2018年10月22日

襖の値段や交換するときの費用相場をお教えします! 張り替えの目安は?

現在でも和室や押し入れに使われることの多いふすま。日本の伝統建具としてあたり前のように使用されているふすまですが、そのリフォーム方法について把握している方は、あまりいないのではないでしょうか。ここではそんなふすまのリフォームについての基礎知識を分かりやすく解説しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

ふすまとは何か

ふすま

そもそもふすまとはどういうものなのか、その構造について簡単に説明します。ふすまの基礎になるのが木などを組んで作った組子です。この組子に下張りと呼ばれる紙を貼り、その上から襖紙を貼り付けます。さらに引手と枠を組み付ければふすまになります。

ふすまの特徴として挙げられるのが「軽い」ということです。木材は骨組みと枠だけで、あとは紙で作られています。女性でも簡単に持ち上げることができ、ふすまを開けるときにも、敷居にほとんど負担をかけません。

ふすまの特徴のもうひとつが、襖紙を変えるだけで簡単に雰囲気を変えられることにあります。襖紙に侘び寂びの世界観を表現することもできれば、豪華に飾ることもできます。

また、ふすまと混同されることが多いのが障子ですが、ふすまも障子も壁の代わりになるものという点では同じ役割を果たしますが、採光できるのが障子で、光を通さないのがふすまです。それぞれの役割が違いますので、別のものとして考えてください。

ふすまには様々なリフォームがある

ふすま

古くなってしまったふすま。そのまま新しい襖紙を貼り替えるリフォームももちろんありますが、それ以外にもいくつものリフォーム方法があります。

  • 押し入れのふすまをクローゼット扉にする
  • ふすまを洋風の引き戸や壁紙ふすま、障子に交換する
  • 新品のふすまに交換する
  • ふすまを壁にする

経年劣化して滑りが悪くなったふすまをそのまま使い続けるのではなく、ライフスタイルに合ったリフォーム方法を選んで、ストレスのない住空間に変えてしまいましょう。

古くなったふすまを新しくする

ふすまが古くなって開け閉めするときに異音が鳴ったり、スムーズな動作ができなくなったときは、ふすまそのものが寿命を迎えている可能性があります。建具ですのである程度は直すことも可能ですが、せっかくですからデザイン性の高いふすまや障子に交換してみるのもいいでしょう。

ふすまは基本的にサイズが決まっていますので、まったく同じサイズのふすまなら、そのまま入れ替えることができます。洋室のドアのようなデザインのふすまにしたり、漉き込み和紙を使った高級なふすまにしたりすることも可能です。間仕切り用のふすまであれば、障子にすることで光を取り込むこともできます。

新品のふすまをそのまま入れ替えるだけですので、基本的には工事費が不要になります。既存のふすまを廃棄してもらう料金はかかりますが、比較的リーズナブルに部屋の雰囲気を変えることができるリフォーム方法です。

ちなみにふすまを障子にするメリットなどは、下記リンク先の記事に記載していますので、ぜひご参照ください。
障子紙の種類とメリット・デメリット

ふすまに壁紙を貼る

襖紙が破けたり汚れたりしただけで、ふすまそのものは問題なく機能しているという場合のリフォームとしては、襖紙を上から貼るという方法が一般的ですが、上から貼るのは何も襖紙でなくても構いません。最近は市販されている壁紙を貼って、自由にコーディネートをする方が増えています。

粘着性のある壁紙をホームセンターなどで買ってくれば、DIYでふすまをリフォームすることも可能ですので、予算があまりないけど、思い切ったリフォームをしたいという人におすすめです。壁紙ですのでもちろんすぐに貼り替えることもできますので、自由な発想でオシャレなふすまに仕上げてみましょう。

ただし、ふすまに大きい穴が開いたときや汚れがひどいときには、壁紙を上から貼るよりは古い襖紙を剥がして、新しく貼り直すほうがきれいに仕上がります。そのような場合には、専門の業者に依頼して施工してもらいましょう。

ふすまを引き戸にする

和室を洋室にリフォームするときなどに、一緒に行われることが多いのがふすまを引き戸にするリフォームです。ふすまサイズに作られた引き戸が売られていますので、それに交換するだけで洋風な雰囲気に変えられます。

