2018年5月22日

天井の張替え・修理の費用相場とポイント

天井の張替え・修理の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、塗装・タイル張替えのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で天井の張替え・修理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

天井の張替え・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 天井の張替え・修理 を行う場合の概算費用です。

クロスの張替え(20平米)
1.8〜3万円
石膏ボードの張替え(20平米)
3〜6万円
穴の補修
1.5〜3万円
ベニヤ合板貼り(20平米)
5〜7万円

天井の張替え、修理のポイント

天井 張替え、修理

天井の張替え、修理を依頼する際の3つのポイントですが、一番大事なのは天井をなぜ張替え修理をしようと思ったのかです。一つ目は見栄えを綺麗にするというだけであれば、既存がクロスであればそれを張替えするだけでコスト面でもかなり安くすごくきれいになります。二つ目は天井の使っている材料はいろいろありますが、どうしたいかです。既存クロス以外の材料が現在使われている場合、例えばジプトーンといわれる材料であれば、上から塗装できれいにする方法もありますし、薄いベニアを貼りクロスで仕上げる方法もあります。

三つ目は骨組み下地からきれいにしたい場合です。これは大工工事になりますが、天井を支えている下地部分を解体し、新しい木材で下地からやり替えるパターンです。これが一番コスト高になりますが、みえないところも新しくなり築年数30年以上の家にお勧めです。

 

天井の張替え・修理で費用を抑えるポイント

天井の張替え・修理の費用は作業内容と材料によって決まります。床や壁と違って、日頃のメンテナンスも難しい場所ですので、「室内でタバコを吸わない」くらいしか天井を長持ちさせる方法はありません。ですので天井が劣化してしまうのは、ある程度仕方がないことです。天井の張替え・修理の費用を安くしたいのであれば、できるだけシンプルな作業にして、できるだけ安い材料を使うことになります。

例えば雨漏りなどで天井の一部が腐食してしまったようなケースでは、天井板をすべて取り替えるのではなく、一部だけを修理することで費用を抑えることができます。クロスの張替えではなく、クロスを塗装するというのも天井の張替え・修理の費用を抑えるための選択肢の一つになります。かならずしも安くなるわけではありませんが、廃材が発生せず、クロスを剥がす時間も不要になるため、費用が下がる傾向にあります。

また、業者によって金額や最適な工法が変わってくるのも天井の張替え・修理の特徴の一つになります。張替えのほうが安くなる業者もあれば、塗装のほうが安くなる業者もあります。3,4社から見積もりを取り、作業方法についての説明を受けるようにしましょう。安さだけで選ぶのではなく、業者の応対も含めて業者選びを行いましょう。

天井の張替え・修理とは

タバコのヤニなどが付着して天井の汚れが目立つとき、雨漏りなどで天井が腐食してしまったり、カビが発生してしまったりしたときに利用するリフォームが天井の張替え・修理です。
天井板の全面張り替えや一部張り替えを行ったり、天井のクロスを張り替えたり、天井の塗装をしたりします。天井に重たい照明を取り付けたいときの、天井の補強なども天井の張替え・修理で行うことができます。

天井の張替え・修理の種類とメリット

天井の張替え・修理にはいくつかの種類があり、リフォームをしたい床の状態によって使い分けていくことになります。ここではそれらのリフォーム方法の特徴やメリットを紹介します。

クロスの張り替えリフォーム
天井のリフォームの多くはクロスの張り替え作業になります。天井のクロスを張り替えることで、部屋のイメージを変えたり、タバコのヤニで汚れてしまった天井をきれいにしたりすることができます。費用も比較的安く、家具などの移動もほとんど必要ありませんので、作業時間も短く手軽にできるリフォームです。

天井板の補修
天井に大きな穴が開くというようなことはあまりありませんが、雨漏りによる腐食などで、小さな穴が開いてしまうようなことがあります。穴が開かないまでも天井材がボロボロになってしまっているケースもあります。このようなときは、クロスを剥がして天井板の一部、もしくは全体を張り替えることで、天井の見た目も強度もアップさせることができます。

補強工事
一般家庭ではあまりないのですが、カフェのような店舗では、シーリングファンのように、従来よりも重たい照明が必要になることがあります。このようなケースでは天井の補強工事を行います。天井はそもそも、あまり重たいものを支えるようには作られていませんが、補強工事を行うことで、重い照明を吊るすだけではなく、耐震強度もアップさせることができます。ただし、耐震性を上げることがリフォームの目的である場合は、耐震用のリフォームを選ぶようにしましょう。

天井の張替え・修理を選ぶポイントと注意点

天井のクロス張替えを、DIYで行おうとする人がいますが、天井の場合は作業の難しさが壁面と比べて格段にアップします。絶対にできないということはありませんが、よほど腕に自信がある人でない限り、見た目も悪く、納得できる仕上がりになることはほとんどありません。
脚立に乗っての作業になりますので、安全面からも天井のクロス張替えや塗装は、できるだけ業者に依頼するようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

天井の張替え、修理のお役立ちコラム

Q.天井張り替え・修理の時期って?

室内のリフォームとして天井の張替えや修理を行う場面があります。その時期としては、最も多い傾向にあることとして、経年劣化してしまうことによって、腐食してしまうことがあります。

湿気などが蓄積されてしまった場合では、天井にカビが発生してしまうこともあります。この場合ではリフォームとして新しい天井に張替えを行うことになります。また、単に室内のイメージチェンジを行う場面でも張替えを行う方法もあります。

新しいデザインの素材を用いることによって、室内のイメージを大きく変えることもでき、同時に室内を明るく見せることもできます。その一方で、冬期間などに積雪の多い地域などでは、天井に水滴が付着してしまうことがあるために、対策としてリフォームを行うケースも見られます。