2018年10月22日

玄関のドアに網戸を取り付けるメリットや注意点

玄関のドアに網戸を取り付けることで、玄関を開けたままよりも安全に風の通り道を確保することが可能となります。取り付け可能な網戸の種類はいくつかあり、種類によって様々な強みがあります。取り付け前の注意点と合わせて、取り付けにかかる値段や価格を抑えるポイントなど確認しておきたいことをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

玄関のドアの網戸の後付け可否


戸建てにお住まいであれば網戸の取り付けを自由に行うことが可能です。しかし、集合住宅にお住まいの方は網戸を取り付けることができるのか気になる方は多いでしょう。

結論からいうと、集合住宅であっても後から玄関のドアに網戸を設置することは可能です。
ただし、新しいマンションの場合バリアフリー設計を採用しているケースが多く、網戸の下枠で段差が生じる可能性があるため、下枠が着脱式になっているものや段差のないバリアフリーデザインのものを選ぶことをおすすめします。

施工上は網戸の取り付けは可能ですが、マンションの規約で取り付けできないことはあります。
たとえば玄関のドアを防火戸の役割があると見なしてドアを開けたままにすることが禁止されていたり、建物の美観が損なわれるために禁止されているなどです。網戸の設置が規約違反にならないか、施工前に必ずオーナーや管理会社に問い合わせましょう。

網戸の取り付けが規約で禁止されていなくても外開きのドアを開けたままにしておくと通行の妨げになりますので、リフォーム業者と相談しながら他の住民の方に迷惑のかからない設計にしましょう。

玄関のドアに使える網戸の種類

玄関のドアに網戸を後から取り付けることは可能であることをご紹介しました。ただし、集合住宅は規約で取り付けできないことがあるため、施工前に規約を確認することは欠かせません。それでは、玄関のドアに設置可能な網戸の種類を見ていきましょう。

カーテン式玄関用網戸

カーテン式のものはホームセンターなどでも取り扱われている網戸で、価格が安いのが特徴です。玄関のドア枠に取り付けて使用しますが、マジックテープや突っ張り棒などを使えば取り付け可能なため、ご自身で簡単に取り付けできるのも魅力的です。ただし、鍵をかけることができないため、防犯対策を考える必要があります。

開閉式玄関用網戸

開閉式のものはサッシメーカーがオーダー品として販売しています。施錠できることが特徴で、使用しない時は網戸本体を取り外して水洗いできるため、防犯性と清潔感の確保が可能です。網戸部分は左右どちらかを丸められるロール式と折りたたみながら開閉するプリーツ式など、お好みの開閉タイプをお選びいただけます。

開閉式は玄関のドア枠内部に網戸用の枠を固定することで取り付けられます。カーテン式と比較すると設置の手間はかかりますが、DIYに慣れている方であればご自身でも取り付けられるでしょう。ただし、枠の寸法やドアクローザーなどが干渉しないよう注意が必要です。また、急な強風には弱いという欠点もあります。

折りたたみ式玄関用網戸

折りたたみ式のものも開閉式同様、メーカーがオーダー品として販売しています。頑丈であるため防犯効果が高く、プライバシーも守られるのが特徴です。アルミのルーバーなどを折りたたむことで開閉できます。

折りたたみ式は玄関のドア枠内部に枠を、上下にレールを設置して取り付けます。開閉式以上に細かい採寸と玄関周辺の干渉がないよう十分な配慮が必要など、素人では取り付けが難しいです。着脱を手軽に行えないため、使用しない時に収納したり、掃除や交換を手軽に行えないというデメリットがあります。

パンチングタイプ

パンチングタイプは小さな穴の開いた金属やスチール製の板をセットしたもので、網やルーバーなどと比較すると嵩張ることなくスッキリするため、洗練された印象を与えます。合成繊維の網より頑丈で破ける心配がないためペットを飼われているご家庭には特におすすめです。また、たわみもないことから張り替える必要がないのも大きなメリットです。

玄関のドアに網戸を取り付ける費用目安

玄関のドアに取り付け可能な網戸の種類についてご紹介しました。網戸があることでドアを開けたまま風通しを良くするよりも防犯性を確保しながら風の通り道を作ることが可能です。

網戸の種類によって防犯性の高いものや目隠しに優れたものなど、強みが異なるように費用も異なります。また、工事内容によって工事費も異なりますので、玄関のドアに網戸を取り付ける際にかかる費用の考え方も覚えておきましょう。

網戸は既製品をそのまま取り付けられるものとオーダーメイドのものがありますが、オーダーメイドの方が本体価格も工事費も高くなります。戸建て住宅で高さも幅もあるドアの場合、費用が高くなる傾向にあります。
また、ドアごと交換するのか網戸のみを取り付けるのかも費用が変わる要因です。網戸のみを交換する場合、網戸の素材や機能で本体価格は大きく異なりますが1~8万円が相場です。取り付けには3~5万円かかります。

