2018年5月22日

飛散防止フィルム貼付けの費用相場とポイント

飛散防止フィルムの金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、取付・修繕その他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で飛散防止フィルムしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

飛散防止フィルム貼付けの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 飛散防止フィルム貼付け を行う場合の概算費用です。

50ミクロン
0.5〜1万円
100ミクロン
0.7〜1.2万円
150ミクロン
0.8〜1.5万円
200ミクロン
1.2〜1.8万円

飛散防止フィルムのポイント

飛散防止フィルム

飛散防止フィルムとは窓などのガラスに貼ることができる透明なフィルムのことです。地震などの災害などがあったときに窓ガラスが割れた場合に、割れた窓ガラスの破片が細かく散らばることを防ぐために使われています。細かく砕かれた破片が周囲に散らばるとそれを踏むことにより二次的災害が発生する危険がありますが、このフィルムをガラスに貼ることでそうした二次災害を防ぐことができます。

飛散防止フィルムにはいくつかの種類があります。ガラスが割れたときの飛散を防止するだけではなく、通常の採光の場合にも紫外線をカットしてくれる機能を併せ持つものなどがあります。また飛散防止フィルムの中には家の外部から家の中を見えなくさせる機能を持つものもあります。

  

飛散防止フィルムで費用をおさえるポイント

飛散防止フィルムは、使用するフィルムの種類やフィルムを貼る窓ガラスの面積などによって違いが出てきます。そして高所の窓ガラスにフィルムを貼る場合は施工環境によっては足場を設置して作業することがあります。このような場合には、足場組立費用などが別途必要になります。

フィルムには厚さが異なるものや凹凸ガラス用のフィルム、シートにデザインが施されているものやグラデーションになっているものもあります。厚さが大きくなるものやデザインが施されているもの、特殊なガラスに貼るシートは商品の価格も若干高めになっています。フィルムを貼る場合にはフィルムを貼る面積が多いほど割安になり、貼る面積が少ないほど割高になってしまいます。

フィルムは一つの窓だけはなく一度に複数の窓に貼るという方法をとると費用をおさえることができるでしょう。またいくつかの条件を満たすことが条件となっていますが、自治体に申請をするとフィルムの貼り付けに必要な費用を補助してくれる場合もあるようです。詳しくはお住まいの各自治体へ問い合わせてみて下さい。

飛散防止フィルムとは?

飛散防止フィルムとは、窓ガラスなどに貼る透明なフィルムのことです。地震や台風等の災害時に、強い衝撃や強風で割れた窓ガラスの破片が細かく飛び散ることを防いでくれます。

飛び散った破片が直接当たると大変危険なのはもちろんですが、飛散防止フィルムを貼っておけば飛び散った破片を踏んでけがをするという二次的災害も防ぐことができます。また飛散防止フィルムにはUVカットや結露を軽減するという機能もあります。

飛散防止フィルムの種類とメリット

飛散防止フィルムの種類には普通窓ガラス用のフィルムや凹凸ガラス用のフィルムがあります。一般的なフィルムの厚さは50ミクロンですが、200ミクロンまでの厚さのものがあり、窓ガラスの大きさや種類によって適切な厚さのフィルムを選ぶことができます。またフィルムに色々な模様が施されているデザイン性の高いものやグラデーションになったものもあります。インテリアとして取り入れるとお部屋のイメージも変えることができたり、目隠しとしての効果もあります。

飛散防止フィルムは、特に地震や台風などの自然災害の防災対策としてとても有効です。窓ガラスにフィルムが貼ってあることにより、窓ガラスに衝撃が加わってもガラスの破片が飛び散ることがなく、飛び散った破片でケガをする心配もなく安全です。その他にも強風などにより飛来物が窓にぶつかった場合でも、飛来物がガラスを貫通するのを防いでくれます。

また普段の日常生活で万が一窓ガラスが割れることがあった場合も、小さな子供や高齢者の方がいらっしゃるご家庭も安心です。またフィルムには紫外線を99%以上カットしてくれるという機能もあり、日焼けを防いでくれるのはもちろんですが、家具やフローリング、畳、壁紙などの日焼けを防止することができます。そして窓ガラスの結露も軽減してくれるという効果もあります。このように飛散防止フィルムは災害時の対策として、また日常生活においても活用することで様々なメリットが得られるということが言えます。

飛散防止フィルムを選ぶポイントと注意点

窓にフィルムを貼る作業は一見簡単そうですが、実は専門的な技術が必要で貼る面積が大きくなるほどその難易度は高くなります。素人が行うと気泡やしわができてしまうことが多く、気泡やしわができてしまうと機能を発揮しない事もあります。

フィルムの貼り方でフィルムの寿命も大きく変わってくるので、飛散防止フィルムを長く効果的に使用するためにも作業は専門の業者に依頼をするようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

飛散防止フィルムのお役立ちコラム

Q.飛散防止フィルムのメリットについて

大きな建物になると窓ガラスへの対処が必須となります。

特に飛散防止フィルムでの対応は万が一の場合の二次災害を予防する意味でも重要なものになっています。地震や台風などの暴風ではガラスが破壊される可能性があるのですが、万が一破壊された場合でもガラスの飛散を防ぐことは重要な問題なのです。

例えば高層ビルの場合、簡単にガラスが飛散するようではその下を歩く人は安心することができません。これらの問題を予防するためにも飛散防止フィルムの対応は非常に重要なことであるという認識をしなければなりません。

高層ビルでない場合もフィルムによって保護をすることは多くのメリットがあります。災害時に建物の内外を保護するために有効に機能します。