2018年5月22日

靴箱リフォームの費用相場とポイント

靴箱のリフォームにいくらかかるかご存知ですか? 靴箱のサイズやタイプ、既存の物を活かすのか新設するのかなどで価格は変動します。 靴箱のリフォームにはどのようなものがあり、価格はどれくらいなのか、価格を抑えるためには何ができるのかについてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

靴箱リフォームの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 靴箱リフォーム を行う場合の概算費用です。

既製品(腰の高さ程度)
5万円以上
既製品(二段式、扉付き)
8〜10万円
オーダーメイド
30〜50万円
扉だけ交換
5〜7万円
姿見を靴箱に取付
1〜2万円

靴箱リフォームの費用相場

靴箱の価格は、大きさや種類によっても様々です。 既製品は腰の高さ程度であれば5万円前後、二段式のものや扉が多数ついているものは8~10万円程度、それ以上の高さのものは10万円以上かかってきます。 物によっては25万前後かかる場合もあります。

一方、靴箱をオーダーメイドで作成する場合はさらに費用がかかり、30~50万前後が相場になります。

靴箱の中で一番目につきやすい部分は扉です。 扉の不具合、または、扉だけ交換をして雰囲気を変えたいという場合は、5~7万円程度で収めることが可能です。

また、姿見を靴箱に取り付けるなどであれば、1~2万円程度で済みます。 靴箱を変えるタイミングで玄関も一緒にリフォームする場合は、壁面や床の張り替えなども行われますので、10万円程かかります。

実際にかかった費用

靴箱の交換

既存の靴箱から、壁面を無駄なく使えるクロークボックスに替えるだけで収納力が増やせます。 横幅をとらなくても、縦幅を増やすだけで、倍以上の収納力になることもあります。 費用は高くても30万円程度ですので、比較的費用を抑えて、短期間で玄関のリフォームが可能になります。

シューズクロークの新設

玄関にゆとりがある場合、一部を仕切ってシューズクロークにすることもおすすめです。 靴に限らず、傘や掃除機などをしまったり、鏡を設置することもできます。 30~50万円程度かかります。

納戸やウォークインクローゼットを設置する

玄関ホールに空きスペースが多く、収納スペースとして活用したい場合、納戸やウォークインクローゼットを作ると便利です。 寝室などに収納スペースを増やせないという時は、靴箱も兼ねた収納スペースを作ることで、収納のお悩みも解決されます。 納戸やウォークインクローゼットを設ける場合は、影響範囲が広いため、費用がかかりやすく、安くても50万円程度からになります。

コストを抑えるポイント

大工工事をお願いする

オーダーメイドでデザインにこだわりたいのであれば、家具工事で設置をお願いすることになりますが、特にオーダーメイドを考えているわけではないのであれば、靴箱の工事は大工工事にお任せすることがおすすめです。

取り付けのみやシンプルなデザインのものであれば、大工工事での取り付けの方がコストを抑えることができます。 リフォーム業者に理想や予算を伝えた上で、大工工事と家具工事のどちらがふさわしいか決定しましょう。

既製品を活用する

オーダーメイドにする場合、希望を全て詰め込むと費用はかさみます。 既製品でご自身の理想通りの物が見つかれば、費用も時間も節約できるため、最善策となります。

しかし、理想の製品に出会えないこともあります。 そんな時は、シンプルな物を購入し、自分で色味を変えたりインテリアにこだわることで、一味違う靴箱にすることも可能です。

オプションを最低限に

靴箱の材質のグレードを上げる、棚の段を増やすなど、業者の提案を聞いているとどれも素敵に思えて、できることは全てしたいと思ってしまうものです。 しかし、オプションをつけるほどコストはかかります。

また、必要なものは人によって様々です。 ご自身にとって使い勝手の良い靴箱にするためには何が必要なのか洗い出してみましょう。 付けるべきオプションが見えてくるはずです。

考えられる事例

靴箱のリフォーム費用を抑えて玄関全体をリフォーム

玄関をリフォームする際、美観のために靴箱のリフォームを考える場合もあると思います。 例えば靴箱の雰囲気を変えるため、扉のみを取り替えるというものです。

側面や棚の上など、見える部分は扉の色と似た色のシートを貼ることで費用を抑えます。 そして、玄関の壁紙や床材を貼りかえるリフォームであれば、工期も短く玄関の印象を変えられます。 価格は12万円程度です。

靴箱をオーダーメイドにする

玄関のスペースによっては既製品が合わない場合もあり、オーダーメイドせざるを得ない場合もあります。 オーダーメイドではどのようなことができ、価格はいくらかかるのか気になるところです。

まず、サイズを決めます。 玄関にぴったり設置するために靴箱の外寸は大切ですが、中が小さすぎると靴が収納できなくなってしまうので、内寸も大切です。 ご家族に男性のいらっしゃる方は、男性用の靴も入るサイズなのか、忘れずに確認しましょう。

靴箱の棚を可動式にすることで、靴の丈に合わせて棚の高さを調節できます。 靴以外にも傘などを置くスペースとしても活用でき、とても便利です。 価格は28万円程度となります。

収納力のある靴箱を大工工事でお得に

靴箱のサイズが大きいほど費用はかかります。 そこで、靴箱の構造部分は大工工事にすることでコストダウンをはかれます。 内部に防臭機能を施しても、20万円で施工可能です。

まとめ

靴箱のリフォーム価格についてご紹介しました。 既存の物を活かすのか新しい物を設置するのかだけでなく、既製品とオーダーメイド品、オーダーメイドであればどこまでこだわるのかなど、価格の幅は広いです。

費用をかければこだわりの靴箱になりそうに思えますが、家族構成や収納するものによっては、費用をかけなくても使い勝手の良い靴箱にすることは可能です。

玄関に収納したいものや、玄関全体の印象など、あらゆる点から考えることでご自身に合う靴箱が見えてきます。 玄関収納で譲れない点を洗い出し、理想に合った靴箱リフォームを目指しましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります