2018年5月18日

ウッドデッキ取付・修理の費用相場とポイント

ウッドデッキ取付・修理の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、ウッドデッキのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でウッドデッキ取付・修理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

ウッドデッキ取付・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした ウッドデッキ取付・修理 を行う場合の概算費用です。

天然木ウリン(3坪)
30〜40万円
天然木マサランデューバ(3坪)
28〜38万円
人工木(3坪)
25〜35万円

ウッドデッキ 取付、修理の費用は、使用する材料や施工方法など、ご希望されるウッドデッキ 取付、修理の内容、及び現状の設備状況などの諸条件によって変わります。

ウッドデッキ 取付、修理のポイント

ウッドデッキ 取付、修理

住宅にウッドデッキが有る生活は、誰もが憧れるものです。天気の良い日はここでお茶でもすると気持ちよいでしょう。ウッドデッキを取付けたり修理したりする時の注意点を考えて見ましょう。

材質を何にするかです。ウッドデッキだから木製が良いでしょうが、その場合は防蟻防腐剤を注入した材料を使用しましょう。外部なので傷みや腐食が心配なら、偽木と呼ばれる樹脂製や、アルミ製などもあります。

次に止め釘や金物の頭がフロアー面に出てこないように注意しましょう。出ていると足を怪我したりする場合があります。もちろん釘や金物はステンレス製を使用します。

最後は手摺の高さです。あまり高すぎると圧迫感がありますが、低すぎても危険です。小さな子供のいる家庭では、危険の無い高さを確保しましょう。

  

ウッドデッキ取付・修理で費用を抑えるポイント

ウッドデッキ取付・修理の費用を抑える最も簡単な方法はDIYでウッドデッキを作ることです。基礎だけ業者に依頼して作ってもらえば、あとは道具さえ揃えるだけで格安のウッドデッキを作ることができます。ただし、DIYで作ったウッドデッキと業者が作ったウッドデッキとでは、仕上がりも耐久性もまったく違ってきます。トータルコストで考えたときは業者に依頼するほうが安くなるかもしれないということを頭に入れておきましょう。

ウッドデッキ取付・修理の費用が上がる要因は2つあります。それは高級な素材を利用することと、必要以上にウッドデッキを大きくしてしまうことです。ウッドデッキに使われる木材は様々な種類がありますが、長持ちさせようと思うと専用の木材を選ぶことになります。そうなると材料費が一気に跳ね上がります。ただし安物の木材を使うと、数年でウッドデッキがダメになってしまうこともあります。

そしてウッドデッキのサイズです。大きい方が見栄えもよく利便性も高いのですが、当然費用が高くなります。ほんとうに必要なサイズはどれくらいなのかをよく考えて、業者に相談するようにしましょう。相談する業者は費用を抑えるためにも複数の業者に相談して、相見積もりの状態にするようにしてください。

ウッドデッキ取付・修理とは

ウッドデッキ取付・修理は基本的にオーダーメイドのリフォームです。ある程度パッケージ化されたウッドデッキもありますが、地上からの高さが違ったり、庭の広さが違ったりするため、家ごとに図面を書いて設置をするため、どうしても割高なリフォームになります。

DIY好きの多くが自分で設置を行っていますが、実は高いノウハウが必要なリフォームで、安易にDIYしたウッドデッキは数年で使い物にならなくなります。

ウッドデッキ取付・修理の種類とメリット

ウッドデッキを設置するときに重要になるのが、使用する木材の種類になります。ここではウッドデッキの材料の種類の特徴とメリットについて紹介します。

ハードウッド
耐用年数の高いウッドデッキを設置する場合は一般的にハードウッドと呼ばれる木材を利用して設置工事を行います。非常に密度が高く硬い木材ですが、ソフトウッドの倍以上の価格になります。このためDIYなどではハードウッドではなくソフトウッドで施工することが多いのですが、耐用年数はハードウッドのほうが5倍近くあるため、トータルコストを考えた場合はハードウッドを使うことになります。

ソフトウッド
ホームセンターなどで簡単に安く入手できる木材がソフトウッドです。SPF材などがよく売られているため、DIYではSPF材でウッドデッキを作っている人をよく見かけます。ハードウッドよりも費用が安いというメリットがありますが、防腐剤を使っても3~5年程度で腐食してしまいます。長く使うウッドデッキとしてはあまりオススメできない材料です。

*樹脂木・人口木 *
樹脂木は木材のように見える樹脂材です。木製のウッドデッキよりも高くなりますが、耐久性が木製のウッドデッキよりも遥かに高く、安心して長く使うことができる材料になります。最近の樹脂木は見た目も木の雰囲気に近く、特に人口木は遠目では木材との違いがわからないほどデザイン性の高い材料になります。

ウッドデッキ取付・修理を選ぶポイントと注意点

ウッドデッキ設置で常に考えておかなくてはいけないのがシロアリの存在です。ウッドデッキはシロアリにとっては格好の住処になってしまうため、しっかりとシロアリ対策をしておかなければ、ある日突然ウッドデッキの底が抜けてしまうというようなこともあります。シロアリ対策に関しては費用をケチらないようにしてください。

どうしても対策できない場合は樹脂木もウッドデッキがおすすめです。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

ウッドデッキ 取付、修理のお役立ちコラム

Q.ウッドデッキ取付修理に必要な事って?

ウッドデッキの取付もしくは修理に必要なことは、色々とあります。

まず取付の場合、設置する場所がコンクリートの土間などであればよいですが、土の場合は、ウッドデッキの木材が腐らないようにするため、砂利などを敷いて湿気があがってくることを防ぐ必要があります。

また、ウッドデッキには防かび防腐剤を染み込ませた木材を使っているものと、半永久的に腐らずカビない樹脂材を使っているものがありますので、どちらか選ぶことが必要になります。その他、その上でバーベキューなどをするのか、子供が遊ぶだけのスペースがあればよいのかなど、使い道に

よって広さが変わってきますので、しっかりと考えることが大切です。修理の場合は、木材が腐ってきている場合このまま補修して使い続けるのか、撤去するのか、樹脂材に変えるのか考える必要があります。