ただし、サッシを取り付ける箇所が損傷している場合は補修が必要ですので補修に1~2万円かかります。大きな損傷や腐食の補修には3~6万円かかるなど、玄関のドアや周辺の状態で費用が変わってくるため、網戸を取り付ける前には業者に見積もり調査を依頼することをおすすめします。

ルーバー付きの網戸など、ドアごと交換して取り付けなくてはならないものもります。このタイプは本体価格も工事費も網戸のみの交換よりも高くなります。たとえばルーバー付き網戸の場合、本体価格は小さいもので10~13万円、大きいもので15~25万円、工事費は5~7万円が相場です。さらに、既存のドアの処分に2~3万円かかります。

玄関のドアに網戸を設置するメリット

玄関のドアの網戸にいくつかの種類があることから、網戸のタイプによってメリットもいくつかあります。玄関のドアの網戸の主なメリットをご紹介します。

風通しが良くなる

一般的な住宅はリビングや寝室に大きな窓が設置されていて、外気を取り込みやすくしています。しかし、玄関周辺は窓が少なく、ドアを閉めきっていることが多いため、リビングなどから入った風が通り抜けることができません。そこで、網戸を設置すれば自然と玄関へ風が通り抜けるようになるため、家の風通しが向上します。風通しが良くなることで臭いや湿気がこもることを防ぐ役割もします。

虫除けや目隠しの役割がある

玄関のドアの網戸は風の通り道の確保が大きなメリットですが、虫除けや目隠しをできることもメリットの一つです。玄関脇に植え込みや鉢植えを置いているご自宅では虫が発生しやすく、換気のためにドアを開けている間にご自宅内に虫が侵入する可能性が高いです。しかし、網戸があれば虫の侵入を防ぎながら風の通り道の確保が可能です。

通りに面したご家庭ですと、網戸から家の中が見えてしまうのではと心配な方はいらっしゃるでしょう。しかし、網戸の素材やデザインによっては中が見えにくいものもあります。目隠しになるようなものを選ぶことで、プライバシーが守られます。

鍵付きのものを選ぶことで防犯対策も可能になる

風通しを良くして快適な環境を作ることのできる網戸ですが、網戸のみで玄関を開けたままでは防犯上心配になる方は多いでしょう。網戸には鍵付きのものがありますので、このような製品を選べば防犯対策をとることが可能です。

在宅時は内側から、外出時は外側から鍵をかけられて使い勝手の良い内側と外側の両方に鍵が付いているものもあります。網戸とルーバーの板が二枚重ねになったものもあります。ルーバーの角度を調整できるものであれば防犯対策と風の通り道の確保に加えて目隠しも期待できます。

鍵付きの網戸を玄関に設置することで二重ドアのような状態となるため、安全性が高まったと考えることもできます。ただし、鍵付きのものは網戸の中では防犯性が高いですが、網戸一枚だけでは防犯対策としては不十分です。外出時は就寝時には必ず玄関のドアの施錠は行いましょう。

玄関のドアに網戸を設置する際の注意点

網戸は様々な種類がありますので、目隠しになるようなデザインや鍵付きのものなど、より快適な暮らしとなるものが見つかるでしょう。しかし、網戸の設置前には種類や特徴以外に確認しておくべきことがあります。設置前の注意点を把握し、適切なものを取り付けましょう。

まず注意すべきは寸法です。
玄関のドアに設置する網戸は、基本的には採寸してから製作するセミオーダー式ですが、製品によってはサイズが固定されているものもあります。このようなタイプの場合、玄関のサイズと合わず設置できない可能性があります。
サイズの合わない網戸を取り付けてしまうとすき間が生じて虫が侵入したり防犯性が低下しますので、必ず玄関のサイズに合う網戸を設置しましょう。

また、周辺との干渉にも気をつけないといけません。
ドアクローザーの出っ張りが大きかったり玄関収納と干渉するなど、玄関のドアや周辺の状態によって網戸を取り付けられない場合がありますので、網戸を設置する前には必ずリフォーム業者に調査を依頼し、網戸の取り付け可否を確認しましょう。

最後に風通しを確認しましょう。
せっかく網戸を取り付けても、風が通らなければ意味がありません。そこで、家の中をどのように風が通り、ドアを開けるとどの程度風が通るのか予め確認することが大切です。

玄関のドアに取り付けることのできる網戸には種類がいくつかあり、取り付けにかかる費用が異なるだけではなく、風の通り方や見た目、風の通り道の確保以外の強みが異なりますので、ご自宅に合う種類のものを選ぶことも重要です。

まとめ

玄関のドアに網戸を取り付けるメリットや設置可能な種類、取り付けにかかる費用や注意点をご紹介しました。玄関に網戸があることで風通しが良くなり、種類によって防犯性を高めたりプライバシーを保護するなども可能となります。玄関のドアや周辺環境、取り付ける網戸の種類によって費用が異なるだけではなく、相応しい網戸も異なりますので、取り付け前に業者にご自宅の玄関の状態を確認してもらい、適切なものを取り付けましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります