2017年12月4日

タンクと便器の間からの水漏れの修理方法と料金相場

タンクと便器の間からの水漏れの修理方法と料金相場を解説しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、トイレ水漏れ・つまりのトラブルに緊急駆けつけ・修理対応ができる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でタンクと便器の間からの水漏れしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

タンクと便器からの水が漏れた時の解消法自分で出来る対処法と修理費用

トイレからの水漏れは、内部からでなく外部が原因であることも多いといわれています。その原因の一つがトイレタンクと便器をつなぐ連結部分の不具合。もしくは、便器自体にひびなどの障害が起こっている場合です。ここでは、こうしたタンクや便器の不備からくる不具合に関しての情報をわかりやすくまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

トイレタンクや便器の水漏れの原因と症状

タンクの不具合は、多くはタンクと便器をつなぐ連結部分に何らかの障害が出ているからだといわれています。これらが原因で出ている水漏れに関しては、各パーツのボルトを締めなおしたり、破損しているなどの症状がでている部品を交換することで不具合を解消することができます。

部品自体も100円前後から購入できるものがあるので、お店に部品を持ち込んで手に入れるようにしてみましょう。しかし、タンクや便器自体にヒビが入ってしまったり、一部が破損していたりする場合には注意が必要。小さなヒビに関してはパテなどで応急処置をすることは可能ですが、ヒビの規模によっては、タンクや便器自体を交換することが必要になる場合もあります。

また、自力で修理しようとしてかえってヒビを大きくしてしまったというケースもあるので、ヒビや破損箇所などを発見した場合には、すぐに専門の業者に修理を依頼するようにしましょう。

トイレタンクや便器から水が漏れてしまった場合の直し方

タンクや便器からの水漏れには、ある程度の専門知識や技術が必要不可欠。基本的には専門業者に修理を依頼することをオススメします。

とくに大きな水漏れの場合には、トイレそのものに何らかの損傷がある可能性がとても高いといわれています。応急処置としては、止水栓をドライバーでしっかりと閉め、これ以上水が出ない状態にすることが大切です。水が止まっていることを確認したら、専門業者に連絡をとって対応してもらうようにしましょう。

反対に水漏れの状況がそこまで酷くない場合には、タンクや便器などを接続しているパッキンなどが何らかの理由で劣化、損傷したことにより水漏れが起こっていることが考えられます。その場合には、劣化、損傷したパッキンを新しいものに交換してあげることで、水漏れを解消することができます。

普段から家庭で修理をしている方は、以下に交換方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

用意しておくもの

  • プラスドライバー
  • パッキン

実際の対処法

STEP1 止水栓を止める まず止水栓を閉じて水を止めます。時計回りに回してあげることで栓を閉じることができます。 STEP2 パッキンの交換 破損箇所に合わせてパッキンのサイズも測っておきましょう。サイズを確認して、ホームセンターなどでパッキンを購入。サイズが不明な場合には、すでにあるパッキンをお店などに持っていって確認しておくといいでしょう。パッキンが用意できたら、水漏れが起きている箇所のパッキンを新しいものに交換していきます。 STEP3 止水栓を開けて水を流します パッキンを交換してもなお水漏れが止まらない場合には、他に原因がある可能性が高いです。専門業者に修理を依頼した方がよいでしょう。 ※タンクや便器にヒビや破損箇所がある場合には、自力で修繕しようとはせずに、速やかに専門業者に依頼しましょう。

予防方法と注意点

タンクや便器の不具合による水漏れを予防するためには、掃除をこまめに行うこと。そしてトイレ内を換気しておくことが最も効果的だといわれています。

タンクを掃除するときに固形や液体タイプの洗浄剤を入れたりする方も多いと思いますが、これらの方法はあくまでこれからの汚れを予防に効果を発揮するのであって、これまでに蓄積された汚れを取りきるということはできません。そのため、3か月に一度くらいの頻度でもいいので、トイレタンクの中をじっくりと掃除することをお勧めします。

掃除で用意するものは中性の洗剤と、細部まで汚れをとるためにある程度の細さをもったブラシ。使い古した歯ブラシなどでも代用ができますが、奥にある汚れを取るためには、多少なりとも柄が長いブラシのほうがやりやすいでしょう。また、耐水性のあるサンドペーパーも有効です。1000番くらいのものが一番使いやすいのではないでしょうか。

具体的な掃除のやり方は、まず、タンクの中にある細かいプラスチック製の部品を、ゆっくりと丁寧に掃除ブラシなどで掃除していきます。次に、タンクのふた、本体の陶器部分も傷をつけないようにひとつひとつ掃除をしていきましょう。中性洗剤とブラシだけでは落ちないがんこな汚れがあったら、耐水サンドペーパーの出番。水分を少々つけて、ゆっくりと擦ってあげるとたいがいの固さの汚れはもきれいに拭き取ることができるでしょう。

しっかり汚れが落ちたら、洗剤とはがれた汚れを流していきます。上部にある水がたまらない箇所も、水をかけて洗い流すようにしましょう。

最後にタンクの中に洗浄剤などを入れておけば、ある程度の期間は、洗ったままの状態を保つことができます。

細かいメンテナンスなどを行って、トラブルを回避するようにしておくと安心です。

プロに依頼した場合の費用相場の目安

タンクの水漏れ・修理の費用相場

トイレの水漏れ

18,000〜23,000円

タンク内部品交換(タンク脱着なし)

8,000〜12,000円

タンク内部品交換(タンク脱着あり)

12,000〜16,000円

フラッシュバルブ交換

8,000〜11,000円

トイレタンク交換(内部金具含む)

15,000〜18,000円

ボールタップ交換

8,000〜11,000円

ロータンク密結パッキン交換

10,000〜11,000円

ロータンク給水管パッキン交換

10,000〜13,000円

ゴムフロート交換

8,000〜11,000円

ロータンクサイフォン交換

10,000〜13,000円

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります