2018年5月22日

浴室暖房乾燥機の取付・修理の費用相場とポイント

浴室暖房乾燥機の取付・修理の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、ユニットバスのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で浴室暖房乾燥機の取付・修理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

浴室暖房乾燥機の取付・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 浴室暖房乾燥機の取付・修理 を行う場合の概算費用です。

浴室暖房乾燥機の取付
10.5〜28万円
浴室暖房乾燥機の修理
2〜5万円
浴室暖房乾燥機の商品代
5〜20万円

  

浴室暖房乾燥機の取付・修理で費用をおさえるポイント

浴室暖房乾燥機 取付、修理

浴室暖房乾燥機は電気を熱源とする「電気式」とガスを熱源とする「ガス式」に分けられ、それぞれ工事内容も異なり費用にも違いが出てきます。電気式は室内機だけの設置だけなので取付工事は比較的簡単に済みますが、使用する電力により分電盤からの配線工事や、電信柱から家までの電線の張替え工事が別途必要になることがあります。ガス式は室内機の他に室外機の設置も必要で、さらにその間を温水パイプで繋ぐために壁に穴をあける工事も必要となります。またガスの配管工事も行うので電気式に比べると大掛かりな工事になるケースが多いです。

このように電気式とガス式では初期費用にも違いがあることが言えます。また設置する場所や既存のものとの交換か、また後付けをするのかという場合でも費用が大きく影響します。例えば、天井埋め込みタイプは、既存のものとの交換であれば比較的簡単な工事で済みますが、後付けをする場合は大掛かりな工事が必要になるのでその分だけ費用も多くかかってしまいます。

その他に費用をおさえるポイントとしては、特にメーカーにこだわりがなければ希望する機能を業者に伝えて機能的に要件を満たす商品の提案をしてもらいましょう。また、型遅れの商品や業者の過剰在庫を使うと更に費用をおさえることができるので、業者に相談してみて下さい。

浴室暖房乾燥機の取付・修理とは?

浴室暖房乾燥機は新築や浴室のリフォームの際に併せて導入する場合が多く、浴室の壁や天井に取付けます。戸建て住宅用や集合住宅用のものがあり、システムバスはもちろんですが在来工法の浴室にも取り付けることができます。

異音がする場合や機能性が落ちてきた場合には業者に修理か交換かの判断をしてもらいましょう。取付けや修理は電気工事、ガス配管工事等が必要になるので必ず有資格者が行わなければなりません。

浴室暖房乾燥機の取付・修理の種類とメリット

浴室暖房乾燥機の電気式は取付けが簡単で初期費用が安く、オール電化住宅の場合にはトータルで見ると電気代を抑えることができるようです。またガス式は初期費用は高めになりますが、強い温風が出るのでパワフルで暖房も乾燥も早く、光熱費やランニングコストは低めに抑えることができます。また設置方法にもそれぞれメリットがあります。設置方法は主に「天井埋め込みタイプ」と「天井付けタイプ」、「壁掛けタイプ」の3つの方法があります。

天井埋め込みタイプは、厚みがなく薄型なので見た目もすっきりとしています。後付けするよりも浴室全体のリフォームの際に導入する方が良いでしょう。また天井付けタイプと壁掛けタイプは、既存の換気扇等を取り外して設置することが可能です。在来工法の浴室のリフォームでも導入することができます。浴室暖房乾燥機の主な機能には、浴室の換気・乾燥、浴室の暖房、衣類乾燥、涼風機能などがあります。換気・乾燥機能は、浴室内の湿気や結露、カビの発生を抑えることができ掃除の手間も減らすことができます。

また暖房機能や涼風機能は、冬の寒い時期の浴室内を暖めてくれてヒートショックなどの予防ができ、夏の暑い時期は浴室内を快適にしてくれます。そして衣類乾燥機能は、洋室内を乾燥しながら同時に洗濯物を乾かすことができます。天候に関係なく洗濯物を干すことができるので便利です。また修理については複数の業者から見積もりを取り、比較検討をしてみて下さい。

浴室暖房乾燥機の取付・修理を選ぶポイントと注意点

浴室暖房乾燥機に搭載されている機能は、各メーカーにより様々でメーカー独自の機能もあります。家族構成やライフスタイルを考慮して必要な機能を持つものを選ぶと良いでしょう。また、浴室換気扇の取付けや修理はアース工事が必要で「電気工事士」有資格者以外が作業することはできません。

素人が行うと感電や漏電、ショートの恐れがありとても危険ですので、必ず専門の業者に依頼をしましょう。

まとめ

浴室暖房乾燥機の取り付けや修理にかかる費用やポイントをご紹介しました。こちらの記事では浴室暖房乾燥機の取り付けやお手入れ方法を詳しく解説しているだけではなく、浴室暖房乾燥機の機能についても詳しく解説しています。浴室暖房乾燥機のことを幅広く知り合い方は参考になさってください。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

浴室暖房乾燥機の取付、修理のお役立ちコラム

Q.浴室暖房乾燥機の取付に必要な工事って?

浴室暖房乾燥機は主に電気式とガス式の2パターンがあり、どちらの動力で取り付けするのかによって必要な工事が異なります。

電気式は室内機だけの設置だけで工事が完了するので、取り付け工事は比較的簡単に済みます。ただし、100Vタイプと200Vタイプがあり、それに合わせた電力を分電盤から配線をのばして新規に引いてくる工事が必要です。この時、各ご家庭の既存設備の状況によってはその電力が取り出せない場合があり、その場合には電信柱から家までの電線の張替え工事が別途必要となります。

ガス式は室内機の他に室外機の設置も必要で、さらにその間を温水パイプで繋ぐために壁に穴を開ける工事も必要となります。また、ガス供給設備から室外機までのガス配管工事も併せて必要となり、電気式に比べて大掛かりな工事になるケースが多いです。

このように設置工事はガス式よりも電気式の方が簡単で安く済みますが、ガス式はパワーが強いので電気式よりも断然早く浴室内を暖めることができますし、運転にかかる光熱費も電気式よりもかからないといったメリットがあります。購入・設置の際は両方のメリット・デメリットを業者さんに確認し、相談しながら選ぶようにするとよいでしょう。