2019年1月8日

水道工事はDIYでできる?DIYを行うときの注意点やポイント

庭の水道をもっと効率よく使いたい、自宅の洗濯機の水が出ないので治したいなどの理由から、ご自身で水道工事を計画されている方もいらっしゃるかもしれません。水道工事は、作業内容によってDIYでも行うこともできますが、資格がないと修理できないものもあります。この記事では、DIYでの作業方法や行う際の注意点、作業のポイントについてもご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

水道工事は、DIYではできないことがある

水道工事

水道の蛇口やパッキンなどの交換は、素人でも比較的簡単にDIYで、行うことができます。 しかし、水道工事は、作業内容によっては、DIYで行えないものがありますので、注意しなければなりません。

まずは、水道工事の種類について簡単に説明しますので、DIYで行えない工事について、しっかりと理解しておきましょう。

水道工事は2種類

水道工事とは、水道局が管理している水道管から、各家庭(施設)の蛇口までの給水管を設置する工事のことを指し、大きく2種類に分かれます。

  • 1.給水管引込み工事
  • 2.屋内配管工事

「給水管引込み工事」は、水道局が管理している水道管から、各家庭(施設)の敷地内に給水管を引き込む工事です。
「屋内配管工事」は、建物内に給水管や、排水管を設置する工事です。

基本的にこれらの工事は、資格を所有していない方が行うことはできません。工事を行うときは、「給水装置主任技術者」(国家資格)という資格が必要です。 家庭排水や雨水を流す水道管を設置するなどの、下水道排水設備工事を行うときは、「排水設備主任技術者」(国家資格)という資格が必要になります。

いずれの場合も、有資格者の施工もしくは、管理が必要となるため、公設の上下水道につながる水道管の新設および、引き直し、撤去などは、DIYで行うことはできません。

DIYでできる水道工事とは?

冒頭で、DIYで行うことができない水道工事について説明しましたが、実は、DIYでできるものもあります。 それは、すでに、ご自宅の敷地内に引き込まれている給水管の分岐や、延長を行う工事です。

例えば、家庭菜園や花壇の水やりの際、洗車などで水栓が遠くて不便に感じるなど、近くに水栓を設置したいときなどに、行う方が多いようです。
従って、既存の給水管における工事については、ある程度のDIYの技術と、道具を揃えることができれば、資格のない素人が行っても問題はありません。

DIYに必要な材料と道具

水道工事

DIYでできる水道工事は色々ありますが、ここでは配管を延長する際の方法を説明します。DIYを行うのに必要な材料と道具をご紹介しますので、参考にしてみてください。

材料

作業に必要な基本的な材料は、以下のようなものです。

  • 給水栓
  • 塩ビ管:VP管など
  • 継手(VP管同士をジョイントさせるためのもの)
  • エルボ(直管を曲げて連結するための継手)
  • 異型レデューサー(口径の異なるパイプ同士を連結させるためのもの)
  • 塩ビ管用接着剤
  • U字杭:園芸用シート止めなど(※塩ビ管を地面に設置する際、塩ビ管を固定するためのもの)
  • 止水テープ(給水栓を取付ける際に、水栓のねじ部分に巻きつけるためのもの)

道具

安全に、効率よく作業を行うためには、必要な道具を揃えておかなければなりません。 ご紹介する道具は、必ずしもすべてが必要となるものではありませんので、ご自身が必要だと思われるものを適宜用意してください。

  • 安全メガネ
  • 粉じんマスク
  • ゴム手袋
  • 作業着
  • メジャー
  • 油性マジック
  • 切断工具:パイプカッター
  • 面取り工具(塩ビ管を面取りするためのもの)
  • 圧着工具:L型または、C型クランプ(塩ビ管の接着剤が乾燥するまで一時的に押さえておくためのもの)

DIYでできる、水道工事の方法をご紹介

水道工事

DIYで配管を延長(地面に設置)する際の工事の流れと、各作業における、ポイントを簡単に説明します。

1.配管(塩ビ管)を必要な長さに切る

既存水栓から新規水栓までの配管距離を計測し、塩ビ管と継手の接続に必要な長さも含め、必要な塩ビ管の長さを計算します。 そして、油性マジックでカット線を書き、パイプカッターで塩ビ管を切断します。

2.カットした塩ビ管を面取りする

塩ビ管同士の接続は、継手と接着剤を用います。その際、パイプの角があると、接着剤が剥がれてしまい、しっかりと接続することができません。 そのため、カットした塩ビ管の断面の面取りをしておくことは、必須です。

角をなくすことで、塩ビ管同士をしっかりと接続することができます。 また、重なり合う接合部分が、砂や油で汚れていると、うまく接着できないことがあるため、汚れはしっかりと拭き取りましょう。

3.配管をつなぎ合わせて、仮組みをする

接着剤を付ける前に、塩ビ管と継手を使って一度、仮組みしてみましょう。その際、塩ビ管を差し込む位置が分かるように、油性マジックで印をつけておくことをおすすめします。そうすると、塩ビ管の差し込み過ぎを防止できます。

4.接着剤で差し込み部分を固定する

仮組みした塩ビ管を、一旦ばらします。接着剤を継手の内側と、印をつけた塩ビ管の差し込み位置(接続部分)に、しっかりと塗ります。 そして、接着剤が固まる前に、素早く網手に塩ビ管を差し込みます。

