2022年7月26日

【2022年度】キッチンリフォームで利用できる補助金や業者選びのコツをご紹介

最近はキッチンリフォームをDIYで行う方が増えていますが、施工技術や仕上がりの美しさを考えると、費用はかかりますが業者に依頼するのがおすすめです。ただし、業者も技術力や提案力にバラツキがありますので、キッチンリフォームで失敗しないために業者を選ぶポイントをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

【費用別】キッチンリフォームでできること

キッチンリフォームでできること

実際にキッチンリフォームを行う場合、業者からの見積が適正な価格なのかを判断するうえで、用意できる予算の範囲内で、どれぐらいのリフォームができるのかを知っておくことはとても大切です。

はじめに、実際に依頼があった施工事例を参考にしながら「キッチンリフォームでできること」を費用別に見ていきましょう!

50万以内でできること

  • キッチンパネルの交換:4万~7万円
  • 水栓の交換:5万~9万円
  • ビルトインコンロの取替:10万~25万円
  • IHクッキングヒーターへの取替:25万~40万円
  • 食洗機のビルトイン:20万~35万円

「50万円以内でキッチンリフォームなんてできるはずがない」と思うかもしれませんが、意外とできることはたくさんあります。 キッチンを美しく保つためのキッチンパネル交換や、節水効果のある水栓の交換などであれば10万円以下でリフォームできます。

システムキッチン自体の交換は、50万円以下ですと予算が足りないことがありますが、例えば、最新のビルトインコンロに交換したり、人気のIHクッキングヒーターに交換したりするなど、部分的なリフォームであれば50万円以下でも可能です。

キッチンの機能性を上げるリフォームとしては、システムキッチンに食洗機を組み込むのもおすすめです。据え置き(卓上)型の食洗機は価格が安くても、調理スペースに置くと目立ちますし、場所も取られてしまいます。すっきりとしたキッチンを望むなら、ビルトイン食洗機も検討してみましょう。

50万以内でできる施工事例

堺市✕食洗機交換✕丁寧な仕上がりの工事

食洗機交換前
食洗機交換後
BEFORE
食洗機交換前
AFTER
食洗機交換後
工務店名
TRUST
施工月
2016年8月
施工地域
大阪府堺市
住宅種別
マンション
お客様のご要望
食洗機を交換してほしい。
ここがポイント!
  • 特殊なサイズでも対応

  • 満足な仕上がり。

  • 依頼主様大喜び

業者のコメント
食洗機は便利だけど、年数が経てば交換の時期がやってきます。
特殊なサイズの食洗機でしたが、無事新しいのに交換できました。
工事費用
16.6万円

50万~100万円以内でできること

  • システムキッチン交換:50万~100万円

50万~100万円でのキッチンリフォームですと、低価格帯のシステムキッチンへのリフォームが可能です。 低価格帯でも見た目は安っぽくありませんし、最新のシステムキッチンは十分な機能を兼ね備えており、お手入れのしやすさも格段に向上しています。

この予算のシステムキッチンを交換する場合、キッチンを移動することはできません。 このため、既存のシステムキッチンと同じタイプのキッチンを選ぶことになります。古いものを新しくするリフォームだと考えておきましょう。

50万~100万円以内でできる施工事例

国分寺市キッチン交換工事

キッチン交換前
キッチン交換後
BEFORE
キッチン交換前
AFTER
キッチン交換後
工務店名
株式会社R.Home
施工月
2015年1月
施工地域
東京都国分寺市
住宅種別
マンション
お客様のご要望
清潔感のあるキッチンにしたい。
ここがポイント!
  • 綺麗な仕上がり

  • 清潔感のあるホワイトカラー

  • 料理も快適に作れます

業者のコメント
ガスコンロまで白さにこだわりました
工事費用
80万円

100万以上でできること

  • 移動をともなうシステムキッチン交換:100万~300万円
  • 高性能なキッチンにする:100万円~

100万円以上の予算があると様々なリフォームができます。比較的よく行われているのは、壁付き型のキッチンを対面型キッチンにするリフォームです。 壁付き型は部屋を広く使えますが、家族に背中を向けて調理しなくてはいけません。対面型キッチンにリフォームすれば、リビングにいる家族の顔を見ながら調理できます。

また、料理好きの方の憧れでもあるアイランド型キッチンへのリフォームも可能です。ただし、キッチンを大きく移動するようなリフォームでは、水道やガスの配管工事、床や壁の補修なども別途必要になるため、100万円以上になるケースがほとんどです。

ちなみに、キッチンリフォームの相場は100万~150万円ですので、キッチンの移動を伴う交換や高性能なシステムキッチンに交換する場合は、余裕をもって予算を確保しておきましょう。

100万円以上でできる施工事例

さいたま市西区N様邸✕キッチンリフォーム✕綺麗な仕上がりの工事

キッチンリフォーム前
キッチンリフォーム 完了
BEFORE
キッチンリフォーム前
AFTER
キッチンリフォーム 完了
工務店名
株式会社小川
施工月
2016年8月
施工地域
埼玉県さいたま市西区
住宅種別
戸建住宅
お客様のご要望
年数がたち、だいぶ老朽化しており、暗めのキッチンを明るくしたい。また、キッチンスペースに合う収納家具を探している。
ここがポイント!
  • 清潔感あふれる広々キッチン!!

  • 満足の仕上がり。

  • 快適な暮らしのお手伝い

業者のコメント
キッチンに合わせて壁紙もお好みの色合いにし、明るい印象のキッチンになりました。またお手入れも簡単になるので、これからは使いやすくなると思います。
工事内容詳細

キッチン入れ替えリフォーム
タカラホーローシステムキッチン
エマージュ(L型195×165・梁型部分パネル)

キッチン 天井・壁・床 クロス貼り替え
キッチン収納家具

廊下 天井・壁・床(絨毯)クロス貼り替え

工期
8日間

工事費用
126万円

キッチンリフォームをできるだけ安くする方法

キッチンリフォームをできるだけ安くする方法

キッチンリフォームを依頼するとき、見積金額が安すぎる業者はできるだけ避けた方がよいものの、できれば工事費用は少しでも安くしたいです。 ここでは、安心してリフォーム依頼できる業者を選びながらも、できるだけ安くする方法をご紹介します。

最初に予算を提示する

これは安くするというよりも、予算オーバーさせない方法になります。 することはとても簡単で、相談をするときに予算の上限を伝えるだけです。これ以上は1円も出せないとして、上限を伝えれば業者がその予算の範囲内で提案をしてくれます。

その際、キッチンリフォームにおいて何を重視したいのかを伝えてください。コンセプトが明確になっているほど、業者も提案しやすくなります。 システムキッチンにしても「デザイン優先」「機能性優先」など、自分の希望をきちんと伝えておくことで、予算の範囲内で対応できる提案をしてもらえます。

さらに、業者も仕事ですので「少し予算をオーバーしますが」と提案もしてくることもありますが、それに応じるかどうかは提案内容を見て決めてください。

リフォームの工程を少なくする

キッチンリフォームの費用を抑えたいのであれば、キッチンの位置を変えないでリフォームします。 古いキッチンを新しいキッチンにするだけなら、壁や床の補修も必要ありませんし、配管工事も最小限で済みます。 工期もかからないため、費用をかなり抑えることができます。

どうしてもキッチンの位置を動かしたいのであれば、システムキッチンのグレードを下げたり、アウトレット商品を使ったりして、システムキッチン本体の費用を抑えるようにしましょう。 そこで浮いた金額を工事費に回せば、移動を伴うリフォームでも安く済ますことが可能です。

キッチンリフォームで利用できる【国からの】補助金制度

国からの補助金制度

キッチンリフォームの際に、利用できる補助金は、「国からの補助金」と「各自治体からの補助金」の2つの種類があります。

国からの補助金は、国土交通省が主に管轄しています。 そのため、国土交通省に直接電話で問い合わせるか、ホームページで確認すると最新の情報が分かります。

補助金については、毎年4月に新しい補助金制度の情報がでます。 ここでは、2022年最新版の国からの補助金制度についてご紹介します。

【補助金①】長期優良住宅化リフォーム推進事業

「長期優良住宅化リフォーム推進事業」では、既存住宅の性能向上や、子育てがしやすい生活環境をつくるため、既存住宅の長寿命化や省エネ化などのリフォーム費を支援してくれる制度です。

長期優良住宅化リフォーム推進事業の補助額は、

  • 補助対象費用の1/3
  • 原則100万円/戸が限度額

となっています。

長期優良住宅化リフォーム推進事業の詳しい情報はこちらをご覧ください。

▼参考文献▼
【長期優良住宅化リフォーム推進事業】

長期優良住宅化リフォーム推進事業に応募するための条件は、

  • インスペクション(建物の状況調査)を実施、
  • 工事後に、耐震性と劣化対策、省エネルギー性の確保
  • 維持保全計画・履歴の作成

が必要になります。

また対象となる工事には、

  • 性能向上リフォーム工事(省エネ化・バリアフリーなど)
  • 子育て世帯向け改修工事(防犯カメラの設置やこどもの部屋など)
  • 三世代同居対応改修工事(キッチンやトイレの増設など)
  • 防災性の向上・レジリエンス性の向上改修工事(水害への備えなど)

があり、この中でもキッチンリフォームでは、「子育て世帯向け改修工事」と「三世代同居対応改修工事」が、対象になる可能性が高いです。

子育て世帯向け改修工事

子育て世帯向け改修工事には、

  • 住宅内の事故防止
  • 子どもの様子の見守り
  • 不審者の侵入防止
  • 災害への備え
  • 親子がふれあえる空間づくり
  • 子どもの成長を支える空間作り
  • 生活騒音への配慮
  • 子育ての必要な収入の確保
  • 家事負担の軽減

が、対象になり、中でも「子どもの様子の見守り」「親子がふれあえる空間作り」「家事負担の軽減」の分野で、

  • 対面式キッチンへの交換リフォーム
  • キッチンの広さ確保のリフォーム
  • 間取り変更のリフォーム
  • ビルトイン食洗器の設置
  • ビルトインコンロの設置
  • 掃除しやすいレンジフードの設置

が、対象の施工内容です。

リフォーム工事の中でも、高額になりやすい対面式キッチンへの交換やビルトイン食洗器の設置も補助金対象のため、幅広いリフォームを補助金を使って施工することができます。

子育て世帯向け改修工事の詳しい情報はこちらをご覧ください。

▼参考文献▼
【子育て世帯向け改修工事の内容】

三世代同居対応改修工事

三世代同居対応改修工事では、三世代同居を希望する世帯を対象に、実際に希望を実現できるような環境整備のための補助金制度です。 三世代同居対応改修工事は、キッチン・浴室・トイレ・玄関の増設をするリフォームに対応した補助金制度で、工事後に複数箇所に2つ以上設置することを条件としています。

たとえば、キッチン・浴室・トイレ・玄関が1つずつの住宅から、キッチン・浴室を2つずつに増設した場合、補助金の申請が可能になります。

三世代同居対応改修工事で対象のキッチンリフォームは、

  • キッチン流し台の設置
  • ガスコンロ・IHクッキングヒーターの設置
  • 食料品貯蔵庫の設置
  • ビルトイン食洗器の設置
  • 食器棚の設置
  • 換気設備工事

などがあります。

三世代同居対応改修工事の詳しい情報はこちらをご覧ください。

▼参考文献▼
【三世代同居対応改修工事】

【補助金②】こども未来住宅支援事業

「こども未来住宅支援事業」は、子育て世代や若者夫婦世帯に対して、省エネ性の高い新築住宅の取得や既存の住宅の省エネ改修のリフォーム費を一部負担してくれる制度です。

こども未来住宅支援事業に応募するための条件は、

  • こども未来住宅支援事業者と工事請負解約をしてリフォーム工事をすること
  • リフォームする住宅の所有者であること

で、世帯に対する条件もなく、比較的受けやすい補助金です。

こども未来住宅支援事業の対象工事は、

となっていて、キッチンリフォームの際には、必須項目のひとつである「エコ住宅設備の設置」で、節湯水栓の設置と共にビルトイン食洗器やIHクッキングヒーターなどを設置し、補助金の金額を増やすこともできます。

こども未来住宅支援事業の補助額は、施工内容によって変わりますが、このようになっています。

キッチンリフォームで利用できる【各自治体からの】補助金制度

各自治体からの補助金制度

国からの補助金制度と別に、各自治体からの補助金制度が存在します。 自治体によっては、リフォーム内容によって対応していない場合もあったり、自治体ごとに補助金の内容は異なります。

各自治体の補助金制度を調べたい場合は、「キッチン リフォーム 補助金 市区町村名」をインターネットの検索欄に入力すると詳しい情報がでてきます。

また、お近くの区役所または市役所の窓口で直接確認することもできます。

キッチンリフォームはどこに頼めばいいの?

キッチンリフォームはどこに頼めばいいの?

「機器が壊れた」、「使い勝手が悪く感じた」、「家族が増えた」等の理由からキッチンのリフォームをお考えの皆さま。

リフォームをどこにお願いしたらいいのか、どんな業者なら信用してお願いできるのか、判断に迷いますよね。

キッチンのリフォームは、通常以下の5つの業者が対応可能です。

  1. ホームセンター
  2. 工務店
  3. 建築会社
  4. リフォーム会社
  5. ハウスメーカー

それぞれのメリットとデメリットを表にまとめてしました。

業者

ホームセンター

メリット:低予算のリフォームに強い。キッチンメーカーの選択肢が多い 。

デメリット:担当店員の質がまばら。50万円以上のリフォームができないことも。

工務店

メリット:親身な対応。アフターサービス対応の早さ。

デメリット:慣れな土地だと業者を探しにくい。リフォームの施工実績が少ないことも。

建築会社

メリット:キッチンだけにとどまらない大規模なリフォームが可能。提案力に優れる。

デメリット:費用が高くなる傾向がある。

リフォーム会社

メリット:提案力に優れる。リフォーム対応の幅が広い。

デメリット: 押しかけ販売をする悪質な業者もいる。

大手ハウスメーカー

メリット:工事の質が安定している。保証が充実している。

デメリット:下請け業者とのコミュケーションに難がある場合も。費用が高くなる傾向がある。

①ホームセンター・家具ショップ

【メリット】

  • 比較的低予算でリフォームできる
  • メーカーの選択肢が多い

【デメリット】

  • 店員によって知識量に差がある
  • 大規模なリフォームはできない

リフォームの依頼先として、見逃されがちなホームセンターや家具ショップですが、お店で購入したものを取り付けるのであれば、比較的低予算でリフォームを行ってもらえます。お店は商品を売ることがメインですので、取付工事はサービスとして行っているためです。

このため、基本的には50万円以下でできるリフォームの依頼先になります。ホームセンターで購入したガスコンロの交換や、水道の蛇口交換など、簡単な工事をお願いする際に利用するとよいでしょう。

②工務店

【メリット】

  • 知識が豊富で親身になって対応してくれる
  • 近所にある工務店ならば対応が早い

【デメリット】

  • 業者を発見しにくい
  • 新築がメインなのでリフォームの施工実績が少ないこともある

工務店にも自営業のところから、展示会場を持つハウスメーカーに近いところまで幅広く営業しています。工務店は「地域のお客様と一緒に作り上げていく」ことを旨としているのところが多いで、親身になって対応してもらえますし、対応の早さも魅力の1つとして挙げられます。

ただし、工務店は少人数で営業し地元密着型の業者も多いため、広告やホームページがないので見つけにくいという問題点があります。さらに、職人さんが独立した工務店の場合、人によってはコミュニケーションを取るのが不得意なので、ぶっきらぼうな印象を与えてしまうかもしれません。

③建築会社

【メリット】

  • 大規模なリフォームに対応できる
  • 提案力に優れている

【デメリット】

  • リフォーム費用が高い

建築会社は家を建てることもできますので、キッチンリフォームも問題なく対応できます。提案力に優れているというメリットもありますので、キッチンだけのリフォームではなく、リビング全体のリフォームを依頼に適しています。

ただし、広告費や人件費がかさむ傾向にあるため費用は割高ですが、予算を伝えておけばそれに合ったリフォームの提案してもらえます。動線など使い勝手の向上なども含めて、質の高いリフォームを希望する方におすすめです。

④リフォーム会社

【メリット】

  • 提案力が高い
  • リフォームの対応の幅が広い

【デメリット】

  • 突然家を訪ねてくる業者には注意が必要

リフォーム会社は建築会社と同じく提案力が高く、さらに小規模なリフォームにも対応していますので、50万円以下のリフォームから100万円を超えるリフォームまでほとんどのリフォームに対応しています。

ただし、リフォーム会社は訪問販売のように突然家を訪ねてきて、契約するまで営業が帰らないという悪徳業者もいます。さらには、リフォーム会社は会社ごと費用のばらつきが出やすく、適正な価格で行うためにも見極めが重要になります。

⑤ハウスメーカー

【メリット】

  • 工事の質が安定している
  • 保証が充実している

【デメリット】

  • 実際の工事は下請けが行うことも多い
  • 広告宣伝費などがかかっているため費用が高い

安心してリフォームを任せたいのであれば、ハウスメーカーが適しています。個人事業で展開している工務店とは違い、マニュアルなどがしっかりしているため、工事中のトラブルも少なく、工事後の不具合にもしっかりと対応してもらえます。

しかし、工事そのものは下請け業者が行うことで、管理が行き届いていないケースもあります。他にも、大手ハウスメーカーは莫大な広告宣伝費がかかっていますので、それが費用に上乗せされることで、他の業者よりも高額になる傾向にあります。

キッチンリフォームを依頼すべき業者の見極めポイント

キッチンリフォームを依頼すべき業者の見極めポイント

キッチンリフォームを成功させるためには、リフォーム内容に適した業者を選ぶことが大切です。

どの業者にどんなメリット・デメリットがあるのか把握したところで、実際にリフォームをお願いをする場合にチェックしたほうがいい、優良業者を見極めるポイントを6つご紹介します。

「リフォームなんてどこも同じ」「安いところに依頼すればいい」、という考えで業者の選ぶと、工事を終えてから後悔することになるかもしれません。後悔しないためにも、業者選びのポイントを見てみましょう。

1. キッチンリフォームを本業としている

リフォームを行っている会社といっても、何を専門にしているかは業者によって異なります。浴室やトイレなどの水回りを専門に行なっている業者もあれば、内装リフォームを得意としている業者もいます。

キッチンリフォームを依頼する際は、キッチンリフォームを本業としている業者に依頼しましょう。本業ではない業者に依頼すると、施工経験の不足により後から不具合が発生したり、中間マージン(別会社に払う仲介手数料)を費用に上乗せして、別の専門業者に丸投げをすることもあります。

ホームページなどで施工事例をきちんとチェックし、相談するときも施工例を写真で見せてもらうとよいでしょう。また、質問したときに担当者の答えがあやふやだと、経験不足の可能性が高いので気をつけてください。

2. 見積書が詳細に書いてある

業者によっては見積書に「キッチンリフォーム一式:◯◯◯万円」と書いていることがあります。

この書き方では工事に何が含まれているのか全く分かりません。見積金額が安かったのでお願いしたら「配管工事費は別にかかります」と、追加費用を請求されるようなこともあります。

見積書に詳細が書かれていないと、業者が好きなように請求できてしまいます。これでは見積もりを出してもらった意味がありません。どのような商品を使用し、どのような工事を行い、それぞれにいくら掛かるのかの詳細を必ず掲出してもらいます。

見積もりが一式になっていた場合は、「明細もお願いします」と伝えるようにしましょう。渋るようでしたら、その業者には依頼しないでください。また、書かれている内容について不明な点があるときは、理解できるまで説明してもらったほうが互いに納得して契約できます。

このとき、専門用語ではなく分かりやすい言葉を選んで説明してくれる業者が理想です。依頼者の立場になって考える習慣がついており、リフォーム内容も依頼する側の意図を汲み取って、理想のプランを提案してくれるでしょう。

3. アフターフォローがある

キッチンリフォームは水回りの工事を行うことがあります。工事直後は問題なくても、その後に水漏れなどのトラブルが発生することもあります。配管工事はどれだけ技術力のある職人さんが行っても、発生することがあるトラブルですので、ほとんどの業者はアフターフォローを実施しています。

ところが、業者によってはアフターフォローを一切行わなかったり、直してもらうように依頼したら費用を請求されたケースもあります。
アフターフォローがあるのは、自分たちの工事に自信がある証でもありますので、アフターフォローをしている業者の中から選ぶようにしましょう。

4. 見積りを1社だけで選ばない

リフォーム業者を選ぶときにありがちなミスとして、1社だけにしか依頼しないということが挙げられます。1社にしか依頼しないと、業者は高い工事費用を提示されることがありますし、そもそも提示された見積金額が妥当なのかも判断できません。

リフォーム業界において、相見積もりは特別なことではありません。断ることになったら早めに連絡してあげるなどのマナーは必要ですが、キッチンリフォームを適正な価格で行ってもらうためには、2~4社程度の業者に相談します。

また、見積依頼から提出までの対応もチェックしておきます。業者も色々ですから、自分と相性のいい人もいれば、合わない人もいます。ストレスなく満足度の高いリフォームを望むのであれば、ここなら信頼できると感じた業者に依頼しましょう。

5. 見積金額が安すぎる業者は危険

複数の業者に見積依をする際に注意したいのは、適正な価格になっているかどうかということです。極端に価格が高い業者に依頼する方はいないと思いますが、他社よりもかなり安い業者がいたら、少し気になりますよね。

しかし、リフォームには相場というものがあり、業者としては利益を出さないと生活ができません。そのため、意味なく安いということはなく、工事の途中で追加料金を請求されたり、工事の工程を省くなど安いにはそれなりの理由があります。

事前に説明された部材ではなく、グレードの低いものを使われると、リフォームをしても安っぽい仕上がりになることがあります。価格が安いのは魅力的ですが、契約する前になぜ安いのかを説明してもらいましょう。

6. 創業年数が長い

リフォーム業者を選ぶときに重視したいのが施工経験です。まだ創業したばかりの業者では、経験が少ないことでミスが発生するかもしれませんし、スタッフの知識も乏しく、思い通りの仕上がりにならないこともあるでしょう。

施工経験の多い業者でも、創業当時はミスやトラブが起こっていたかと思いますが、それを乗り越えて現在があります。乗り越えられない業者は5年程度で廃業することがほとんどですが、地元から信頼を勝ち取った業者は10年以上も事業を継続しています。

このため、満足度の高いリフォームを望む方は、創業から10年以上経過している業者に依頼しましょう。リフォーム費用はやや高いかもしれませんが、後ほどご紹介する方法を活用すれば、創業年数が長く、高い技術力がある業者でも予算の範囲内でリフォームが可能です。

キッチンリフォームの失敗例

キッチンリフォームの失敗例

自宅で快適に過ごすために行うキッチンリフォーム。たくさんの費用と時間を使ったのに、「ああすればよかった」など後悔したくないですよね。キッチンリフォームの失敗事例は想像以上に多いです。あらかじめ、キッチンリフォームの失敗例を把握し、失敗しないための計画を立てましょう。

キッチンの形状の変更

キッチンの形状の変更

キッチンには、I型・L型・アイランド型などがあり、リフォームをすることによってキッチンの形状を変えることができます。

キッチンの形状を変えた結果、

  • キッチンが狭くなった
  • キッチンの中身が丸見えになった
  • 動線が悪くなった

という失敗例が挙げられます。

今までのキッチンと比べて、通路の幅が狭くなってしまったり、アイランドキッチンにしたら、想像以上の開放感でキッチンのすべてが見えるのには抵抗感がある、などの失敗例があります。

また、キッチンの形状を変えると、使い勝手も変わり、動線も変わってしまうと想像以上にストレスになってしまいます。

動線の問題の対策は、シンク・コンロ・冷蔵庫の3点の配置が合計510cmでなるべく正三角形になるように配置すると理想的な家事動線をつくることができます。

ゴミ箱の置き場

料理をするときに大切なポイントのひとつが、ゴミ箱の位置ですが、リフォームの設計時に組み込み忘れやすいのもゴミ箱です。ゴミ箱を置けるスペースは、初めから確保しないと、変に目立ってしまったり、動線の邪魔をしてしまいます。

また、キッチンスペース内に、ゴミ箱を置く場所がなく、キッチンから遠いところに置いてしまうと、動きに無駄が増えてしまいます。

このような失敗をしないためにも、ゴミ箱の置き場は、設計の段階から決めておくとよいでしょう。

キッチンリフォームはDIYでできる?

キッチンリフォームはDIYでできる?

キッチンの壁紙を張り替える程度なら、DIYで行っても問題はありません。

しかし、キッチンには素人がDIYで手を出してはいけない電気の電線などがたくさんある場所です。思いもよらないトラブルに繋がってしまうため、シンクの交換やビルトインタイプのガスコンロ・IHクッキングヒーターの交換などは、DIY でのリフォームは控えて、業者に依頼することをオススメします。

まとめ

まとめ

キッチンリフォームを成功させるために、最も重要なのが業者選びです。 業者はどれも同じように見えるかもしれませんが、実際には技術力や提案力に差があります。キッチンリフォームの場合は、それを得意とする業者を選んでください。

そして、最適な提案と金額を提示してくれた業者にリフォームを依頼します。 つい金額だけで決めてしまいがちですが、安すぎる価格には必ず理由があります。金額だけで決めるのではなく、信頼できる業者かどうかという点を重視して、満足度の高いキッチンリフォームを目指しましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい方へお知らせです。リフォマは中間業者を介さずに、ご要望に合う専門業者を直接ご紹介します。中間マージンが上乗せされないため、管理会社や営業会社などより安く費用を抑えることができます。下記のボタンからお気軽にご相談ください!

リフォマは中間業者を介さずに、ご要望に合う専門業者を直接ご紹介します。中間マージンが上乗せされないため、管理会社や営業会社などより安く費用を抑えることができます。
リフォマなら中間マージンカットで専門業者をすぐ紹介