2018年5月18日

店舗の原状回復工事の費用相場とポイント

店舗の原状回復工事の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、内装工事のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で店舗の原状回復工事しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

店舗の原状回復工事の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 店舗の原状回復工事 を行う場合の概算費用です。

解体工事費用
3〜15万円
廃棄処分費用
5〜15万円
壁張替
3〜10万円
クリーニング一式
5〜20万円

店舗 原状回復工事のポイント

店舗 原状回復工事

賃貸店舗やオフィスの場合には、退去時に必ず原状回復工事を行う必要がありますが、改修内容については契約書に記載されているのが普通ですから、内容を正しく確認することが大切です。基本的には入居した時と同じ状態に戻すことになるため、入居時には写真を撮っておくなどの対応が必要になってきますし、使われていた内装材に関しても記録に残しておくことが大切です。

極端に間取りを変更した場合には、間仕切り壁だけではなく天井や床にも改修工事を行う必要があるため、必要最小限の模様替えに留めておくことが大切です。間仕切り壁の追加や間取りの変更が無い場合は、基本的に仕上げ材を新しくする程度の対応で済む場合が多いですが、不動産業者や大家に確認することも大切です。

 

店舗の原状回復工事で費用をおさえるポイント

店舗の原状回復工事の費用は、使用する部材や施工方法、原状回復工事の内容によって違いが出てきます。そして店舗の規模によって原状回復に必要になる費用も異なり、物件を管理する貸主によっても1坪当たりの金額にも差があります。また大手企業などが貸主の場合は、原状回復する際の指定業者も大手企業となる場合が多く、通常よりも費用が高くなる傾向にあるようです。

しかし、貸主から内装解体業者などを指定されている場合でも、貸主との交渉次第では他の業者から見積を取ることが可能になるケースもあります。その際には複数の業者から見積を取って指定業者の見積と比較検討を行い、貸主と借主間で納得のいく内容となれば、借主が原状回復工事の業者を選定できることもあります。工事費用に納得がいかないという場合にはこのような方法をとることもできます。

店舗の原状回復工事では、オフィスの原状回復工事と同様に、契約書に記載されている原状回復工事の範囲をきちんと確認しておきましょう。きちんと確認をすることで、必要のない工事を行うこともなくなるので費用をおさえることができます。そして店舗の場合、原状回復工事は思った以上に時間が必要になる事もあります。引き渡しが遅れると違約金が発生するので工事期間は十分に取っておくことが大切です。

店舗の原状回復工事とは?

店舗の原状回復工事では、看板や設備の撤去・床・壁・天井の修繕などを行って、次のテナントが問題なく使用できるようにまっさらな状態に戻すことが必要になります。

そしてスケルトン工事と言ってコンクリート打ちっぱなしの状態に戻し、配線・電気・水道・などをすべて入居前の状態に戻す工事を行います。また、これらの作業で出てきた不要物は産業廃棄物としてきちんと処理する必要があります。

店舗の原状回復工事の種類とメリット

店舗の原状回復工事には看板や設備の撤去、床・壁・天井の修繕などの「内装解体工事」や建物の構造だけの状態にする「スケルトン工事」、工事の過程で出てくる廃棄物を処理する「廃棄物処理」などがあります。その他には、水道・電気・ガス・電話回線の設備工事も行います。

そして店舗などの事業用の賃貸契約ではガイドラインとは別に契約内容を貸主と借主の当事者間で決めることができる特約を定めることができるようになっています。そのため借主の原状回復義務の範囲が広くなる可能性もあるので、契約書の内容をしっかりと確認しておくとトラブルなども回避することができます。また店舗では厨房などを設置している場合も多いので、建物が傷んでしまう割合も大きくなるでしょう。

一般的な原状回復は通常の使用によるものと判断できず、明らかに手入れ不足である状態だと判断された場合には、借主が原状回復工事をするということになっています。例えばタバコのヤニや臭い、油汚れ、床の損傷などがそれにあたります。その他には、業種などによっては大掛かりなレイアウトの変更や様々な設備を設ける必要が出てくることがあります。

退去時には入居した時と同じ状態に戻すことになるので、入居時に写真を撮っておくと原状回復工事の際に役立ちます。そして当初使用されていた内装材などについても正確に記録しておくと良いでしょう。

店舗の原状回復を選ぶポイントと注意点

店舗として使用していた物件を退去する時には、ほとんどの場合、原状回復工事を行うことが必要になります。借りた時と同じ状態としてスケルトン状態することを求められることもあります。その際には元々あった壁等を壊すことが無いように注意する必要があります。

また貸主の意向によっては、増設した箇所等を残しておきたいという場合もあるので、事前にしっかりとした打合せを行うようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

店舗 原状回復工事のお役立ちコラム

Q.店舗の原状回復工事の際に注意すべき点って?

店舗運営などを行って、後にお店を閉めることになった場合、物件によっては原状回復工事を行うことが求められるケースも多く、店舗を借りた時と同じ状態として、スケルトン状態に仕上げることが必要なこともあります。

この点に関しては注意点として、例えば間仕切り部分が設置されている場合では、後から設置を行ったものか、元々設置されていたものかを判断することが必要になり、余計な部分まで壊してしまうことが無いように配慮することが必要になります。

また、物件のオーナーの意向によっては、床面や壁面などに施工されている素材を残しておきたいというケースも見られます。そのため、事前にしっかりとした打ち合わせを行うことが必要です。