2018年9月12日

カーポート取付・修理の費用相場とポイント

カーポート取付・修理の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、カーポートのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でカーポート取付・修理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

カーポート取付・修理の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした カーポート取付・修理 を行う場合の概算費用です。

カーポート撤去費用
2〜4万円
カーポート修理費用
3〜15万円
カーポート取付(車1台)
10〜40万円
カーポート取付(車2台)
20〜60万円

カーポート取付、修理の費用は、使用する材料や施工方法など、ご希望されるカーポート取付、修理の内容、及び現状の設備状況などの諸条件によって変わります。

カーポート取付、修理のポイント

カーポート取付、修理

近頃は一家に一台自家用車のある時代です。自家用車のためのカーポートは車のために必要なものです。そのカーポートの取付けや修理の時に注意すべき点を考えて見ましょう。

まず設置場所をどこにするかです。出来るだけ道路の左右の見通しの良い場所にしましょう。特に道路に向って右側には、車に乗った目線で障害物や植樹の無いようにしましょう。取付工事は支柱の埋め込みをしっかり行い、支柱の足元には雨水などの溜まらないように、モルタルで囲い勾配を付けてやりましょう。

次に最近大型の台風が良く発生したり、低気圧の影響で強風の吹くことがあります。この風対策として耐風補立てを付ける様にしましょう。風の強い時だけ付ける様に出来るので、通常の使用には問題ないので付けておくと安心でしょう。

  

カーポート取付・修理で費用を抑えるポイント

カーポート取付・修理の費用を抑える最大のポイントは、必要以上の工事を行わないということです。カーポートの扉などはあれば便利ですが、絶対に必要なものではありません。

まずはカーポートのための予算を決めて、その範囲内でできることだけを行うようにしましょう。門は後から設置できるような設計にしてもらえば、無駄な出費をしなくても済みます。

できるだけ安いカーポートを選ぶというのも費用を抑えるためのポイントになります。カーポートは各社から販売され、様々なグレードのカーポートが用意されています。

10万円台で施工可能なカーポートもあれば50万円以上するようなカーポートもありますので、費用を抑えたい場合はできるだけ安価なカーポートで施工してもらいましょう。ただし、安すぎるカーポートは強度やデザインなどが劣ることもありますので、どこかで妥協が必要になります。

あまり妥協をしたくないという場合は施工業者選びを慎重に行いましょう。業者によってはカーポートを安く入手できる業者もいますので、同じカーポートでも取付にかかる費用に差が出ます。腕の良し悪しもありますので、できるだけ複数の業者に見積り依頼をして、その中から最適な提案をしてくれた業者を選ぶようにしましょう。

カーポート取付・修理とは

カーポート取付・修理は既存の駐車場にカーポートと呼ばれる簡易屋根を取り付けるリフォームになります。カーポートそのものは多くのメーカーから発売されていますので、業者は現場を測定して、最適なカーポートを選定して設置することになります。

カーポートはどんなものでも同じというわけではなく、しっかりとした強度計算を行なって選定し、強度の高い基礎づくりが求められる高い技術の必要なリフォームになります。

また、依頼した業者に解体するしかないと言われることもあるかもしれません。カーポートの解体についてはこちらの記事で掲載されていますので、参考までにご覧ください。

カーポート取付・修理の種類とメリット

カーポートは屋根材の種類と、支持方法によって分類することができます。ここではそれぞれの特徴とメリットについて紹介します。

支持方法による分類
カーポートは駐車のし易い片側支持タイプのものと、安定性のある両側支持タイプのものにわけられます。2台以上設置するようなケースでは両側支持のカーポートになり、また高級感のあるのも両側支持のカーポートに多く見られます。最近では自然災害によってカーポートが壊れるということが増えてきたため、強度の高い両側支持のカーポートが注目されています。

屋根材による分類
カーポートの屋根は金属と樹脂に分けることができます。一般的な透明の材料で作られている屋根はポリカボネート製で、耐衝撃性、防火性の高い屋根材になっています。最新のポリカボネート屋根は熱線吸収機能を持つものもあり、真夏でも車内の温度上昇を防いでくれるため、すぐに運転することが可能になる屋根材などがあります。

積雪の多い地域や強風がよく吹く地域では、スチール製の屋根を使うことが多くなります。ポリカボネートがいくら強いとはいえ、金属の強度には敵いません。また熱を通さないため、カーポートの下にある車の温度上昇を防ぐことができるのもスチール製屋根の特徴になります。

この他にもFRPでつくられた屋根材も耐候性があり人気があります。FRPの屋根材は表面をエンボス状にすることで、太陽の光を拡散するという効果もあります。

カーポート取付・修理を選ぶポイントと注意点

カーポート取付で注意したいのは、自然災害に対する準備です。九州などは台風に備えた強度、雪国では積雪に備えた強度を考えていますが、例えば**東京のカーポートは1m近い積雪や、風速40mの風雨までは考慮されていないケースがほとんどです。

特に安いカーポートは自然災害に対して非常に弱く作られています。**カーポートを選ぶときは自然災害も想定してワンランク上の強度のものを選びましょう。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

カーポート取付、修理のお役立ちコラム

Q.カーポートを取付(修理)する際に考えておくべきこと

カーポートの高さは車にあわせて考えるべきですが、将来、車高のある車を購入する予定であれば、高めのものにした方がよいでしょう。

また、片流れのものにするか、両側を柱でしっかり支えるものにするかも考える必要があります。片流れの方が安いですが、両側を柱で支えるものの方が安定感はありますので、その場所の風の強さなどの気候条件とあわせて考えるようにしましょう。

その他、サイドにもパネルをつけるかどうかをしっかりと考えておく必要があります。横からの風が強かったり、隣の敷地が土むき出しのままであったりする場合は、サイドにもパネルを取り付けた方が汚れを防ぐことが出来ます。