2022年6月27日

【2022年度版】天井の張り替えリフォームの費用相場は? お願いするポイントなどを解説

この記事では天井の張替え・修理の費用相場と張り替え・修理を行うべきタイミングの目安をご紹介いたします。 「天井の壁紙がはがれてしまい見栄えが悪い」「天井にカビがはえてきた」「天井の色が黄ばんできた」などでお悩みの方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

天井の張替え・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 天井の張替え・修理 を行う場合の概算費用です。

クロスの張替え(20平米)
10,000円〜30,000円
石膏ボードの張替え(20平米)
30,000円〜60,000円
穴の補修
10,000円〜30,000円
ベニヤ合板貼り(20平米)
50,000円〜70,000円

まずは相談から

業者を予約

天井の張替え・修理とは

天井の張替え・修理とは

天井の張替え・修理とは、タバコのヤニなどが付着して天井の汚れが目立つとき、雨漏りなどで天井が腐食してしまったり、カビが発生してしまったりしたときに利用するリフォームの一種です。

天井板の全面張り替えや一部張り替えを行ったり、天井のクロスを張り替えたり、天井の塗装をしたりします。 天井に重たい照明を取り付けたいときの、天井の補強なども天井の張替え・修理で行うことができます。

今使っている天井にシミなどの汚れが目立つ場合や、カビが発生している場合は、天井の張り替え・修繕を行うことをおすすめします!

天井の張替えを、DIYで行おうとする人がいますが、かなり難易度の高い作業になります。 絶対にできないということはありませんが、よほど腕に自信がある人でない限り、見た目も悪く、納得できる仕上がりになることはほとんどありません。 天井のクロス張替えや塗装は、業者に依頼することを強くおすすめします。

天井の張替え・修理の種類をご紹介

天井の張替え・修理の種類をご紹介

天井の張替え・修理にはいくつかの種類があります。 種類はリフォームをしたい床の状態によって使い分けていくことになります。

それぞれのリフォーム方法の特徴やメリットを紹介します。

①クロスの張り替えリフォーム

天井のリフォームの多くはクロスの張り替え作業になります。 天井のクロスを張り替えることで、部屋のイメージを変えたり、タバコのヤニで汚れてしまった天井をきれいにしたりすることができます。 費用も比較的安く、家具などの移動もほとんど必要ありませんので、作業時間も短く手軽にできるリフォームです。

②天井板の補修

天井に大きな穴が開くというようなことはあまりありませんが、雨漏りによる腐食などで、小さな穴が開いてしまうようなことがあります。 穴が開かないまでも天井材がボロボロになってしまっているケースもあります。 このようなときは、クロスを剥がして天井板の一部、もしくは全体を張り替えることで、天井の見た目も強度もアップさせることができます。

③補強工事

天井はそもそも、あまり重たいものを支えるようには作られていませんが、補強工事を行うことで、重い照明を吊るす場合の荷重に耐えられるようにできます。

天井の張り替え・修理を依頼する時のポイント!

天井の張り替え・修理を依頼する時のポイント

天井の張替え・修理の種類についてご説明しましたが、実際に張り替え・補修の依頼する場合では、天井をどのような素材でどのようにリフォームするかを考える必要があります。

これに関しては、天井をなぜ張替え修理をしようと思ったのかという理由と天井で使われている素材を抑えることが大切です。 それによって、リフォームの種類や手順が変わってきます。

もし、「天井の見栄えを綺麗にしたい」という理由であれば、天井のクロスを張替えるだけですごくきれいになります。

また、この場合は費用も抑えられます。 もし、天井にジプトーンといわれる材料が使われているのであれば、上から塗装できれいにする方法もありますし、薄いベニアを貼りクロスで仕上げる方法もあります。 そして、「骨組み下地からきれいにしたい」という場合、天井を支えている下地部分を解体し、新しい木材で下地から張り替えることが必要になってきます。 これが一番コスト高になりますが、みえないところも新しくなり築年数30年以上の家にお勧めです。

天井の張替え・修理の費用相場はどれぐらい?費用を抑えるポイントもご紹介!

では天井の張り替えにかかる費用は、いったいどのくらいかかるのででしょうか? 具体的に見ていきましょう。

工事内容

クロスの張替え(20平米)

1.8〜3万円

石膏ボードの張替え(20平米)

3〜6万円

穴の補修

1.5〜3万円

ベニヤ合板貼り(20平米)

5〜7万円

天井の張替え・修理の費用は作業内容と材料によって決まります。 天井の張替え・修理の費用を安くしたいのであれば、できるだけシンプルな作業にして、できるだけ安い材料を使うことになります。

天井の一部に気になる汚れを見つけた場合は、一部だけを修理することで費用を抑えることもできます。 また、クロスの張替えではなく、クロスを塗装するという選択肢もあります。

また、業者によって工法や金額が変わってくるのも天井の張替え・修理の特徴の一つになります。 張替えのほうが安くなる業者もあれば、塗装のほうが安くなる業者もあります。 3,4社から見積もりを取り、作業方法についての説明を受けるようにしましょう。 安さだけで選ぶのではなく、業者の応対も含めて業者選びを行いましょう。

天井の張り替え・補修はリフォマにお任せください!

ここまで天井の張り替えリフォームについて解説してきました。 なるべく費用を抑えて天井の張り替え・補修をしたい方に朗報です!リフォマは中間業者を介さずに、ご要望に合う専門業者を直接ご紹介します。 中間マージンが上乗せされないため、管理会社や営業会社などより安く費用を抑えることができます。 また、独自の審査基準による業者の選定も行っているので信頼できる業者に頼むことができます。下記のボタンからお気軽にご相談ください!

天井の張替え・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 天井の張替え・修理 を行う場合の概算費用です。

クロスの張替え(20平米)
10,000円〜30,000円
石膏ボードの張替え(20平米)
30,000円〜60,000円
穴の補修
10,000円〜30,000円
ベニヤ合板貼り(20平米)
50,000円〜70,000円

まずは相談から

業者を予約

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい方へお知らせです。リフォマは中間業者を介さずに、ご要望に合う専門業者を直接ご紹介します。中間マージンが上乗せされないため、管理会社や営業会社などより安く費用を抑えることができます。下記のボタンからお気軽にご相談ください!

リフォマは中間業者を介さずに、ご要望に合う専門業者を直接ご紹介します。中間マージンが上乗せされないため、管理会社や営業会社などより安く費用を抑えることができます。
リフォマなら中間マージンカットで専門業者をすぐ紹介

天井の張替え、修理のお役立ちコラム

Q.天井張り替え・修理の時期って?

室内のリフォームとして天井の張替えや修理を行う場面があります。 その時期としては、最も多い傾向にあることとして、経年劣化してしまうことによって、腐食してしまうことがあります。

湿気などが蓄積されてしまった場合では、天井にカビが発生してしまうこともあります。 この場合ではリフォームとして新しい天井に張替えを行うことになります。また、単に室内のイメージチェンジを行う場面でも張替えを行う方法もあります。

新しいデザインの素材を用いることによって、室内のイメージを大きく変えることもでき、同時に室内を明るく見せることもできます。 その一方で、冬期間などに積雪の多い地域などでは、天井に水滴が付着してしまうことがあるために、対策としてリフォームを行うケースも見られます。