2018年5月18日

玄関ドアリフォームの費用相場とポイント

玄関ドアリフォームの金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、ドア取付・交換のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で玄関ドアリフォームしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

玄関ドアリフォームの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした 玄関ドアリフォーム を行う場合の概算費用です。

網戸の取付け
3〜10万円
金属製ドア設置(カバー工法)
20〜45万円
ドア設置+収納スペースの設置
30〜80万円
ドアの立てつけ調整
1〜3万円

玄関ドアリフォームの費用は、使用する材料や施工方法など、ご希望される玄関ドアリフォームの内容、及び現状の設備状況などの諸条件によって変わります。

玄関ドアリフォームのポイント

玄関ドアリフォーム

玄関ドアも古くなって使い勝手が悪くなり、取替えが必要になってきます。それでは玄関ドアリフォームで注意すべき所はどんな事でしょうか。

玄関ドアの種類としては、引戸に引き違い戸そして3枚引戸等があり、和風のデザインがほとんどですが最近は洋風のデザインも出ています。そして開き戸に親子開き戸そして両開き戸などがあり、これは洋風のデザインが多いですが最近は和風も出ています。デザインが主流で玄関ドアリフォームを考えるなら、住宅全体のデザインを考えて選定しましょう。

老後の事を考えて車椅子対応にするのなら、開口部の広く取れる引き違い戸や3枚引戸がよいです。親子開き戸や両開き戸も開口が広く取れますが、手前に開くために車椅子などのバリアフリー対応には適しません。目的を明確にして、最適の玄関ドアリフォームをしましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

リフォームでこんなお悩みありませんか?見積もり金額は適正?業者の選び方がわからない…。業者の対応・人柄が心配…。工事の品質・技術は大丈夫?
リフォーム業者は、会社として実体がなくても運営できるため、トラブルが起きると逃げ出す会社も少なくありません。依頼する会社によっては中間マージンが発生して同じ工事でも金額に大きく違いが出ることもよくあります。
リフォマなら失敗しない業者選びができます!

ネットで簡単!
\ リフォマが選ばれる理由 /

その1

適正価格で施工できる

リフォマは中間業者を介さずに、ご要望に合う専門業者を直接ご紹介します。中間業者によるマージンが発生しないため、適正な価格で施工をすることができます。

その2

適切な業者をご紹介

リフォマがご紹介する施工店はリフォマ独自の審査基準をクリアした業者のみ。高い専門知識を持ったリフォマスタッフが全国の加盟店から適切な専門業者を手配いたします。

その3

20万円以上の工事は
1年間無料保証

リフォマからご依頼いただいた20万円を越えるリフォーム・修理は「リフォマあんしん保証」でカバー!工事中の突発的な事故や引き渡し後の工事の欠陥が見つかった場合の修理費用を1年間保証します。

玄関ドアリフォームのお役立ちコラム

Q.玄関ドアリフォームの注意点って?

注意点としてはおもに3つのポイントがあります。

【注意点1】 玄関ドアリフォームで最も注意すべきことはサイズです。古い玄関ドアをリフォームしようとした場合、最新式の玄関ドアはサイズが大きすぎて設置できない可能性があるためです。そのような場合は壁もリフォームする必要が出てきますので、注意するようにしましょう。

【注意点2】 玄関ドアのリフォームの際、ドアの色や雰囲気が前のドアと大きく異なってきた場合、ポーチやたたきのタイルも工事する必要が出てきます。予算をおさえたい場合は、出来るだけ似たような色合いのドアを選ぶようにしましょう。

【注意点3】 古い玄関ドアの場合、玄関ドアの上部に明かり取りのガラスが入っていることがあります。サイズが全く違えば、これも取り払うことになるため、玄関内の明るさが異なってくる可能性があります。他の場所に窓をつくるなどして、対応するようにしましょう。