2018年5月18日

ブラインド取付・修理の費用相場とポイント

ブラインド取付・修理の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、取付・修繕その他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でブラインド取付・修理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

ブラインド取付・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした ブラインド取付・修理 を行う場合の概算費用です。

取付け(1〜5箇所)
1〜2.5万円
取付け(5〜10箇所)
2〜5万円
ブラインド修理
0.8〜1.5万円

ブラインドの取付、修理のポイント

ブラインド 取付、修理

【ポイント1】
ブラインドにはオーダーメイドと既製品があります。取付たい窓の寸法が、既製品と合う場合は、既製品を使うと費用が安く済みます。

【ポイント2】
一般的に広く用いられているブラインドは、アルミ製と木製で、木製の方が価格は高い傾向にあります。アルミ製でも、光触媒などの特殊効果付きのものは割高になります。また木製は、羽に厚みがあり、自然の木を使用するために製品が重くなってしまう難点があります。そのため、木製ブラインドを使う場合は開閉に時間がかかりることから、あまり頻繁に開閉する必要のない部屋での使用が向いていると言えます。

【ポイント3】
ブラインドの代表的な修理箇所としては、昇降コードが切れた場合の昇降コード交換が挙げられます。また、羽(スラット)が折れた場合は羽を交換することは可能ですが作業は難しくなります。

  

ブラインド取付・修理で費用をおさえるポイント

ブラインドは、窓の大きさに合わせてオーダーメイドで作ることもできますが、あらかじめサイズの決まっている既製品に比べると商品の価格は高くなります。そして取付ける窓の大きさやブラインドの素材で商品の価格にも違いが出てきます。

取付けたい窓に合ったサイズの既製品がある場合には、そのまま既製品を取付けた方が費用も安く済みます。素材には木製やアルミ製、ファブリック製のものがあり、木製のもが一番価格が高くなっています。ブラインドは自分でも取付けることも可能なので、自分で取付けをすれば取り付けにかかる費用等をおさえることができるでしょう。ブラインドをホームセンターで購入する場合は、サイズや素材等が限られますが比較的安い価格で購入することができます。

また、インターネットを利用して価格の安い商品を購入するのも費用をおさえるポイントの一つです。その他には特にメーカーにこだわりが無ければ、希望する機能を業者に伝えて機能的に要件を満たす商品を提案してもらったり、型遅れの商品や業者の過剰在庫を使うとさらに費用をおさえることができるので、業者に相談してみて下さい。修理は素人ではなかなか難しい場合が多く、業者に依頼する方が良いでしょう。そして複数の業者に見積もりを取って、比較検討をしてみて下さい。

ブラインド取付・修理とは?

ブラインドはカーテンと同じく窓に取付けるものですが、取付けは比較的簡単で自分でも取付けることも可能です。カーテンとは異なり、採光や風通しなどを自由に調節することができるので便利です。

取付け方法には、窓枠の外側に取付ける「正面付け」と、窓枠の内側に取付ける「天井付け」の二つの方法があります。またブラインドに不具合が現れた場合は、修理は素人では難しいので業者に依頼するようにしましょう。

ブラインド取付・修理の種類とメリット

ブラインドの取付けには窓枠の外側に取付ける「正面付け」と窓枠の内側に取付ける「天井付け」の二つの方法がありますが、天井付けは窓枠に収まっているので見た目がすっきりとしています。そしてブラインドの上げ下ろしの操作には「ポール式」や「ロッド・コード式」、「コード」の三タイプがあるので、ご自分の使い勝手の良いものを選ぶと良いでしょう。

ブラインドの素材には木製やアルミ製、ファブリック製があり、色や模様もバラエティーに富んでいます。取付ける部屋や用途に合わせて適切なものを選んで下さい。例えばリビングではソファー等の色と合わせるとインテリアと調和しますし、キッチンにはお手入れのし易いアルミ製のものを選ぶと良いでしょう。

また模様があるものはインテリアの一部にもなります。スラット(羽)も横型や縦型があり、縦型のものはスタイリッシュな印象になります。そしてスラットの幅も様々で、幅が狭いものはすっきりとした印象になり、幅の広いものはインパクトがあり大きな窓などに適しています。

ブラインドはシンプルで採光や風通しを自由に調節できたり、必要に応じて目隠しもすることができるので便利です。最近では汚れが落としやすいフッ素コートが施してあるものもあり、掃除もしやすくなっています。

修理には、昇降コードが切れた場合の昇降コードの交換などがあります。またスラットが折れた場合は羽を交換することは可能ですが、修理は難しくなるので業者に依頼をしましょう。

ブラインド取付・修理を選ぶポイントと注意点

ブラインドは様々な色や素材のものがあり、取付ける部屋や用途に合わせて適切な素材を選ぶと良いでしょう。好みに合わせてスラットの向きや幅も選ぶことができるので部屋のインテリアなどと調和するものを取付けましょう。

また取付けの際は、ブラインドが落下しないように確実に取付ける必要があります。不具合がある場合は業者に依頼をして、修理か交換かを見極めてもらうようにすると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

ブラインドヴの取付、修理のお役立ちコラム

Q.ブラインド取付(修理)のタイミングって?

ブラインドを室内の窓に設置することがありますが、ブラインドの場合ではカーテンと比較されることが多い傾向にありますが、場所によっては染みなどが付着してしまっても、洗い流すことのできるブラインドが必要とされている場所もあります。

タイミングで言えば、既存のブラインドが古くなったり壊れてしまったときに新調する場合や、これまでカーテンをかけていた窓に、下ろしたままで風通しを良くできるブラインドへの交換を望んだ時、部屋の模様替えの際に一緒にブラインドのデザインを変えるケースなどもあるでしょう。

また、金属製のものは、壊れてはいなくても経年劣化によって変形をしてしまうことがあり、見栄えがとても悪いです。ブラインドは部屋全体の印象にも繋がりますので、そういった場合も取替えのタイミングといえるでしょう。