Q

外壁の塗り替えに適した季節は有りますか?

現在自宅が外壁塗装の必要な状態になっており、外壁塗装をするか検討しています。そこでお伺いしたいのですが、外壁塗装に適した一年の中で時期、季節はあるのでしょうか?

2017-02-03
E.T

専門家からの回答

株式会社キュウテックセンター
株式会社キュウテックセンター
福岡県大野城市

質問は、外壁塗装はどの季節、時期に行うのが良いのかと言うことですが、外壁塗装に一番適している時期は明確には存在しません。外壁塗装はそれぞれの地域の風土に影響を受けるものだからです。しかし、外壁塗装に適さない時期は明確に存在いたしますので、お答えいたします。

外壁塗装に適さない時期は、梅雨、台風時期、冬と言われております。
この理由を梅雨・台風時期と冬と分けてそれぞれ説明していきます。
まず、梅雨・台風時期の理由から説明していきます。
大きな理由としては、湿度が高く、降雨量が多いことです。

湿度は、外壁塗装にとって大敵です。
なぜなら外壁塗装の塗料は、湿度が高いと塗装しても十分な効果を発揮しないからです。外壁塗装のメーカーも塗料の注意事項に 湿度85%以上での塗装は避けることと記載しており、発表も行っています。

降雨があることも外壁塗装には大きな影響があります。
作業後降雨してしまった場合、外壁塗装の塗料が乾くのにかかる時間は乾きの早い塗料では1時間半、溶剤と呼ばれる塗料では、4~5時間程度で乾きます。この乾燥させている間に雨が降ってしまうと、塗料が流れ落ちてしまい、最悪塗り直しという事態になりかねません。
また、作業中の降雨の場合、塗る前の外壁が湿った状態になっていしまいます。そのように外壁が濡れたまま作業をすると、下地が乾燥していない状態で外壁の塗装を行うことになり、後々に早期劣化につながってしまうことがあります。
また、塗料に雨水が入り、塗面がまだらになって汚い印象になってしまいます。さらに、足場の上での作業は慎重を期して行われますが、雨にぬれた足場は非常に滑りやすく、転落事故が起こりかねません。

そういった事態を未然に防ぐために、外壁塗装を行う業者は、雨が降り始めたら、もしくは雨が降りそうであれば作業を中止する、外壁塗装の予定日が雨の予報となっていると、作業を延期します。
しかし、作業工程が延期した分、それだけ作業期間も伸びていくので外壁塗装を依頼した方への負担は増えていきます。ですので、雨の多く降る時期、降雨を予測しづらい時期である梅雨時期、台風時期は避けるべきです。

次に冬が外壁塗装に適さない理由ですが、塗料の性質に要因があります。
外壁塗装のメーカーは塗料の注意事項に湿度85%以上のほかに、5℃以下での塗装は避けることとしています。これは低温状況下であると乾燥が極度に遅くなり、つやが出なくなってしまうことや、水性塗料の場合、塗膜が造られにくくなってしまうからと言われています。

2017-02-08