2018年5月18日

屋上の防水工事の費用相場とポイント

屋上の防水工事・施工の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、外装その他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で屋上の防水工事・施工しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

屋上の防水工事の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 屋上の防水工事 を行う場合の概算費用です。

アスファルト防水(50平米)
27〜40万円
FRP防水(50平米)
25〜35万円
シート防水(50平米)
20〜40万円
ウレタン防水(50平米)
22〜35万円

屋上防水工事、施工のポイント

屋上防水工事、施工

建物の屋上は防水工事を行いますが、この工事は注意して施工しないと、後々メンテナンスの原因となります。

防水の種類もいろいろありますが、シート防水や塗布防水について、注意点を考えて見ましょう。まず大切な事は、防水面を完全に乾燥させることです。コンクリートを新たに打設した場合は、表面は乾いていても内部に水分を持っているのでよく乾燥させましょう。水分が有ると施工してから膨らんでくるので注意しましょう。

次に下地処理をしっかりとすることです。特に改修工事では割れや欠損部分を、コーキング剤などで丁寧に補修してから、防水工事を行うようにしましょう。防水面積が広くなったら、一定間隔に脱気塔を設置しましょう。屋上の面積の広い場合は内部の空気が膨張して防水層を膨らませます。その空気を逃がす脱気塔を付けると良いでしょう。

 

屋上の防水工事・施工で費用をおさえるポイント

屋上の防水工事や施工の費用は使用する材料や希望する屋上防水工事の工法、施工の内容によって違いが出てくる他、現状の設備状況や屋上の面積によっても費用が異なってきます。その他にも、工事対象部分の下地の状況によって必要な工事が追加になる場合は大きく費用が影響してきます。例えば下地に凹凸がある場合や雨水がたまっている場合には、凹凸を無くすための下地処理を行う必要があるため、その分工事費用がかかってしまいます。

屋上の防水工事で費用をおさえるためには、どの工法を選ぶかがポイントになります。屋上防水工事の工法は様々なものがありますが、その中でも比較的安い費用で行うことができるのは「シート防水」という工法になります。シート防水にはゴムシートや塩ビシートを使用し、他の工法に比べると工期もかからないので費用をおさえることができます。

その他の費用をおさえるポイントとしては、特にメーカーにこだわりが無ければ、希望する機能を業者に伝えて、機能的に要件を満たす商品の提案をしてもらうと良いでしょう。また型遅れの商品や業者の過剰在庫を使うとさらに費用をおさえることができるので、業者に相談してみて下さい。そして業者に依頼をする際には、複数の業者から見積もりを取って比較検討をすると良いでしょう。

屋上の防水工事・施工とは?

防水工事は、建物の屋上に防水処理を施して建物内に水が浸み込むことを防ぎます。屋上は紫外線や雨の影響を受けるため、ひび割れなどの劣化が現れることが多く、そこから水が浸み込んでしまう危険があります。

そして10年から15年程度を目安にして点検を行うと共に定期的に防水工事を行うことで、建物の寿命を延ばすことができます。このように防水工事は、建物を守る上でも大切なメンテナンス工事の一つとなります。

屋上の防水工事・施工の種類とメリット

屋上の防水工事には「ウレタン防水」、「シート防水(ゴム・塩ビ)」、「FRP防水」、「アスファルト防水」という様々な工法があります。それぞれの工法ではメンテナンス費用や耐久年数なども異なるので、現状の状態等を考慮して工法を選ぶ必要があります。そして防水を行う前の下地処理も大切な施工の一つになります。特に改修工事では、割れや欠損部分をコーキング剤などで丁寧に補修をしてから防水工事を行うことが重要になります。

ウレタン防水は液体のウレタンを塗膜する工法で、工期も短く簡単な工事で済むというメリットがあります。シート防水にはゴムシート防水と塩ビシート防水の二種類があり、どちらもシートを接着剤で下地に貼りつける工法です。ゴムシート防水は温度による影響を受けにくく、木造建築にも施工が可能です。また塩ビシート防水は熱や紫外線などに対し優れた耐久性があります。

またFRP防水は、ガラス繊維が使用されていて軽量で強靭な耐久性があります。そしてアスファルト防水は防水性に優れ、これらの工法の中では最も耐久性に優れているというメリットがあります。施工のタイミングとしては屋上の防水性能が低下してきた場合になりますが、定期的に点検を行い状態を悪化させないことがとても大切になってきます。マンションや戸建て住宅では、10~15年の間隔で点検を行い、点検結果を踏まえて施工の判断をすると良いでしょう。そして施工の必要性がある場合は、先延ばしにせず早めの施工が必要になります。

屋上の防水工事・施工を選ぶポイントと注意点

防水には様々な工法がありますが、シート防水や塗布防水では防水面を完全に乾燥させておくことが大切です。そして下地処理をしっかりと行い、割れや欠損部分はコーキング材などで丁寧に補修する必要があります。これらに気を付けて施工をすることで、防水の効果にも違いが出てきます。

また防水工事は夏や冬の時期はなるべく避けるようにして、塗料の乾燥に適した春か秋に行うと良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

屋上防水工事、施工のお役立ちコラム

Q.屋上の防水工事を施工するタイミングって?

家は生活の中心ですが、施工不良や欠陥でなくても、風雨から屋内を守る屋根や外壁は定期的なメンテナンスが必要です。

屋上の防水性能が低下してきた場合には、建物の中に漏水が進むと、雨漏りはしなくても家の構造部分に水がしみ込んでしまう危険があります。

マンションの場合、長期修繕計画の中でも屋上の防水工事は重要かつ金額の大きな工事ですが、10年から15年の感覚で予定を立てて、実際の点検結果を見て前倒ししたり先送りにしたりします。戸建ての場合でも、10年から15年程度の周期を目安に点検をして、工事の必要性を判断しましょう。

必要と判断された場合は、あまり先送りにせずに施工するのが建物を長く使うためにはおすすめです。