Thumb pixta 14997634 s
2017年12月5日

給水管からの水漏れの修理方法と料金相場

給水管からの水漏れの修理方法と料金相場を解説しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、トイレ水漏れ・つまりのトラブルに緊急駆けつけ・修理対応ができる、施工事例豊富な地域施工店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で給水管からの水漏れしましょう。

3分で簡単入力! /

無料で見積もる

給水管からの水漏れ、自分で出来る対処法と修理費用

給水管とは、主にトイレタンクと壁面をつないでいる管のことで、ここから水がトイレタンクの中に送られ、水洗の機能を果たしています。 この給水管の寿命は15年ほどといわれていますが、使われている素材や使用状況により前後する場合もあり、小まめなメンテナンスは欠かせません。

外側には異常が見られないけれど、内部はサビついていたというケースも非常に多いといわれています。 ここでは、給水管の不具合が原因で起こる水漏れトラブルの解消法や注意点についてくわしく紹介していきたいと思います。

プロに依頼した場合の費用相場の目安

排水管の水漏れの際、業者に依頼をしたときの費用の目安をご紹介します。

  • トイレの水漏れ 8,000〜11,000円
  • タンク内部品交換(タンク脱着なし) 8,000〜12,000円
  • タンク内部品交換(タンク脱着あり) 12,000〜16,000円
  • フラッシュバルブ交換 8,000〜11,000円
  • トイレタンク交換(内部金具含む)15,000〜18,000円

給水管の不具合で水漏れがおきてしまう原因

管の種類によっても違いますが、給水管の耐用年数は15年ほどが一般的だといわれています。 ただし、使用状況などによっては10年も経たないうちに管の内部には赤サビなどが発生するとされており、 この赤サビが原因で腐食やつまりなどのトラブルが引き起こされることがあるようです。

管の種類において最も赤サビが発生しないのは塩化ビニールなどの樹脂系の素材のものだといわれていますが、 永久にサビないというわけではありません。

そのほかの水漏れの原因としては、給水管本体の「ひび割れ」によるもの。 給水管にひびなどの損傷が見られるときには、給水管本体を交換する必要があります。

この場合、給水管の部分だけを交換すればいいので、処置さえおぼえておけば素人でもすぐに対処できそうですが、トイレの種類によっては専用の給水管を取り付けなければいけない場合もあるので、分からない場合は専門業者に交換を依頼した方がよいでしょう。

給水管の水漏れを解消する方法

給水管の水漏れを解消するには、専門的な知識と技術が必要不可欠です。 そのため、これらの不具合を発見した場合には、被害が大きくなる前に専門業者に依頼することをお勧めします。

しかし、パッキンの交換といった軽度の症状であれば多少の知識があれば修理を行うことは可能です

もし専門業者に連絡するか判断に迷うときには、水漏れの量をチェックしてみるといいでしょう。 もし、大量に水漏れが起きているようであれば、給水管自体に損傷がある確率が高くなってきます。 この場合には、速やかに下記に記載している要領で止水栓を閉じて専門業者に依頼することをお勧めします。

反対に、水が漏れている量が少ない場合には、接続部分であるパッキンが不具合を起こしている可能性が高くなります。 この場合にもまず止水栓を閉じ、下記の流れでパッキンを交換してみてください。

用意しておくもの

  • プラスドライバー
  • パッキン

実際の対処法

STEP1 止水栓を止める
まず止水栓をマイナスドライバーを使用して水を止めます。時計回りに回すと栓を閉じることができます。止水栓自体がサビ付いてしまっている場合には、無理はせず、専門業者に依頼するようにしましょう。

STEP2 洗浄管を測定
給水管の直径をノギスを使って測定します。 ノギスとは、さまざまな形状の木材や金属パイプなどの長さを測定することができる道具で、ホームセンターや100円ショップなどで販売されています。 測定後は、そのサイズに合致したパッキンを購入します。パッキン自体はホームセンターなどに行けば比較的簡単に購入することができるでしょう。

パイプの太さによってはパッキンの大きさが異なることがあるので注意しておきましょう。 サイズを測ることができない場合には、パッキンの現物をホームセンターなどに持ち込んで、照らし合わせてみるといいでしょう。

STEP3 パッキンを交換
パッキンが用意できたら水漏れが起きている箇所のパッキンを新しいものに交換します。

STEP4 止水栓を開ける
STEP1で閉じた止水栓を開けて水を流します。この時に水漏れが直っていない場合にはパッキン以外にも不具合が出ている可能性が高いです。専門業者に修理を依頼しましょう。

予防方法と注意点

給水管のトラブルを回避するには、給水管自体に負担をかけないことが最も重要になってきます。

しかし、給水管の内部までメンテナンスを行うのは非常に困難であるため、老朽化や経年劣化はやむを得ないといわざるをえません。 メンテナンスで重要なことはこれらの劣化をどのようにして遅らせるかに注力することになります。

そのため、汚れなどの腐食を防ぐために小まめに掃除を行ったり、 気温による損傷を回避するために積極的に換気を行うといったことを日頃から気を付けていると格段にトラブルを避けることができます。

さらには、トイレ自体のメンテナンスを定期的に行うことで、部品の劣化を早期発見できたり、設備不良による不具合を解消することができます。 また、温度や湿気による劣化の進行を防ぐためにトイレ内の換気などを頻繁に行うことは、水漏れを回避すると同時に、便器そのものの寿命を延ばすことにもつながるので、ぜひ日頃から気を付けておくとよいでしょう。

給水管からの水漏れが少量だからといってそのままにしておくと、給水管だけでなく床の寿命も縮みかねません。 常に床が濡れているような状態にある場合、床自体が傷んだり、カビが発生したりして、腐食してしまう可能性が高くなってしまうのです。最悪の場合には、大規模なリフォームが必要になってしまうことも珍しくありませんので、早めに対処するようにしましょう。

どうしても水漏れが改善しない、自分では対処しようがないということであれば、速やかに専門業者に依頼しましょう。 また、定期的に専門業者による点検やメンテナンスを行っておくと、経年劣化によるトラブルなどをプロの視点からいち早く見つけることも可能になるのでお勧めです。

\ 詳しいことはまず相談 /

安 心

リフォマ独自の審査で業者を厳選

厳しい施工店審査を実施!各ジャンル施工事例、施行したユーザーの口コミを確認して、安心・信頼できる施工店が見つかります。
簡 単

会員登録不要!依頼内容を送信するだけ

地域の郵便番号を入力するだけで、近くの施工店を簡単に探して問い合わせできます。
最 安

手数料なしの直接取り引き

施工店との直接取り引きで、中間マージンをカット!商品・工事費コミコミおn定額価格で、各施工店の価格・情報をじっくり比較できます。