塩ビ管同士が接着するまで、しばらくの間、動かさずに固定します。もし、接着剤がはみ出してしまった場合は、布でしっかりと拭き取っておきましょう。

5.配管を組み立てる

既存の水栓に近い位置に、組立てた配管を配置し、配管経路に応じて、継手(エルボ)で連結し接着させます。 歩行の際に、配管が邪魔にならないように、できるだけ、建物の壁に沿うように配置するなど工夫しましょう。

6.配管と水栓部分を設置する

すべての配管を、定位置に配置したら、既存の水栓に新しい水栓(二又蛇口など)を取付けます。水栓のねじ部分に止水テープを巻きつけて、水栓を継手のところに回して取付けます。

そして二又蛇口に塩ビ管を接続します。同様に、延長した塩ビ管にも、新しい水栓を取付けます。

7.配管を固定し、通水できていれば完成

塩ビ管を地面に設置する場合は、園芸用の「U字杭」などを使用して、配管を固定する必要があります。そうすることで、塩ビ管をしっかりと固定することができるため、通水時に配管が動いたり、歩行時につまずいて怪我をする危険性を回避できます。

最後に、塩ビ管の継ぎ目などから、水漏れがなく、きちんと使用できるか必ず確認してください。

DIYで水道工事を行うときの注意点

水道工事

DIYで水道工事を行うときは、以下の4つの点に注意しましょう。

  • 配管方法により、施工方法が異なる
  • 地域によって、塩ビ管を保護する必要がある(凍結防止)
  • 塩ビ管を確実につなげる
  • 適切な配管経路を計画する

配管方法に気をつける

給水管の延長工事は、露出配管埋設配管が一般的です。
露出配管は、配管そのものを地面の上に設置したり、壁に固定したものを指します。壁に固定する場合は、壁に穴を開けて、金具で止めるなどの処置が別途必要になります。

一方、埋設配管は、配管を地中に埋め込んで配置するものです。見栄えも良いですし、耐久性においては露出配管よりも優れているといえます。ただし、地面から深い場所に配管を設置しないと、冬場は凍結してしまったり、車などの走行によって、重みで配管が破損してしまうこともあります。

そのため、本格的な掘削作業を伴うため、素人が行うと、非常に困難な作業になることが懸念されます。

場所によって工事方法が異なる

露出配管の場合は、寒冷地はもちろん、それ以外の地域でも冬場は塩ビ管が凍結する、恐れがあります。 また、常に地上にむき出しになっていますので、日常的に紫外線や雨風の影響を受けやすくなり、劣化も早まる可能性が高いといわれています。

露出配管の凍結防止や、劣化を軽減させる有効な対策として、ウレタン製やスチロール製の「パイプカバー」を塩ビ管に巻き付ける方法があります。 パイプカバーは、ホームセンターなどで購入できますので、ご自身で購入し、塩ビ管をきちんと保護しておくことをおすすめします。

ただし、パイプカバーも、必然的に天候の影響を受けるため、劣化しやすい傾向にあります。劣化が見られたときは、新しいものに取り換えなければなりません。その他にも、作業の際は、塩ビ管同士をしっかりとつなぎ合わせてください。つなぎ目に隙間ができていると、漏水してしまい、水道料金も余分にかかってしまいます。

配管経路を計画する

適切な配管経路を計画することは非常に重要です。配管経路とは、配管を置く場所のことです。配管経路をきちんと決めないまま、出来るだけ最短距離で施工しようとしたが、障害物に当たってしまい、逆に作業が大変になってしまうケースもあります。

DIYの作業に慣れていない方は、多少遠回りになってしまっても、簡単に作業ができる経路を計画されることをおすすめします。

水道工事を業者に依頼するときのポイント

水道工事

最後に、水道工事を業者に依頼するときに、押さえておくべきポイントについてご紹介します。

お住まいの地域には、たくさんの水道業者が存在していますよね。その中から、どんな業者に依頼すればよいのか、迷われる方も多いのではないでしょうか。

まず、業者選びの基準になるのが、その地域の水道工事を許可された業者であるかどうか、ということです。 その町で水道工事を行っている業者のほとんどは、「指定給水装置工事事業者(水道局指定工事店)」に登録されています。

これは、給水装置工事を、適正に施工できる業者として認められているという証明といえるでしょう。

「指定給水装置工事事業者」に登録されているすべての業者が優良な業者とは言い切れませんが、登録されていない業者よりも施工技術と信頼度は高いので、選ぶときの目安の一つになります。登録されている業者は、ほとんどの場合、市区町村のホームページで確認することができます。

まとめ

ご紹介しましたように、水道工事は、DIYでできるものと、できないものがあります。DIYで行えるのは、公設の上下水道につながる水道管の新設および、引き直し、撤去以外の、既存の給水管の分岐や延長作業です。

DIYで作業を行う際は、配管経路を計画し、必要な道具や材料を揃えることが大切です。そして、水漏れが起きないように、塩ビ管をしっかりとつなぎ合わせるなど、慎重に作業を進めなければなりません。

また、水道工事を業者に依頼するときは、必ず、「指定給水装置工事事業者(水道局指定工事店)」に登録されている業者を選定することが必須です。そうすることで、技術面や金銭面においても、適切な工事を行ってもらうことができます。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります