2017年12月12日

ミニキッチン・コンパクトキッチンリフォームの費用相場は?

ミニキッチンやコンパクトキッチンは、生活スタイルや用途に合わせてワンルームアパートやマンション、戸建て住宅、オフィスに設置することができる普通のキッチンに比べてサイズの小さいキッチンのことです。 ここでは、ミニキッチン・コンパクトキッチンを取り入れる場合に知っておきたい費用などについてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

ミニキッチン・コンパクトキッチンについて

ミニキッチン・コンパクトキッチンとは

ミニキッチン(コンパクトキッチン)とは間口90~150cm程の間にコンロやシンクなどが収まったキッチンのことです。
システムキッチンと搭載されている設備は変わりませんが、天板が小さいためコンロの数が少なかったりシンクや作業台が小さいといった違いがあります。

ワンルームのアパートやマンションに設置されることが多いですが、二世帯住宅のセカンドキッチンや、オフィスの給湯室に設置されることもあります。

ミニキッチン・コンパクトキッチンのオプション

ミニキッチンは、サイズの小ささから必要最低限の設備しかつけられないのではと考える方はいらっしゃるかもしれませんが、各メーカーでキッチンをさらに充実させるためのオプションを用意しています。
たとえば、加熱機器はガスコンロの他にIHを用意していたり、水栓の種類を選択できたり、換気扇を設置できるなどです。天板の種類や扉の素材を選べることもあります。

ミニキッチン・コンパクトキッチンのリフォームについて

本体価格と設置工事の費用相場

ミニキッチンの本体価格は、メーカーやオプションの有無によって異なりますが、約10~30万円です。
キッチンを交換する場合、本体価格と工事費合わせて約30~50万円、新設する場合、本体価格と工事費合わせて100万円前後かかります。

ミニキッチン・コンパクトキッチンの設置工事内容と費用目安

各工事の費用目安

搬入・組み立て

3~6万円

給排水工事

3~5万円

電気工事

3~5万円

換気工事

2~3万円

ガス工事

3~5万円

既存のキッチンの解体・撤去・処分

2~6万円

内装補修

3~5万円

給排水工事

2~3万円

ミニキッチンはキッチンの本体価格が一般的なサイズのキッチンよりも安いですが、給排水工事のような配管工事の費用に違いはありません。

ただし、上階にキッチンを増設する場合、給排水管の延長や防水工事が必要となり、給排水工事が高額になることが多いです。

コンロをガスコンロではなく電気やIHにすれば、ガス工事は不要となるためガス工事の費用の分を抑えることが可能です。
ただし、既存のキッチンがIHガスだったものからではなくIHに変更する場合、電気容量を増やすための工事が必要になる場合があります。

キッチンの移動や新設の場合、壁クロスや床材の張替えなどが必要になる場合があります。
内装にかかわる費用は、施工面積で変動するため、事前に業者に見積もり依頼することをおすすめします。

ミニキッチン・コンパクトキッチンのメーカーと商品について

クリナップ「コルティ」


出典:cleanup.jp

日本で初めてシステムキッチンを作ったクリナップからも、コンパクトで使い勝手の良いキッチンが販売されています。間口は120~210cmと広く設定されています。

ミニキッチンはサイズが小さいですが、コルティには収納率を考え、足元に様々なサイズの収納スペースを設けた「足元収納タイプ」が用意されているため、調理器具や食器をたくさん持っている方も快適にお使いいただけます。
扉やワークトップの色や素材を選べたり、対面式の設置も可能です。

亀井製作所「Mini(ミニ)」


出典:repeat-k.co.jp

亀井製作所はミニキッチン専門メーカーであるため、様々なタイプのミニキッチンを販売しています。
その中でもMiniは、サビにくい鏡面ステンレスを使用したり、色や柄の豊富な扉を用意しているなど、長く快適に使える工夫がされていながらリーズナブルなため、最も人気のある商品です。

パナソニック「キッチンユニットMKV」

通常サイズのシステムキッチンでも機能性の高いキッチンを作ると評判のパナソニックからは、使う人が好みに合わせて選べるミニキッチンが販売されています。

キッチン下部に収納スペースがあるタイプの他に、足元がオープンなタイプもあります。足元がオープンであることでご自身で使いやすい収納スペースにしたり、車イスの方がキッチンに近づいて調理しやすくなります。 シンクや作業台などの下部と水切り台などのついた上部が分割されているため、調理に必要な部分のみ新しくしたいという方にもお求めやすいです。

まとめ

ミニキッチン・コンパクトキッチンについてと設置にかかわる費用、商品についてご紹介しました。
ミニキッチンはサイズが小さくても必要な機能がつまったキッチンと言えます。
最低限の機能のみであるため、ご自身の好みに合わせたオプションで利便性を高めることが可能です。

ミニキッチンの本体価格はお求めやすいものが多いですが、素材や設備によっては高額になることも多いです。
ミニキッチンを新設したり、既存のキッチンと異なる場所に設置したり、上階に設置する場合は、給排水工事が大がかりとなるため、工事費用がかさみます。

様々なメーカーからミニキッチンが販売されており、メーカーごとに強みやオプションが異なるため、どのようなキッチンにしたいのかを考えて商品を選びましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります