2018年5月22日

カーペット張替えの費用相場とポイント

カーペット張替えの金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、カーペット張替えのリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」で電気工事しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

カーペット張替えの費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした カーペット張替え を行う場合の概算費用です。

玄関・廊下のカーペット張替え
3.5〜4.5万円
居室のカーペット張替え
4.5〜5.5万円
階段のカーペット張替え
5〜7万円

カーペット張替えのポイント


カーペット張替えにかかる費用は、依頼する内容や張り替える面積によって大きく異なります。そして新規でカーペットを張る場合は、部屋の周りに取付けるグリッパーや下地材であるフェルトなど(フェルトグリッパー工法の場合)の費用が必要になるため、既存のカーペットを新しく張り替える場合に比べると若干費用が高くなります。

カーペットは住宅などの床材の一つですが、フローリングや畳などに比べるとクッション性や防音性、暖かさなどの快適性に優れています。また様々な素材や毛先の種類、デザインなどが豊富に揃っているので、部屋の使用用途や雰囲気に合わせて選ぶことができることも大きなメリットになります。豊富なデザインからお住まいの部屋に合ったカーペットを選びましょう。

  

カーペット張り替えで費用をおさえるポイント

カーペットの張り替えは、張り替えるカーペットの種類や張り替える部屋の面積などによって費用に違いが出てきます。そして新規でカーペットを張る場合は、部屋の周りに取付けるグリッパーや下地材であるフェルトなど(フェルトグリッパー工法の場合)の費用が必要になるため、既存のカーペットを新しく張り替える場合に比べると若干費用が高くなります。

ただし張り替えの場合でも、フェルトグリッパー工法であればフェルトの状態によってはカーペットと一緒に張り替えが必要になることもあります。

またカーペットを張り替える工法によっても費用が異なってきます。カーペットの張り替えには「フェルトグリッパー工法」と「接着工法」の2つの工法があります。さらに接着工法は「直貼り工法」と「モノボンド工法」という工法に分かれます。

これらの工法の中で最も費用をおさえることができるのは、直貼り工法になります。この工法はカーペットを床に直接貼り付けるので下地材が必要ない分、施工費用が安くなります。

その他の費用をおさえるポイントは、部屋の一部分などに特殊な形でカーペットを張りたいという場合にもオーダーカーペットになり施工費用が高くなってしまうので、費用をおさえたい場合はなるべく部屋全体に張り替えるようにすると良いでしょう。

カーペット張り替えとは?

カーペットを張り替えるタイミングは、既存のカーペットが経年劣化により汚れや繊維のほつれ、色あせなどが目立ち始めた場合、家具を置いていた場所がへこんで見た目が気になるといったときでしょう。また畳をカーペットに張り替えたい場合など、部屋の雰囲気を変えたいときにも張り替えの検討をしてみると良いでしょう。

張り替えには、フェルトグリッパー工法・接着工法(直貼り・モノボンド)の2つの工法があります。

カーペット張り替えの種類とメリット

カーペットは住宅などの床材の一つですが、フローリングや畳などに比べるとクッション性や防音性、暖かさなどの快適性に優れています。また様々な素材や毛先の種類、デザインなどが豊富に揃っているので、部屋の使用用途や雰囲気に合わせて選ぶことができることも大きなメリットになります。

その他にも防ダニ機能、消臭機能があるものなど健康面や衛生面でも配慮され、安心して使用することができます。そしてカーペットの張り替えは、部屋の雰囲気を変えたいというときにも取り入れてみると良いでしょう。

カーペットの張り替え工法には「フェルトグリッパー工法」、「直貼り工法」、「モノボンド工法」がありますが、それぞれの工法ではメリットなども異なります。フェルトグリッパー工法は、カーペットの下にフェルトを敷き込むので転んだ時の衝撃も少なく、断熱性や防音性に優れています。

また直貼り工法はカーペットに接着剤をつけて直接床面に張り込んでいく工法で、表面がフラットに仕上がり摩擦抵抗が減るので耐久性が高まります。施工後はしわやたるみが発生することが少なくなるというメリットがあります。

そしてモノボンド工法は、モノスラブ(天然ゴム片面ガラス繊維パッキン)と言われる下地をカーペットの下に敷き、モノボンド接着剤で固定する工法です。直貼り工法と同様に表面がフラットに仕上がり摩擦抵抗が減るので耐久性が高まります。施工後はしわやたるみが発生することが少なくなります。

カーペット張り替えを選ぶポイントと注意点

カーペットを張り替える部屋が広い場合には必ずカーペットをつなぎ合わせることになりますが、つなぎ目はなるべく人が歩くことが少ない場所にしておきましょう。歩行が多い場所に継ぎ目があると継ぎ目からカーペットがほつれてしまう可能性があるからです。

その他の注意点としてフェルトグリッパー工法は、水分を含むとカーペットにしわができ易くなるので水をこぼさないようにする等注意が必要です。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります