2018年5月28日

ネイルサロンにおける看板の費用と設置する意味

ネイルサロンをこれから開業しようとしている人や、すでに開業しているけど集客で悩んでいるという人に注目してもらいたいのが看板の存在です。看板なんて店名が書いてあればいいんじゃないの? と思っている人も多いようですが、人気店の多くはこの看板作りにとても力を入れています。ここではそんな看板がどれくらいの費用で制作できるのか、そしてどのような効果が期待できるのかについて説明します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

ネイルサロンの看板制作費の内訳

ネイルサロン

出典:photoAC

それではまず、ネイルサロンの看板製作費の内訳を説明します。一般的に看板を作る際にかかる費用は大きく分けて3つあります。

・看板本体の価格
・デザイン費
・取付工事費

見積依頼をした場合、それぞれの費用に分けて金額が提示されます。デザイン費に関しては、自分で用意する場合は必要ありません。ただし、よほどセンスのいい人が作らないと、看板本来の役割を果たしてくれず、無駄な出費になる可能性があります。

看板デザインを専門に行っている友人がいれば別ですが、基本的にはデザインのプロに依頼して、集客効果を期待できるデザインに仕上げてもらいましょう。デザイン費用は3~5万円程度で、看板の大きさやデザインの複雑さによって多少変わってきます。

それ以上に費用が大きく変動するのが、看板本体の価格と取付工事費です。どのような理由で費用が変わるのか、次章で詳しく説明します。

看板の制作・取付け費用が変わるポイント

看板なんてどれも同じだと思っている人も多いようですが、チェーン店でもない限り世の中にまったく同じ看板はありません。そのため費用も看板によって様々です。どのような看板が高値になるのか、そしてどのような取付工事にお金がかかるのか見ていきましょう。

看板本体の価格が変わるポイント

単純に看板といっても、実に様々な種類があります。よく見かけるものだけでも、次のようなものがあります。

・突き出し看板
・壁面看板
・窓ガラスカッテイングシート
・チャンネル文字
・置き看板
・立て看板
・テント看板
・垂れ幕

例えば窓ガラスカッテイングシートなら1万円程度から作れますが、置き看板などは6万円以上します。最近見かけるようになった液晶看板のデジタルサイネージは45万円以上します。このように種類ごとにまったく金額が変わってきます。

さらに素材の違いも価格に影響します。1枚板のような高額な素材を使うと本体の価格が高くなりますが、アクリル板を使ったものが比較的安く仕上がります。また、看板は大きければ大きいほど高くなると考えてください。とはいえ予算が少ないからと言って、小さくしすぎると存在感のない看板になるので気をつけましょう。

取付工事の費用が変わるポイント

取付工事の費用は、どれくらいの人数がどれくらの時間をかけて作業を行うかによって決まります。カッテイングシートの場合は数時間で作業が済みますし、看板の運搬も簡単ですので、取付工事費はかなり低くなります。

一方で高所作業を行う場合には、作業者だけでなく交通整理も依頼しなくてはいけません。取付工事費を抑えたい場合には、予算を最初に伝えておき、その範囲でできることを提案してもらいましょう。

ネイルサロンの看板の役割/効果

ネイルサロンの看板がどれくらい重要なアイテムなのか、その役割や効果について説明していきます。看板を工夫することで集客率をアップすることが可能ですので、しっかり頭に入れておきましょう。

お店の存在を周知する

看板の重要な役割は「ネイルサロンがここにありますよ」と周知することにあります。開業しても看板がなければ、通行人は何のお店なのか分からずに通り過ぎてしまいます。立ち止まってもらうためには、何のお店なのか分かる看板を出します。

ときどきお店の名前だけのオシャレを意識した看板を見かけます。ネイルサロンはオシャレであることはとても重要なのですが、店名だけでは既にお店を知っている人しかやってきません。看板で集客したいのであれば、ひと目で何のお店か分かるようにしてください。

サービス内容と金額を伝える

看板にはお店の存在を周知するだけでなく、どのようなサービスをいくらで受けられるかという情報を伝える役割もあります。サービスや金額が分からないと、せっかく興味を示した人も「高額だったらどうしよう」と思って入店を避けてしまいます。

お店のHPなどを見てくれればいいじゃないかと思うかもしれませんが、それは経営側の都合です。よほど魅力的なお店でもない限り、お店の前を通りかかった人が、そのお店について調べようとはしてくれません。

ネイルサロンの場合は、実際のネイル例などを掲載しておくことで、よりイメージしてもらいやすくなります。すべてのコースのメニューを載せる必要はありませんが、ネイル例などを織り交ぜて効果的な看板を作りましょう。

ちなみに、最近のトレンドは置き看板の2枚使いです。ひとつには定番のメニューを記載して、もうひとつはメッセージボードに使ったり、季節のおすすめやキャンペーンの紹介に使ったりします。2枚の看板があることで、遊び心も出せますので、お店に親近感を持ってもらえます。

まとめ

ネイルサロンの看板について、その制作費用がどうやって決まるのか、設置することによってどのような効果を期待できるのかについてご紹介してきました。集客において看板がいかに重要なものか理解してもらえたと思います。

しかし、看板を設置すれば集客できるというものではなく、お客様にとって有益な情報がしっかりと記載されていることが求められます。とはいえ予算にあまり余裕がないときは、業者に相談をして予算内でより効果的な看板作りを目指しましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります