2018年5月22日

床暖房の取付・修理の費用相場とポイント

床暖房の取付・修理の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、床暖房新設・交換のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で床暖房の取付・修理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

床暖房の取付・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 床暖房の取付・修理 を行う場合の概算費用です。

電気式床暖房取付
30〜60万円
温水式床暖房取付
60〜80万円
ボイラー交換
20〜30万円

床暖房取付、修理のポイント

床暖房 取付、修理

床暖房は、室内で火を使わず、空気を汚さない、安全安心で健康的な暖房器具として、近年人気を集めています。床暖房は大きく2種類に分けられ、電気式と温水式があり、電気式には蓄熱材を使う方式と、使わない方式があります。温水式は電気・ガス・石油などで沸かした湯を、床下のパイプに循環させて温める方式です。電気式は施工が比較的簡単で、メンテナンスがほとんど必要ないというメリットがあります。立ち上がりも早く、すぐに暖かくなるということも魅力の一つですが、時間あたりにかかる光熱費は温水式より高めです。

施工方法は、既存の床材を剥がして張る方法の他に、剥がさずに上からヒーターと専用フローリングを重ね張りする方法もあります。重ね張りは、騒音やホコリによる室内の汚れがほとんどない上、工期も短く済むので住みながらの床暖房後付けリフォームも可能です。ただし、既存の下地板及び床組に劣化などの問題があれば、床下地材の交換または補修が必要となるので、既存のフローリング材も剥がす必要があるなど、状況によって施工方法を選択することが大切です。

一方、温水式は床材の施工以外にも、温水を作り出す熱源機の設置と、熱源機と床材を繋ぐ配管工事も必要となるため、工事が大掛かりになり、初期費用が高くなります。また、、通常1年に1回、ガスボイラーの点検や、床下配管内の不凍液の交換など、メンテナンスが必要です。温水式の最大のメリットは、光熱費が安く済むということでしょう。 電気式か、温水式かを選択する際には、床暖房を設置する規模と生活スタイルで決めると良いでしょう。

例えば、複数の部屋や、1部屋でも20畳以上の広い部屋に施工する場合、つけっぱなしにする時間が長い場合は温水式。1~2部屋のみに施工する場合や、朝夕程度の利用の場合は電気式というふうに選択することをお勧めします。床暖房の敷設は、床全体ではなく部分的にするのが一般的で、室内全体を床暖房で暖めるには、床面積の70%程度が適切とされています。

また、ソファーやベッド、大きな家具などの下には床暖房は必要ないので、事前に家具の配置が決まっている場合は、光熱費を抑えるためにもそれらの下には敷設しないことをお勧めします。床暖房敷設面積が床面積の50%であっても、上手な配置計画であれば十分な暖房効果が得られると言われています。

部屋によっては全体を暖めるまでの必要もない場合もあるでしょう。例えばキッチンにはシンクの前だけに敷設といったことも可能であり、お勧めです。ただし、断熱材や防湿層を適切に敷いておかないと暖房効果が下がってしまうので施工前にきちんと確認しておく必要があります。各ご家庭のニーズに合った床暖房の取付がより良い形で実現できるように、複数の業者さんに相談して見積もりを取り、比較検討することをお勧めします。

 

床暖房の取付・修理で費用を抑えるポイント

床暖房の費用を考えるときには、その工リフォーム費用だけではなくランニングコストも考える必要があります。例えばリフォーム費用が安い電気ヒーター式の床暖房を導入した場合は、電気代がかかるため、ランニングコストが高くなってしまいます。反対にリフォーム費用が高い温水式の床暖房を選んだ場合は、ランニングコストを抑えることができます。目先の費用を安く抑えたいのか、それとも将来的に発生する費用を抑えたいのかを決めるようにしましょう。

また電気ヒーター式でも温水式でも、従来の床材を剥がさずにその上から施工する重ね張り工法を採用することで、費用を抑えることが可能です。前提として下地がしっかりしていることが求められますが、床材や下地に問題がない場合、廃棄物も出ず、作業時間も短くなる重ね張りを採用することで、工事費用は大きく抑えることが可能になります。

