2018年5月18日

解体工事の費用相場とポイント

解体工事の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、店舗・オフィスその他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で解体工事しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

解体工事の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 解体工事 を行う場合の概算費用です。

木造解体
40〜100万円
軽量鉄骨解体
45〜120万円
鉄骨造解体
100〜200万円
RC解体
150〜300万円

解体工事の費用は、使用する部材や施工方法、ご希望される解体工事の内容、及び現状の設備状況などの諸条件によって変わります。

  

解体工事で費用を抑えるポイント

家の解体工事の費用を抑えるポイントのひとつとして、年度末に依頼しないということです。
年度末はどこの業者も公共事業などで忙しくしていますので、人手が足りていないため、このタイミングで解体工事を行うと、どうしても人件費が嵩んでしまうため、解体工事の費用が高くなってしまいます。年度末に解体工事を依頼するのではなく、新年度となる4月以降に解体工事を行いましょう。

解体工事で費用が高くなる要因のひとつとして、ゴミを一緒に捨ててしまうことにあります。
家を解体するのだからと家具を一緒に解体してもらうのならまだいいのですが、その中に不要になった衣類などをいれっぱなしにしていると、業者は分類しなくてはいけなくなるため、その費用とゴミ処理の料金が追加で加わることになります。費用を抑えたいのであれば解体前に家の中は空に近い状態にしておきましょう

解体工事業者選びも、解体工事の費用を抑えるためのポイントになります。
解体工事は解体工事専門業者が行うため、ハウスメーカーなどに依頼しても専門の業者が解体を行うことになります。そのため解体工事と建築工事を別々の業者に依頼をすることで、中間マージンなどの削減を図り、トータルコストを抑えることができることがあります。

最も安く解体工事を行うには解体業者に直接依頼をすることですが、個人からの依頼を請けていない業者や、責任を持って作業をしてくれない業者もあります。割高でも工務店などを通して依頼をするほうが、安心して解体工事を進めることも出来ます。最適な解体工事業者が見つからない場合は、工務店に相談するようにしましょう。

解体工事とは

解体工事

新築を建てるときに既存の家を解体し、更地にして新たに立て直すケースがあります。
このようなときに依頼するのが解体工事です。

解体工事の種類とメリット

一般的な解体工事は家屋の解体工事になりますが、家屋の解体以外にも解体工事にはいくつかの種類があります。ここでは解体工事の種類とその特徴やメリットを紹介します。

家屋解体工事
最も一般的な解体工事になります。土地を更地に戻したり、家を建て直したりするようなケースで家屋の解体工事を行います。建物の構造によって費用は変わってきますが、木造でもRC構造でも解体することが可能です。粉塵や騒音が問題になるケースが多いため、専門の知識を持った業者に依頼する必要があります。

スケルトン解体
建物の構造物だけ残して解体を行う工事です。飲食店などで内装だけを変えたいようなケースで行われる解体工事で、マンションなどでもリフォームやリノベーション目的でスケルトン解体を行うことがあります。

庭やブロックの解体工事
建物は残したまま、その周辺を解体する工事です。スペースを確保するために、ブロック塀を解体したり、あまり役に立っていない門扉を撤去したり、庭を駐車場にするための解体などを行います。家の使い勝手をよくするための解体工事で、それほど時間をかけずに解体することが出来ます。

アスベスト除去工事
最近はあまり問題にならなくなってきましたが、実際にはこれからアスベストを用いて作られた物件の老朽化が始まります。飛散すると肺がんなどのリスクがあるため、解体に高い技術が求められる工事になります。

解体工事を選ぶポイントと注意点

解体工事をする場合、何よりも注意したいのが、ご近所とのトラブル・近隣への配慮です。

どれだけ慎重に行っても大きな音や多量のホコリなどが出てしまいますので、解体工事を行う前に近所へ挨拶を理解を求めることが重要なポイントです。
解体工事業者さんの中にはそのあたりもしっかりとケアしてくれるところがありますから、解体工事業者さん選びのポイントとしてもいいでしょう。

優良な解体工事業者さんは、最初から終りまでしっかりと対応してくれますので、解体業者さん選びは料金だけでなくどういったことをしてくれるのかも確認しましょう。
自分で挨拶を行うべきか解体工事業者さんに任すべきか、事前に打ち合わせをして決めておきましょう。近所づきあいもありますから、解体工事業者業者さんとは別に直接挨拶に伺うことも大切です。挨拶をきちんとしておかないと、工事を中止させられることもありますので、注意してください

また、解体工事によって出る廃棄物の処理なども適切に行われるか確認する必要もあります。優良な解体工事業者さんならばはじめから終りまでしっかりと対応してくれますので、業者さん選びは料金だけでなくどういったことをしてくれるのかも確認しましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

解体工事のお役立ちコラム

Q.解体工事で予防できる事って?

使用することの無くなった建造物などを長期的に放置している状態では、解体工事を行うことが推奨されています。一定の費用が必要とされているために、中には躊躇してしまう方が多いことも実際にあることですが、解体工事を行うことによって予防することのできる内容があります。

第一には隣接する建造物や道路などへ建造物が倒壊してしまうことを防ぐ役割りを持っていて、状態によっては危険が生じる可能性を持っているものになり、早期に解体することが必要なケースもあります。

また、地域によっては害獣などの住みかになってしまう可能性もあります。このケースでは建造物が傷んでしまうことと同時に、衛生上の問題としても良い環境とは言えない部分になるために、予め解体工事を済ませることが良い方法です。