また、片面が洋風、片面がふすまといったデザインの引き戸もあり、リビングとの間仕切りに使えば、どちらから見ても違和感のない空間に仕上げられます。

ふすまを外して壁にする

和室が2部屋以上続いていて、その間仕切りに使われているふすまを取り除いて、壁にするというのもよくあるリフォームのひとつです。それぞれを独立した部屋として区切りたいときなどに適したリフォーム方法で、空間の防音性を高めることにより、プライバシーを守ることにつながります。

単純にふすまを壁にするだけであれば費用も安く、1日で作業が完了します。ただし、コンセントやスイッチなどを壁につけたり、防音性をより高めようとすると工事が大掛かりになるため、コストが上がり、工事も数日かかることもあります。

ふすまをリフォームをする際の費用は?

ふすま

ふすまのリフォームには様々な種類がありますが、問題は予算の範囲内でできるのかどうかということですよね。上記でご紹介したリフォーム方法でそれぞれいくらくらいの費用がかかるのか見ていきましょう。

リフォーム方法費用相場
古くなったふすまを新しくする1万〜3万円/枚
襖紙の貼り替え2千〜8千円/枚
ふすまから引き戸に交換(枠は流用)3万~10万円
ふすまから引き戸に交換(枠も交換)12万~15万円
ふすまから開き戸へ交換8万~15万円
ふすまを外して壁にする3万〜4万円

最も安いのは襖紙の張替えで業者に依頼しても、安い襖紙なら1枚2千円で貼り替えてもらえます。その他のリフォームでも枠をそのまま流用できる場合で、なおかつ低価格のふすまを選べば、かなり低予算でリフォームが可能です。

引き戸や開き戸にするときに、敷居や鴨居を新しくする場合にはリフォーム費用が高くなります。予算が限られている場合は、できるだけ既存の敷居や鴨居を流用してコストを抑えるようにしましょう。

ふすまのメリットとは

ふすま

ふすまのリフォーム方法についてご紹介してきましたが、あまりに種類が多すぎて迷ってしまうという人も多いかと思います。ただ、ふすまそのもののにもとても魅力がありますので、最後にふすまのまま使い続けるメリットついてもご紹介しておきます。

  • 空間を大きく使ったり仕切って使ったり出来る
  • 軽くて取り扱いが簡単
  • 断熱効果がある
  • 手軽に部屋の印象を変えることができる

ふすまは可動式の間仕切りで、しかもかなり軽量ですので取り外しも簡単です。このため、取り外して空間を大きく使うことも可能で、用途に合わせて区切ることもできます。木製の引き戸や開き戸にはない自由度の高さがあります。

そして、ふすまは襖紙と襖紙の間に空気の層があるため、断熱効果が期待できます。薄い壁のように思えますが、冬は暖かく夏は涼しい快適な住空間になるというメリットがあります。さらには、襖紙を変えるだけで部屋の印象をガラッと変えられるのも魅力的です。

まとめ

最近では使用する方が少なくってきたふすまですが、ご紹介しましたようにメリットが多い建具です。ただし、古くなってしまったふすまや、穴が開いたり汚れたままのふすまは生活する上でストレスになります。

ふすまのメリットをそのまま活かしたいのであれば、襖紙の貼り替えを行い、使い勝手のよさを選ぶのであれば引き戸や開き戸、壁になどへのリフォームを行いましょう。自分で判断が難しいという場合には、あまり自分だけで悩まずに、リフォーム会社に相談してみてください。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

リフォマが選ばれる理由

その1

厳選された業者を簡単比較

リフォマ独自の審査に合格した全国1,000以上の工務店の中から、お近くの厳選された実績のある業者を最大3社までご要望に合わせてご紹介するので、じっくりご検討いただけます。

その2

適正な最安値がわかる

リフォマは工務店との直接取引のため中間マージンをカット! さらに、人件費や廃材処分費用なども含めたコミコミ価格を表示するため、納得の最安価格を探すことができます。

その3

万が一のトラブルでも安心

リフォマからご依頼いただいた20万円を超えるリフォーム・修理は、「リフォマあんしん保証」が無料でカバーされます。工事中・引き渡し後1年間の修理保証が無料で付くため、あんしんして工事依頼ができます。