そしてもうひとつ、床暖房の取付・修理では業者選びも費用を抑えるためには重要になります。床暖房はメーカーによって価格が違いますし、取り付けを行う業者によっても価格が違います。何も考えずに近所の業者に依頼するという方法もありますが、費用を抑えたいのであれば、3,4社に見積り依頼をして、コミュニケーションを取りながら業者を選ぶようにしてください。

床暖房の取付・修理とは

床暖房は冬場の足場を暖かくするためのリフォームで、床下に温水を流したり、床下をヒーターで暖めたりすることで、冬でも床の冷たさを感じることができずに暮らすことができるようになります。
現在の床材を取り除いて新規で施工することも可能ですし、現在の床材をそのまま利用して施工することも可能です。エアコンなどと違い、風を送ることがないため、ホコリ等が部屋を舞わないというメリットがあるリフォームです。

床暖房の取付・修理の種類とメリット

床暖房には大きく分けて「電気ヒーター式」と「温水式」に分けることができます。ここではそれぞれの特徴やメリットを紹介しますので、床暖房の設置をこれから考えている人は参考にしてください。

電気ヒーター式
電気ヒーター式の床暖房はホットカーペットを組み込んだ床だと考えてください。ホットカーペットは段差があり、見た目も良くないことがありますが、電気ヒーター式の床暖房は、一見すると床暖房を組み込んであることが分かりにくいというメリットがあります。ホットカーペットと同じですので、温め続けるとどんどんと電気代が掛かってしまいます。このため洗面所やトイレなどの狭いスペースへの設置がおすすめになります。

低温やけどの可能性もあるので注意が必要です。ただし施工費用が安く、メンテナンスもほとんど必要ないため、使い勝手に優れている床暖房になります。

温水式
温水式は床下に温水を流すことで床を暖める仕組みになっています。電気ヒーター式と違いオイルヒーターのような部屋全体がポカポカしてくる効果があります。導入したい部屋が大きい場合には、電気ヒーター式を採用するとランニングコストが上がりすぎてしまうのですが、温水式の場合、部屋が大きくなってもランニングコストはそれほど高くはなりません。いい事だらけのような温水式の床暖房ですが、初期費用が高くメンテナンスが必要であるというのも温水式の特徴になります。

床暖房の取付・修理を選ぶポイントと注意点

床暖房のリフォームを行うときに気をつけたいのが、床暖房の取付作業が2,3日はかかるということです。多くの場合が、リビングのような生活の中心となる場所をリフォームすることになりますので、生活が不便になることもあります。

床暖房の工事を依頼するときは、家族の生活リズムを考えて、床暖房の取付をしている部屋を使わなくていいように準備するようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

床暖房 取付、修理のお役立ちコラム

Q.床暖房取付の際の注意点って?

床暖房は加温熱源によって大きく2種類に分けられ、電気式と温水式があります。

電気式は施工が比較的簡単で初期費用が安いというメリットがありますが、光熱費は温水式よりも高くつきます。一方、温水式は床材の施工以外にも、温水を作り出す熱源機の設置と、熱源機と床材を繋ぐ配管工事も必要となるため、初期費用が高くなりますが、光熱費は安く済みます。

つけっぱなしにする時間が長かったり、家の複数の部屋など広い範囲を床暖房にする場合は温水式、朝夕程度の利用であったり、1~2部屋だけの設置であれば電気式というふうに、まずは各ご家庭での床暖房使用プランを考えてから選ぶようにしましょう。

床材については、床暖房に適した、耐熱性があって熱を伝えやすいものを使用する必要があります。一般的なフローリングは、熱に弱いことが多く、熱を加えると反りや割れが発生したり、床に隙間があいたりする場合があるので注意しましょう。畳やタイル、コルク等も床暖房に適した素材と言えるので、場所によって検討に入れるのも良い手です。

また、床暖房の上に木製品を直接置いてしまうと、木製品を置いた個所に熱がこもり、木製品に変形やひずみが生じたり、床材が変色してしまう場合があります。特に高価な家具や、精巧な調度品などは注意が必要です。木製品は直接置かず、下に板などを1枚敷くようにしましょう。絨毯や厚いカーペット、座布団なども熱がこもりやすいので、床暖房を利用する際には、これらの使用はなるべく控えましょう。