2018年5月18日

TV・有線放送設備工事の費用相場とポイント

TV・有線放送設備工事の金額・費用・価格・相場の目安をご紹介しています。豊富な施工事例と価格相場を参考に、リフォマなら、店舗・オフィスその他のリフォーム・修繕に対応できる、施工事例豊富な地域工務店を簡単に探して見積を依頼できます。「地域最安値」でTV・有線放送設備工事しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る

評判の良い会社をご紹介します

かんたん・無料でお見積もり!

建物
都道府県
市区町村
無料見積もりを
スタート

TV・有線放送設備工事の費用相場

リフォマに寄せられた事例や独自の調査をもとにした TV・有線放送設備工事 を行う場合の概算費用です。

地デジ アンテナ工事
2〜2.5万円
地デジ デザインアンテナ工事
2.3〜2.8万円
BS/110度CS アンテナ工事
1.5〜2万円
特別高所作業費
3〜5万円

TV・有線放送設備工事の費用は、使用する部材や施工方法、ご希望されるTV・有線放送設備工事の内容、及び現状の設備状況などの諸条件によって変わります。

TV・有線放送設備工事のポイント

TV・有線放送設備工事

テレビの世界は、日々進歩し続けています。民法の無料の放送だけではなく、有料チャンネルで、非常に興味をそそるような番組が多数放送されています。しかし、有料チャンネルの番組を視聴するためには、放送を受信するためのアンテナ工事をする必要があります。それは、非常に面倒なイメージがありますが、実は意外と簡単に終了します。有料放送用のTVチューナーを接続して、それを屋外に設置したアンテナにつなぐだけです。これだけで、有料チャンネルを楽しむことができます。

しかし、ここで注意してほしいのは、有線放送設備工事という名目の元、強引に工事を押し付けようとしてくる悪質な業者もたまにいる、ということです。そのような悪質な業者に当たってしまったら、しっかりと拒絶の意思を示す必要があります。

  

TV・有線放送設備工事で費用をおさえるポイント

TVや有線放送設備工事の費用は、使用する部材や施工方法、希望するTV・有線放送設備工事の内容、及び現状の設備状況などにより異なってきます。まずTVを見る為には、アンテナの取付けやケーブルテレビ、光回線(NTT光など)の契約が必要になります。アンテナを取付ける場合、地デジ放送では「UHFアンテナ」を取付けることになりますが、このUHFアンテナは壁面や屋根の軒先に取付けるタイプのものと屋根の上に取付けるタイプのものがあり、価格もそれぞれ異なります。壁面や屋根の軒先に取付けるアンテナに比べると屋根の上に取付けるアンテナの方がやや価格が高くなっています。

また電波を強くする必要がある場合はブースターを取付ける必要がありその分費用がかかります。そしてケーブルTVや光回線を導入する場合にも、引込回線工事や専用の設置機器が必要になる他、ケーブルテレビや光回線の場合は、工事後も毎月の契約料などが発生します。

有線放送については、チューナーや関連機器などの取付けが必要になる他、スピーカーなどを取付けると別途費用が必要になります。費用を最小限におさえるためには、必要な機器だけを取付けると良いでしょう。TVアンテナなどの取り付け工事にかかる費用は業者によって様々なので複数の業者から見積を取って比較検討をすると良いでしょう。

TV・有線放送設備工事とは?

TVはもちろんですが、有線放送の番組を視聴するためには放送を受信するためのアンテナ工事をする必要があります。TVや有線放送設備工事とは、アンテナの設置や配線を行う工事です。有線放送工事は、有料放送用のTVチューナーを接続してそれを屋外に設置したアンテナにつなぐだけなので、作業は意外と簡単に行うことができます。

しかし、配線作業などは素人ではできないので、業者に依頼をするようにしましょう。

TV・有線放送設備工事の種類とメリット

TVを見る為にはテレビアンテナを取付けたりケーブルテレビや光回線の契約をしますが、それぞれの方法ではメリットも異なるので各ご家庭にあったものを選ぶと良いでしょう。アンテナを取付ける場合ですが、専門業者以外にも大型家電量販店などにも依頼することができます。そして何らかのトラブルが発生した場合にも対応してもらえるので安心です。

また取付後は、ケーブルテレビや光回線のように月額使用料なども発生しないので長い目で見るとメリットは大きいと言えるでしょう。ケーブルテレビや光回線の場合のメリットは、アンテナを取付ける事なくテレビを見ることができるということです。アンテナがあると台風でアンテナが倒れてしまうというような心配がないので安心ですし、アンテナのメンテナンスも不要です。

特に戸建て住宅の場合には外観がすっきりとした印象になる他、室内回線などの接続も簡単になっているので、テレビ周りもすっきりとさせておくことができます。また有線放送設備を取付ける場合は、ケーブルテレビ同様に様々な番組を楽しむことができるということがメリットになります。音楽番組ひとつとってみても様々なジャンルの音楽を聴くことができるので、自分の好きな音楽を楽しむことができます。

個人のお宅で趣味を楽しむはもちろんですが、オフィスやカフェ、美容室などお店に合ったジャンルの番組を契約できるということもうれしいポイントではないでしょうか。

TV・有線放送設備工事を選ぶポイントと注意点

有線放送の設備工事では、工事を依頼する前にその放送に対応している地域かどうかの判断が必要になります。そして特に寒冷地の場合は、屋根からの落雪で配線が破損しないような場所に設置することが重要です。

また家屋内に配線を引き込む場合には、状況によっては壁に穴をあけて施工することがあります。この場合は、雨漏りなどを発生させてしまう可能性もあるので十分な防水対策が必要になります。

いかがでしたでしょうか。なるべく費用を抑えてリフォームをしたい場合は、複数の工務店に見積りを出してもらってしっかり比べてみることです。しかし、自力で信頼できる工務店を探したり、複数の業者とやりとりするのは手間がかかりとても大変ですよね。リフォマなら、全国1,000社の工務店が加盟していますので、あなたの「困った!」を解消してくれる工務店を効率よく探せます。

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記のボタンから気軽にご相談ください!

無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せることができますので、まずは下記から登録いただけるとお問い合わせいただけます。

お気軽にご相談ください

品 質

リフォマ独自の審査で業者を厳選

最 安

複数会社からの見積りで納得の価格

安 心

万が一のトラブルでも「リフォマあんしん保証」があるから安心

20万円を超えるリフォーム・修理が対象となります

TV・有線放送設備工事のお役立ちコラム

Q.TVの有線放送設備工事をするのに必要なことって?

有線放送の場合では、工事を依頼する前には、対応している地域かどうかを判断することが必要になります。
適用範囲内であれば電柱から配線を住宅内に引き込むことになりますが、特に寒冷地の場合では、屋根からの落雪の位置を予め知っておくことが必要とされていて、落雪によって配線が破損してしまうことが無いように場所を設定することが必要になります。

また、家屋内に引き込む作業を行う場合では、施設によっては壁に穴を開け加工を施すことが必要なこともあります。この方法では、雨漏りなどを発生させてしまう可能性もあるので、十分に防水対策を施した上で設置を行うことが必要です。