利用すれば、簡単に駆除できます。クモ自身は薬剤に強いわけではないので特に注意する点はありません。

クモと言えば蜘蛛の巣です。蜘蛛がいなくなっても蜘蛛の巣があればあまり意味がありません。蜘蛛の忌避性や薬効の残効性のある殺虫剤を噴霧することで、巣作りの予防をします。

それ以外の予防としては、根本的な原因対策が必要です。蜘蛛は餌が取りやすい場所、つまり虫の集まりやすい照明付近などに巣を張ります。この照明を防虫仕様のランプや蛍光灯に変換することで、虫の飛来量を抑えることができます。

  

クモ駆除で費用を抑えるポイント

クモ駆除の費用を抑える方法は自分で殺虫スプレーを購入して駆除することです。ほとんどのクモはそれだけで駆除することができますので、基本的には自分で駆除することをおすすめします。ただし、クモによっては非常に危険なクモもいます。ニュースになって話題になったセアカゴケグモなどがそれにあたり、できれば危険なクモや大きなクモは、安全面も考えて業者に依頼するようにしましょう。

クモが巣を張らないように定期的に殺虫剤を散布することも、クモ駆除費用を抑えるためには有効です。クモが巣を張るから駆除が必要になるのですから、クモが巣を張りやすい場所にあらかじめ殺虫剤を散布してもらい、その効果がなくなる前にまた差駐在を散布するということを繰り返すことで、クモが寄り付かない家にすることが可能です。

業者に依頼すると費用が高くなりますが、確実性も高くなります。業者が駆除することでクモに悩まされることも減るはずです。業者に依頼するにしても費用は抑えたいとろこですよね。そんなときは複数の業者に見積り依頼をするようにしましょう。トラブルになることが多いため、極端に見積もり金額が高い業者や低い業者は避けて、相場に近い価格で作業してくれる業者を選びましょう。

クモ駆除とは

クモの駆除は一般的に害虫駆除を行っている業者に依頼することになります。業務用の殺虫剤などを使用してクモの駆除とクモの巣の除去を行い、クモが巣を張りやすい場所には殺虫剤を散布しておくことで、クモが近づかないようにクモの巣予防を行います。冬はクモの発生はあまりありませんので、暖かい季節に年に2回程度のメンテナンスをすることで、クモが近づきにくい環境を整えることができます。

クモ駆除の種類とメリット

クモを駆除には即効性が高い薬剤で駆除する方法と、クモが寄り付かないための予防としての駆除方法を活用します。ここではそれぞれの特徴やメリットについて紹介します。

殺虫剤による駆除
クモの駆除は基本的に一匹ごとに駆除をしていくことになります。クモスプレーと呼ばれる業務用のスプレーをクモに吹き付けることで、クモを駆除することになります。ほとんどのクモはこの殺虫剤で駆除することが可能です。

殺虫剤による予防
クモスプレーの中でも残効性の高い殺虫剤があります。クモを除去するときに残効性の高いスプレーを使うことで、新しいクモが同じ場所に巣を作るのを防ぐことができます。業者が行う場合には噴霧器などを利用して、クモが巣を貼りやすい場所全体に殺虫剤を散布します。

クモが巣を作る原因の排除
クモを駆除するにはクモが巣を作る原因を取り除く必要があります。その原因が蛾や蚊などの小さな虫です。小さな虫がいるからクモはそこに巣を張ります。コンビニエンスストアの蛍光灯などを見るとクモの巣だらけなのがわかると思います。このためクモが巣を張らないように、虫が寄ってこないための対策が必要になります。

防虫対策がされている蛍光灯や、窓ガラス用の防虫フィルムなどを使用することで、クモの餌となる小さな虫を家に近づけないようにすることが可能になります。これらと残効性の高い殺虫剤を組み合わせることでクモの巣予防を行います。

クモ駆除を選ぶポイントと注意点

クモは人間にとってはジャマな存在と思いがちですが、実は益虫でもあるということはあまり知られていません。クモはゴキブリやダニなどを餌とするため、クモがいることで家の中が快適になるという一面もあります。セアカゴケグモのような危険なクモでなければ、必ず駆除しなくてはいけないというものではありません。クモの巣が目に余るのでなければ放置するという選択肢も持っておきましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

クモ駆除のお役立ちコラム

Q.クモ駆除って必要?

生活環境を快適に保つためには、ある程度のクモの駆除は必要といえるでしょう。

夏場になると、クモの巣がよくできるものです。よく家の周りを、長いホウキなどでクモの巣を取っているのを見かけます。 それは家の周りにもできるのですが、家の中においてもところ構わずできるのです。それは夜の間にクモが作っていることが多く、朝になってみつけることがよくあります。

毎日作るクモの巣にこりごりしますし気づかないで通った時に、自分にクモの巣がついたときはうんざりとします。自分の顔にクモの巣が、ついてしまったら簡単にとれないのです。

そんなクモの巣は、クモ駆除で対処できます。クモ駆除業社に依頼すれば、駆除に有効な方法で対策を考えてもらえ実行してもらえますので解決ができるのです。