2018年5月18日

庭池修理の費用相場とポイント

庭池修理の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、外装その他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で庭池修理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

庭池修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 庭池修理 を行う場合の概算費用です。

ビオトープ(W1.1m×D0.9m)
20〜30万円
ビオトープ(W1.6×D1.3)
30〜40万円
オーダーメイド(20平米)
50〜200万円

庭池修理のポイント

庭池修理

庭に池を設けて庭池を作って、鯉や金魚を飼うとなんとなく気持ちが落ち着きます。生活に潤いを持つことも大切な事でしょう。庭池の修理をする場合ですが、まず重要な事は水漏れを起こさない事です。底の部分から水漏れを起こしても、気付かずに水を無駄にしている例があるのです。防水材を使用する場合は、飼育する魚や生き物に影響のないものを使用しましょう。

また水の循環がスムーズに出来るようにします。水中の酸素量が減ったり、循環が悪くて水の汚濁が激しいようだと、たびたび水の入れ替えや掃除が必要になるので十分注意する事です。 そして必ずオーバーブロー管を取る事を忘れないようにしましょう。大雨などで庭池の水が溢れないように、満水になったら水を排出するオーバーブロー管を設けることです。

 

庭池修理で費用をおさえるポイント

庭池修理の費用は、使用する材料や施工方法、修理の内容や現状の設備状況などによっても違いが出てきます。そして不具合の程度によっては日数を要すので費用も高くなる他、池の面積が大きくなるとその分だけ補修材料も必要になります。池は石やコンクリートでつくられている昔ながらのものが主流でしたが、最近ではプラスチック製の容器を埋めて簡単に池を作ることができるものも登場してきています。

池のトラブルで最も多いのは池からの水漏れですが、やはり昔ながらの池の補修は費用も多くかかってしまう傾向にあります。一方のプラスチック製のものであれば、ホームセンターなどで購入できる「防水補修材」などで補修することが可能です。また水を循環させるポンプの不具合についても電源を必要とするものは専門業者に修理を依頼する必要がありますが、ソーラーポンプなどの場合は修理も簡単でしょう。

費用をおさえるポイントとしては、特にメーカーにこだわりが無ければ希望する機能を業者に伝えて、機能的に要件を満たす商品の提案をしてもらうと良いでしょう。また型遅れの商品や業者の過剰在庫を使用するとさらに費用をおさえることができるので、業者に相談してみて下さい。そして業者に依頼をする際には、複数の業者から見積もりを取って比較検討をするようにしましょう。

庭池修理とは?

庭池のトラブルで一番多いのは水漏れです。水漏れが起こっている箇所を見つけ出し補修することが必要になってきますが、池が大きかったり、石やコンクリートなどを使って作られている昔ながらの池の場合は素人では難しく大変な作業になります。

業者に依頼をすることで手間などもかからずに修理を行うことができます。また水を循環させるポンプなどの不具合も電気を使用するものは業者に依頼をするようにしましょう。

庭池修理の種類とメリット

庭池のトラブルには水漏れや排水口の詰まりなどがありますが、水漏れは池の作り方に問題があることが多く、水漏れは石組みの目地や底にできたクラックが原因で起こることがほとんどのようです。また排水口の詰まりは石や砂が堆積したり、固形物が詰まってしまうことによって起こります。水漏れの修理は、池の水を抜いてから水漏れ箇所を特定していきますが、素人での見極めは難しく補修作業にも技術が必要になります。

排水口のつまりについても素人では難しい作業になるので業者に依頼をしましょう。その他には水を循環させるポンプやオーバーフロー管などの設備の不具合などがありますが、電気を必要とするものは業者に依頼をする必要があります。ポンプが作動しないと水中の酸素が減ったり、水の循環が悪くなり水の汚濁が激しくなってしまい、頻繁に水の入れ替えや掃除が必要になるので管理にも手間がかかってしまいます。

そして鯉や金魚などを飼っている場合にはこれらにも影響するので、早めに業者に依頼をするようにしましょう。またオーバーフロー管は大雨などで庭池が満水になるのを防ぐためのものですが、不具合があると水の排出がされず池の水があふれ出てくる恐れがあります。日頃からメンテナンスやチェックを心がけておくと良いでしょう。

庭池修理を選ぶポイントと注意点

庭池が石やコンクリートなどで作られている場合は水漏れが発生しやすい傾向にあります。最近では水漏れ防止対策としてプラスチック製のものが多く用いられています。修理を行う際には水漏れが発生しないように内側の表面加工をしっかりと行うことや、水道管が破損しないように施工することが重要になります。

また電気を使用するポンプなどの取付けは電設工事を業者に依頼する必要があります。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

庭池修理のお役立ちコラム

Q.庭池の修理の際の注意点って?

庭池を設置されている方の場合では、時には修理を行うことが必要とされる場面があります。使用されている素材によって異なる部分とされていますが、例えばコンクリートやレンガなどを用いている状態では水漏れが発生しやすい傾向にあります。

現在では強化プラスチック製のものも多く用いられているものですが、庭池の修理を行う上での注意点としては、水漏れが発生してしまうことが無いように、内側の表面加工をしっかりと行うことが必要とされています。

また、水道管から水栓金具を用いる場合では、水道管が破損してしまうことが無いように施工することも大切な部分とされています。水を循環させるためにポンプを用いる場面もありますが、この場合では電設工事をプロに依頼することが必要になります。