2018年2月5日

給湯器の電源は「都度消し」「つけっぱなし」のどちらがお得か?

ガス給湯器の電源をつけっぱなしにしたことで、夫婦ゲンカになったことありませんか?ついつい消し忘れてしまう給湯器の電源ですが、「そんなことで怒らなくても」とも思いますよね。では給湯器の電源をつけっぱなしにしていると、具体的にどんな問題があるのでしょう?ここでは、つけっぱなしすることの問題と、都度消しとの比較について説明します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

ガス給湯器で電気代が生じる理由

出典:photo-ac.com

一般的な給湯器の電源のオンオフは操作パネルで行います。 最近のガス給湯器はとても賢くて、電源が入った状態でも水が流れていないと、点火することはありません。 稼働中でも、水の流れが止まると、自動的にガスも止まります。 このため、ガス給湯器をつけっぱなしにしてもガス代はかかりません。

電源をつけっぱなしにして発生するのは電気代です。 それではなぜ、「給湯器をつけっぱなしにすると電気代がかかるのでしょうか?」点火しないなら電気代もかからないと思いますよね。

ところが、どんな電化製品でも使っていないときにも待機電力が発生します。 スマートフォンなどでも全く使っていなくてもどんどん電池が減っていきますよね。 最新の給湯器もスマートフォンほどではありませんが、ちょっとしたコンピュータのような構造になっています。

給湯器の場合は、使っていなくても、電源に繋がっているだけで電気を消費していきます。 ただし、操作パネルの電源をオンにするかオフにするかで待機時消費電力は少し変わってきます。

ガス給湯器の待機電力

それではガス給湯器が待機電力はどれくらいあるのでしょう?給湯器の待機時消費電力はオンモードで約8Wと言われています。 このため電源をつけっぱなしにしたときの待機電力は次のようになります(※電気代は26円/1kWhとします)。

8÷1000×24時間×365日×26円=1822円

1年間ずっと給湯器の電源を入れていると1822円かかります。 思ったよりも掛かっていると思いますか?ところが、すでに説明しましたように、電源をオフにしても待機電力が発生します。 大事なのはそのときとの比較ですよね。次に電源を都度消した場合の電気代を見ていきましょう。

給湯器の電源を都度消すと電気代は安くなるのか?

給湯器の待機時消費電力はオフモードにすると約6Wです。 オンモードとくらべて2Wしか違いがありません。 それではオフモードのときの電気代も計算してみましょう。

6÷1000×24時間×365日×26円=1366円

ガス給湯器の電源を都度消ししたときの電気代は1366円です。 電源をつけっぱなしにするよりは、電気代はかかりません。 それでも年間の差額は456円程度です。 これを大きいと考えるか、たいした額ではないと考えるかは人によって変わると思いますが、夫婦ゲンカをするほどの額ではないかもしれませんね。

ひとつだけ気をつけてもらいたいのが、オフモードの待機電力を嫌って、コンセントを抜かないということです。 特に冬場は凍結防止のための機能が効かなくなって、給湯器内部に水が残っていると凍結して、管を破壊する可能性があります。 オフモード時の待機電力は、必要なものだと考えてコンセントは絶対に抜かないようにしましょう。

給湯器の電源の「つけっぱなし」と「都度消し」どちらがお得なのか?

ガス給湯器の電源をつけっぱなしにしても都度消しにしても、電気代は年間456円程度しか変わりません。 実際には給湯器が稼働している時間もありますし、最新のガス給湯器は待機時消費電力がとても小さいため、その差額もさらに小さくなっています。

それでは、「つけっぱなしでもいいのでは?」そう思うかもしれませんが、意外と見落としがちなポイントがあります。 それが「電源をオンにしていると、常にお湯を出すことになる」ということです。

例えば歯磨きをするときや、トイレを出て手を洗うとき。 ガス給湯器の電源が入っていると、水が流れますので、ガス給湯器は着火しようとします。 それが短い時間であっても、着火しますのでその間のガス料金が発生します。 ガス給湯器内の部品にも電気が流れますので、電気代が発生します。

微々たるものだと思うかもしれませんが、家族が4人いて、毎日何回蛇口をひねるでしょう?この繰り返して、1年間の待機時消費電力分よりも光熱費が掛かっているケースもあります。

このように、お得なのは間違いなく「都度消し」です。ただし、お得かどうかだけで判断すると、「たった数百円」というような価値観の問題になります。少しでも無駄な電気は使わない。そういう節電の意識が重要なのであって、金額の問題ではないという考え方もあります。

電源の消し忘れそのものは、それほど目くじらを立てるほどのことではありませんが、給湯器の電源を消さないということは、家のあちこちで電気のつけっぱなしをしている可能性があります。節電の意識を持つためにも、やはり都度消しの習慣を身につけることをおすすめします。

まとめ

給湯器の電源はつけっぱなしにしても、単純な電気代は1年間で数百円しか増えません。たった数百円なのか、されど数百円なのかはそれぞれ考え方が違うかとは思いますが、限りある資源で作られている電気ですので、大切に使いたいですよね。給湯器の電源を都度消ししても何のデメリットもありませんので、出来る限り忘れずに、給湯器を使い終わったら電源を消すようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

リフォマが選ばれる理由

その1

厳選された業者を簡単比較

リフォマ独自の審査に合格した全国1,000以上の工務店の中から、お近くの厳選された実績のある業者を最大3社までご要望に合わせてご紹介するので、じっくりご検討いただけます。

その2

適正な最安値がわかる

リフォマは工務店との直接取引のため中間マージンをカット! さらに、人件費や廃材処分費用なども含めたコミコミ価格を表示するため、納得の最安価格を探すことができます。

その3

万が一のトラブルでも安心

リフォマからご依頼いただいた20万円を超えるリフォーム・修理は、「リフォマあんしん保証」が無料でカバーされます。工事中・引き渡し後1年間の修理保証が無料で付くため、あんしんして工事依頼ができます。