2018年5月18日

木造建築工事の費用相場とポイント

木造建築工事の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、店舗・オフィスその他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で木造建築工事しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

木造建築工事の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 木造建築工事 を行う場合の概算費用です。

木造軸組工法
570〜1200万円
プレハブ工法
620〜1500万円
2×4(ツーバイフォー)工法
610〜1800万円
木質系パネル工法
550〜1200万円

木造建築工事のポイント

木造建築工事

住宅のほとんどが木造で出来ていますが、この木造建築工事は大きく分けて二つの工法があります。一つ目が在来軸組工法で日本の昔からの工法で、柱と梁で荷重を持たせ水平力は筋交や火打ち梁で持たせるものです。もう一つは荷重も水平力も壁で持たせる壁式構造です。ハウスメーカーによってはこれらの工法を部分的に変えたりして、自社で独自の工法で施工している所もあります。

木造建築工事で注意すべき事は、各部材同士の緊結をしっかりと行う事です。特に基礎と土台の取付は確実に行いましょう。また地震時の水平耐力を持たせる筋交や、壁式構造の壁は構造計算により、バランスよく偏らないように設けましょう。木造建築工事はしっかり乾燥させた木材を使うと、構造強度は期待出来るのです。

 

木造建築工事で費用をおさえるポイント

木造建築工事の費用は、使用する部材や施工方法、希望する工事の内容、および設備状況などによって異なってきます。木造建築物は建物の主要構造が木材となるため、どのような木材を使用するかでも大きく費用に違いが出てきます。構造材に使用されるのはヒノキやケヤキ、ヒバなどがありますが、これらの中で費用をおさえることができるのはヒバになります。安価でありながら湿気や水に強く菌にも強いという特徴があります。

そして、できるだけ一般流通材や定尺材を使用するようにしましょう。特殊な丸太や大径材、長大材を使用しないことや、特殊な加工が必要な木材を使用しないことで費用をおさえることができます。また各地で木材自体の価格等も大きく違うので、なるべく低価格の木材を選んで使用することも費用の面では大切になってきます。またすべてを木造建築とせず、適材適所を考慮して場所によってRC構造などを取り入れることでも費用をおさえることができます。

その他には、住んでいる地域の木材を使用して家を建築することを条件とした補助金制度を設けている自治体もあるので、制度を利用してみましょう。木造建築工事では、業者によって建築方法も異なり費用にも大きく違いがあります。情報等を集め、十分に検討したうえで業者を選定すると良いでしょう。

木造建築工事とは?

木造建築は、建物の主要構造部分に木材が使われている建築物です。木造建築物には、在来工法となる「木造軸工法」と「壁式工法(モノコック構造)」の二つの工法があります。

また耐震を強化した「SE工法」は新しい木造建築の工法で、鉄筋コンクリート住宅の工法の一つである「ラーメン構造」を取り入れた耐震性に優れた「耐震工法」です。「SE工法」により安全性も高くなり、自由な空間設計が可能になりました。

木造建築工事の種類とメリット

木造建築の一番のメリットは、使用する木材で多少の差は出てきますが、鉄筋コンクリート構造などの他工法に比べて建築費用をおさえることができるということです。またリフォームや増築の際にも、間取りやデザインの設計が自由にできるということも大きなメリットになります。そして木材には調湿効果があるので、湿気の多い梅雨の時期や夏場は室内の水分吸い込み、結露やカビなどの発生もおさえることができます。

また冬の乾燥した時期は木材から水分が放出されるので、室内を快適に保ち一年を通して健康的に過ごすことができます。その他には木材はコンクリ-トの11倍、鉄の350倍という高い断熱性能があります。断熱効果で夏は涼しく、冬は暖かいという環境を維持することもできます。木造建築工事の工法には「木造軸工法」と「壁式工法(モノコック構造)」、また耐震を強化した「SE工法」があります。

木造軸工法は、柱や梁、土台を組み合わせて骨組みを造って壁を付けていく工法で、増改築がしやすいことや通気性が良いこと、他工法よりもローコストであるなどのメリットがあります。また壁式工法(モノコック構造)は、柱を必要としない工法なので広い空間が作れることや、どの方向の揺れにも強いこと、遮音性に優れているなどのメリットがあります。

そしてSE工法は、柱と梁を剛接合して強度のある骨組みを造る工法で、耐震性に優れていることや、柱や間仕切り壁の少ない開放的な空間にすることができるなどのメリットがあります。

木造建築工事を選ぶポイントと注意点

都市機能が集中している地域では、「防火地域」や「準防火地域」に指定されていることがあります。指定区域で木造建築工事を行う際には注意が必要です。防火地域や準防火地域では建物の大きさや面積によって「耐火建造物」や「準耐火建造物」であることが求められています。

また指定区域以外の場所でも屋根を不燃材料にすることや延焼の恐れのある部分を準防火性能とすることが求められています。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

木造建築工事のお役立ちコラム

Q.木造建築工事で予防できる事って?

一般的な戸建て住宅に多く利用されている木造建築工事になりますが、施工する際には将来的な部分として予防することができる内容を持っています。
例えば現在では耐震性について問われることが多い傾向にあるために、予め耐震強化を行っておくことによって、安心できる住環境を整えることができます。

また、防水性能についても十分に配慮する方法も用意されていて、外壁に使用する素材や、屋根材として利用する素材選びをしっかりと行うことによって、劣化に強い住宅を作ることができます。さらに、断熱性能も非常に大切な部分とされており、予め優れた性能を持っている断熱材を活用することによって、冬期間でも快適な室内を保つことが可能とされています。