2018年5月18日

給湯器の設置・交換の費用相場とポイント

給湯/配管工事の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、リフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る
リフォマなら最適なリフォーム会社が見つかります
  • 審査に通った安心のリフォーム会社を紹介
  • お困りごとに適したプロが多数在籍

給湯器の設置・交換の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 給湯器の設置・交換 を行う場合の概算費用です。

給湯器の設置
11〜17万円
水圧調整
0.6〜1.5万円
給水管破損修理
1〜3万円
給湯管漏水修理
1.2〜4万円

給湯/配管工事の費用は、使用する部材や施工方法、ご希望される給湯/配管工事の内容、及び現状の設備状況などの諸条件によって変わります。

給湯・配管工事のポイント

給湯/配管工事

給湯器などを新たに設置する場合には、配管工事をしなければなりません。ただ、給湯器の種類によって施工のポイントが変わってくるので注意が必要です。

給湯器は、従来のガス給湯器とエコキュートなどの電気給湯器と、大きく分けて2つに分けられます。

電気給湯器を用いるケースの工事では、配管工事に加えて電気系の工事も必要になります。設置の際には、電気系かガス系かで、それぞれの専門の業者さんに依頼するようにしましょう。

また、機器類の交換や修繕のための工事が必要な際には、その間、現在の給湯設備の使用ができません。特に舗等の場合は、事前に稼働が止まる時期と期間を業者さんとよく打ち合せた上で工事の段取りを決めるようにしましょう。

新設する際も、交換や修繕の際も、かかる費用や期間は業者さんによって異なります。依頼する際は、複数社に相談して見積もりをとり、比較検討することをお勧めします。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい方へお知らせです。リフォマは中間業者を介さずに、ご要望に合う専門業者を直接ご紹介します。中間マージンが上乗せされないため、管理会社や営業会社などより安く費用を抑えることができます。下記のボタンからお気軽にご相談ください!

リフォマは中間業者を介さずに、ご要望に合う専門業者を直接ご紹介します。中間マージンが上乗せされないため、管理会社や営業会社などより安く費用を抑えることができます。
リフォマなら中間マージンカットで専門業者をすぐ紹介

給湯・配管工事のお役立ちコラム

Q.飲食店で配管工事をする際に検討が必要なことって?

飲食業の場合、グリストラップという油やゴミを除去する装置の導入を保健所から指導されますが、業種によって必要な大きさが異なり、当然価格も変わってきます。

喫茶店(カフェ)などであれば、シンク下に設置できる簡易的なグリストラップもあります。油を多用するような業種、小麦粉など管が詰まるような食材をよく使うような業種であれば、予め配管を太いものに交換しておくとよいでしょう。

居抜きで既設の設備をそのまま流用できるようであれば、高圧洗浄だけ依頼すると良いでしょう。

適切な設備環境をより良い条件で用意するために、複数の業者さんの提案を比較検討することをお勧めします。