2018年5月22日

ベランダ防水の費用相場とポイント

ベランダ防水の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、ウッドデッキのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でベランダ防水しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

ベランダ防水の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした ベランダ防水 を行う場合の概算費用です。

アスファルト防水(10平米)
5〜8万円
FRP防水(10平米)
5〜7万円
シート防水(10平米)
4〜8万円
ウレタン防水(10平米)
4.5〜7万円

ベランダ防水の費用は、使用する材料や施工方法など、ご希望されるベランダ防水の内容、及び現状の設備状況などの諸条件によって変わります。

ベランダ防水のポイント

ベランダ防水

ベランダ防水の方法には大きく分けて3種類あります。塗膜防水はウレタンやFRPなどの素材を塗りつける方法で、どんな下地にも密着し継ぎ目のない仕上がりにできますが、経年劣化があるため定期的に塗り替えなければなりません。シート防水は合成ゴムや塩化ビニルの膜を貼りつける工法で、軽量かつ伸縮性がありコストも安いというメリットがありますが、つなぎ目の部分から水が漏れやすく、また上を頻繁に歩く場合には向いていません。

アスファルト防水はアスファルトを染み込ませた素材を熱などで貼り合わせる工法で、耐久性は高いものの、端の処理が難しいことや施工時に悪臭を発生することなどから、現在はベランダにはあまり使われていません。

  

ベランダ防水で費用をおさえるポイント

ベランダ防水の費用は、使用する材料や施工方法、希望するベランダ防水の内容によって違いが出てくる他、現状の設備状況、ベランダの面積などによっても費用が異なってきます。そして現状のベランダの劣化状態によっても工事内容が異なってくるため、工事費用にも違いが出てきます。

主なベランダの劣化症状には「剥がれ」、「ひび割れ」、「水が溜まる」、「雨漏り」がありますが、それぞれで必要な工事が異なるのでおのずと費用にも違いが出てきます。そして劣化してから時間を置くほど状態が悪化してしまうので、費用をおさえることを考えると、早めの防水工事が必要だと言えます。

その他の費用を安くするポイントとしては、特にメーカーにこだわりが無ければ、希望する機能を業者に伝えて機能的に要件を満たす商品の提案をしてもらうと良いでしょう。また型遅れの商品や業者の過剰在庫を使うとさらに費用をおさえることができるので、業者に相談してみて下さい。

また業者に依頼をする際には、複数の業者から見積もりを取って、比較検討をすると良いでしょう。業者によって料金体系や出張料金などにも違いがあるので、あらかじめ確認をしておくと安心です。

ベランダ防水とは?

ベランダ防水はベランダの床面に防水加工を施して、雨水がベランダ下地に浸入し雨漏りが発生するのを防ぐことを目的とします。ベランダは紫外線や雨水の影響を受けるため、劣化をしてしまうとひび割れ等が起きてしまいます。その劣化した部分から雨水が浸み込み、雨漏りが発生すると建物の寿命も短くなります。

一年に何度かはベランダの床面をチェックして、異常があれば早めのメンテナンスを行うことが大切です。

ベランダ防水の種類とメリット

ベランダ防水を行っておくことのメリットは、住宅を長く維持していくことができるということです。防水処理を怠ってしまい、そのままにしておくと雨水が建物の内部に浸入して柱を腐らせたり、骨組みが錆びるなどしてしまいます。そして最終的には天井板にシミができて、雨漏りがする住宅になってしまう恐れがあります。ベランダ防水の施工方法には、大きく分けて3つの方法があります。

1つ目は「塗膜防水」といってウレタンやFPRなどの塗料を塗りつける工法です。この工法はどんな下地にも密着して継ぎ目のない仕上がりにできますが、経年劣化があるので定期的な塗り替えが必要になります。2つ目は「シート防水」といって合成ゴムや塩化ビニールの膜を貼りつける工法です。この工法は軽量かつ、伸縮性がありコストも安いというメリットがありますが、つなぎ目の部分から水が漏れやすいのでベランダを頻繁に歩くことが多いご家庭には向いていません。

そして3つ目は「アスファルト防水」という工法です。この工法はアスファルトを染み込ませた素材を熱などで貼り合わせていくもので、耐久性は高いですが端の処理が難しいことや、施工時に悪臭が発生することから、現在ではあまり使われていません。

このようにベランダ防水の施工方法やそれぞれのメリットは様々なので、業者とよく相談をした上で適切な工法を選び、施工するようにしましょう。そしてベランダ防水は、定期的に行うことがとても大切になってきます。

ベランダ防水を選ぶポイントと注意点

ベランダ防水は建物のメンテナンスの中でも重要になります。ベランダ防水を怠ってしまうと建物内部に水が浸入し、柱の腐食や骨組みが錆びてしまう恐れがあります。使用する溶剤塗料は火気厳禁となっているので作業中は決して火を使用しないようにして、念のため消火器を用意しておくと安心でしょう。

また排水口に塗料が流れて排水口が詰まってしまわないように、慎重に作業を進める必要があります。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

ベランダ防水のお役立ちコラム

Q.ベランダ防水をすることで得られる恩恵って?

ベランダに防水処理をしないままでいると、雨水がそのまま家の中へ入っていってしまうことになります。コンクリートなどのひび割れから入ってしまい、家の中の木などを腐らせてしまう危険性があるのです。

また、木が腐った状態でそのまま放置していると、最後には天井板にシミが出来て雨漏りがする住宅に鳴ってしまいます。しかし、ベランダにしっかりと防水処理をしておくことで、水が住宅の中に入るようなこともありませんし、住宅の中の木を腐らせることもないので、住宅を長く維持していくことが出来るのです。 ベランダ防水することで得られる恩恵はとても大きなものがあります。